解決済み:WindowsでApple Mobile Device USB Driverが見つからない

iPhoneをWindows 11/10に接続すると、Windowsのデバイスマネージャーから「Apple Mobile Device USB Driver」が見つからないですか?この記事では、Apple Mobile Device USB Driverがデバイスマネージャーに表示されない理由と解決策をご紹介しましょう。

ゆき

By ゆき / 更新日 2024年06月07日

共有: instagram reddit

WindowsでApple Mobile Device USB Driverが見つからない!?

 

ケーブルでスマホをPCにつなぐと「ピコピコ」っというつないだ時特有の音は鳴ります。そしてスマホの画面には「このコンピュータを信頼する/しない」のアラートが出るので、まったく認識されていないわけではなさそうです。

ですが、iTunesにもPCのドライブにも表示されないのです。そしてデバイスマネージャーをよく見ると、ドライバ…「Apple Mobile Device USB Driver」がありませんでした。これがないとiPhoneは正常に認識されません。さてどうしたらいいか?

--ユーザーからの質問

「Apple Mobile Device USB Driver」(アップルモバイルデバイスUSBドライバ)は、WindowsパソコンがUSB経由でパソコンに接続されているiOSデバイスを検出し、交互に使用するためのドライバーです。このドライバの保存場所は、「C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Devices\Support\Drivers」にあります。

パソコンに「Apple Mobile Device USB Driver」がないと、iPhoneをパソコンに接続しても認識しません(その場合、iPhoneから写真、音楽、またはビデオをインポートできません)。即ち、iPhoneをパソコンが認識させる準備として、Windows PCに「Apple Mobile Device USB Driver」をインストールしなければならないです。

通常なら、iTunesをインストールした際に自動で「Apple Mobile Device USB Driver」がインストールされます。だから、はじめてiPhoneとパソコンを接続する前に、Appleの公式サイト内にあるiTunesのページにアクセスしてWindows用のiTunesを安全にダウンロード・インストールした方がいいです。古いドライバが新しいiOSデバイスで使用できないので、Apple Mobile Device USB Driverを更新するか再インストールする必要がある場合があります。

✿豆知識:iTunesについて

近年のスマートフォン普及に大きく貢献しているのがiPhoneで、そのiPhoneとパソコンをつなげるソフトがiTunes(アイチューンズ)です。現在のiPhoneは、iTunesなしにさまざまな操作や設定ができるようになっています。そのため、iPhoneユーザーでもiTunesを上手く使っている人があまりいないのが現状です。

しかしながらiTunesは、アップルらしいシンプルな作りとビジュアル重視のデザインのおかげで、見ているだけでも楽しいものになっています。見た目だけでなく、純粋な音楽プレーヤーとしても十分な機能を持っており、現在では音楽以外にも映画、ポッドキャスト、オーディオブックを購入したり、パソコン内にある音楽や映像ファイルをiOS機器と同期するなど、さまざまなことができるようになっています。

しかし、Apple Mobile Device USB Driverをインストールしても、パソコンでiPhoneなどのデバイスがiTunesに認識されない場合があります。なぜでしょうか?この記事では、Apple Mobile Device USB Driverが見つからない原因と対処法について説明します。

なぜ、Apple Mobile Device USB Driverが見つからない?

Apple Mobile Device USB Driverが見つからない理由はいくつか考えられます。

ソフトウェアの未インストールまたは不完全なインストール:Apple Mobile Device USB Driverは、Appleのソフトウェア(iTunesなど)の一部としてインストールされます。iTunesや関連するソフトウェアが正しくインストールされていない場合、ドライバがシステムに存在しない可能性があります。
USB接続の問題:USBポートやケーブルに問題があると、デバイスが認識されず、結果としてドライバも見つからない場合があります。
ドライバの無効化:デバイスマネージャーでApple Mobile Device USB Driverが無効化されている場合、ドライバが見つからないように見えることがあります。
アンチウイルスやセキュリティソフトウェアの干渉:一部のアンチウイルスソフトウェアやセキュリティプログラムがApple Mobile Device USB Driverのインストールをブロックすることがあります。
システムの破損またはレジストリの問題:システムファイルやレジストリに問題があると、ドライバが正しく検出されないことがあります。システムの破損やレジストリのエラーが原因でドライバが見つからないこともあります。

これらの理由から、Apple Mobile Device USB Driverが見つからない場合があります。

Apple Mobile Device USB Driverが見つからない時の対処法

通常、iPhoneまたはiPadをコンピュータに接続すると、新しいアップルモバイルデバイスUSBドライバがコンピュータにダウンロード・インストールされ、自動的に認識されているはずです。そうでない場合は、デバイスのプラグを抜いて、もう一度差し込んでみてください。これはほとんどの場合に機能します。それでも問題が解決しない場合は、以下の解決策を試してください。

対処法❶:パソコンを再起動

コンピュータを再起動すると、ほとんどのコンピュータの問題が解決されます。

対処法❷:接続状態を確認

iPhoneが正しく接続されていないか確認するために、3つのことをチェックする必要があります。

✔「USB接続ケーブル」の故障で接続不良を起こしているか確認してください。MFi認証USBケーブルを使用して、iPhoneとコンピュータの間でデータを転送してみます。データを正常に移行したら、USBケーブル側に問題がありません。

✔「USBポート」(差し込み口)がゆるんでいないか壊れていないか確認してください。

✔電力供給が不安定なので、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続する時にUSBハブを使わないでください。

対処法❸:iTunesを再インストール

上述のように、Apple Mobile Device USB DriverはiTunesに包括されているもので、iTunesをインストールすると一緒に入ってくるものです。そのため、WindowsのデバイスマネージャーでApple Mobile Device USB Driverが見つからないなら、まず、iTunesをアンインストールしてから、管理者権限で再インストールしてみます。

iTunes

✎ヒント:iTunesライブラリを独自にカスタマイズした場合、iTunesをアンインストールする前にiTunesライブラリをバックアップする必要があります。

対処法❹:AMDSを再起動

上の対処法は全く効果がないなら、次に、タスクマネージャーからサービスを開き、「Apple Mobile Device Service」を一度停止してから、開始(再起動)してみます。

手順 1. 「iTunes」が起動している場合は終了させてください。また、「iPhone」とパソコンの接続を切断してください。

手順 2. 「Windows」キー+「R」キーを押して、「services.msc」と入力し、「Enter」をキーを押して、サービスを開きます。

手順 3. Apple Mobile Device Serviceを見つけて、右クリックでプロパティを開き、「スタートアップの種類」を「自動」に設定した後、「停止」をクリックします。

Apple Mobile Device Service

停止

手順 4. サービスを「停止」した後、「開始」をクリックします。そして、PCを再起動しましょう。

対処法❺:ドライバをインストール

手順 1. 「iPhone」をパソコンに接続し、「Windows 11/10」の場合は、画面左下の「スタートボタン」を右クリックし、「デバイスマネージャー」をクリックして開きます。

手順 2. 一覧から「ポータブルデバイス」の左側にある「右矢印」アイコンをクリックし、「ポータブルデバイス」の中の「Apple iPhone」を右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」をクリックします。

ドライバーソフトウェアの更新

手順 3. 次に「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」をクリックします。

コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します

手順 4. 「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」に、以下のパスを入力するか、「参照」ボタンを押し、「ドライバーソフトウェア」の場所を指定します。そして「次へ」をクリックします。

次の場所でドライバーソフトウェアを検索します

★「64bit版 Windows」の場合:
C:¥Program Files¥Common Files¥Apple¥Mobile Device Support¥Drivers
★「32bit版 Windows」の場合:
C:¥Program Files (x86)¥Common Files¥Apple¥Mobile Device Support¥Drivers
「64bit」か「32bit」がわからない場合は、まず「64bit」の場所を探し、なければ「32bit」の場所を指定してください。

手順 5. 「ドライバーソフトウェア」がインストールされ、「ドライバーソフトウェアが正常に更新されました」と表示されます。

完了

「デバイスマネージャー」の画面で、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」の中に「Apple Mobile Device USB Driver」が表示され、「ポータブルデバイス」からは「Apple iPhone」が無くなっていれば正常に完了です。

成功

「iTunes」を起動し、「iPhone」が認識していれば成功です。

☞ドライバーの更新がうまくいかない:Apple Mobile Device USB Driverの更新をしてもうまくいかないケースもあります。その場合、「Apple iPhone」のデバイスを削除します。続いていったんiPhoneをパソコンから抜いた状態で、Windowsの再起動を行います。そして再度iPhoneをパソコンに接続すると認識することもありますから、試してみましょう。デバイス削除といわれると、iPhoneのデータが失われるのではないかと心配する人もいるかもしれません。しかしそのようなことはないので、安心してください。

おまけ:別の方法でiPhoneデータ管理を簡単に行う

► iTunesを使用して、古いiPhoneのデータをiTunes(PC)にバックアップしたり、新しいiPhoneでiTunesバックアップからデータを復元することができますが、WindowsでApple Mobile Device USB Driverが見つからないなら、お手持ちの「iPhone」や「iPod」、「iPad」が「iTunes」にも認識しません。そういう場合、iTunesはiOS機器を管理できません

► また、iTunesでバックアップからiPhoneのデータを復元する時、以下の制限があります

① iTunesでバックアップしたデータを見る事は出来ない(つまり、iTunesバックアップの中身をプレビューし、必要なデータがあるかを確認することができない)
② すべてのデータではなく、iPhoneのデータの一部だけを復元することができない
③ iPhoneをiTunesバックアップから復元する時、時間がかかる

► さらに、iTunesを介してパソコンにある写真やビデオをiPhoneへ転送できますが、iCloud写真がオンになっているときは、iTunesから同期した写真やビデオはiPhoneからアルバムごと削除されます。そのため、iPhoneデータ管理にiTunesを使うと、いくつかの問題が発生するかもしれません。

ここでは、優れたiPhoneデータバックアップツールFoneToolを強くお勧めします。iPhoneバックアップを作成、iPhoneバックアップからデータを復元、iPhoneとコンピュータ間でデータを転送する時に、すべての項目を選択することができます。

次は、選択したデータをiPhoneからPCにバックアップする方法を例として、FoneToolの使い方をご紹介しましょう。

手順 1. FoneToolを無料でダウンロードし、iPhoneをUSBケーブルでコンピュータと接続します。

無料ダウンロードWin 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. メイン画面で「データバックアップ」>「個別バックアップ」を選択します。

カスタムバックアップ

手順 3. データのアイコンをクリックして、特定の項目を見ることができます。

項目を見る

手順 4. バックアップしたい項目・アイテムを選択して、「確認」をクリックします。

項目を選択

手順 5. 「バックアップストレージパス」を変更できます。そして「バックアップ開始」をクリックして、iPhoneデータをPCに保存します。

バックアップ開始

数回のクリックだけで完了できます!かなり便利でしょう!パソコン初心者でも簡単に操作できます!

Apple Mobile Device USB Driverに関するよくある質問

質問❶Apple Mobile Device USB Deviceを更新するには?

デバイスマネージャでのドライバ更新

  • デバイスマネージャを開きます。
  • スタートメニューを右クリックし、「デバイスマネージャ」を選択します。
  • 「ポータブルデバイス」または「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」カテゴリを展開します。
  • 「Apple Mobile Device USB Device」を右クリックし、「ドライバーの更新」を選択します。
  • 「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索」を選択してドライバーを更新します。

手動でドライバを再インストール

  • デバイスマネージャで「Apple Mobile Device USB Device」を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  • iPhoneをパソコンから取り外し、再び接続します。Windowsが自動的にドライバを再インストールします。

質問❷Apple Mobile Device Supportは必要ですか?

はい、Apple Mobile Device Supportは必要です。これは、iTunesやAppleの他のソフトウェアを使用してiPhone、iPad、iPodなどのAppleデバイスをPCに接続し、データの同期、バックアップ、復元などを行うために必要なコンポーネントです。

まとめ

iTunesはiPhoneデータの管理に役立ちますが、WindowsでApple Mobile Device USB Driverが見つからないなら、iPhoneがiTunesにも認識しません。この記事では、Apple Mobile Device USB Driverがデバイスマネージャーに表示されない時の対処法を5つ紹介しました。iTunesがうまく機能しない場合、強力なFoneToolを試してiPhoneデータを管理することができます。

もし、この記事が役に立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。