超簡単!同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れる方法

iTunesは、さまざまなデバイス間でメディアファイルを管理および同期するのに役立ちます。ただし、iTunesの音楽を直接追加すると、iPhone上の以前のデータが同期され、削除されます。この投稿では、同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れる方法について説明します。

Asher

By Asher / 更新日 2024年07月15日

共有: instagram reddit

同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れることができる?

iTunesは、異なるAppleデバイス間でメディアファイルを管理するための使いやすいツールです。特に新しいiPhoneを使用している場合は、iTunesでプレイリストを作成したり、iPhoneにプレイリストを追加したりできます。AppleはiTunes for Windowsを提供しています。これにより、iTunesに音楽を追加したり、Windows PC上のiPhone、iPad、iPodに音楽を同期したりできます。

iTunesの音楽をiPhoneに追加

iTunesからiPhoneに同期すると音楽が消える?
iOSのアップデートバグにより、iPhoneから音楽が消えてしまう可能性があります。
iTunes同期すると、iPhoneから音楽が消えてしまうこともあります。例えば、iTunesミュージック同期を使用する場合、iPhoneはiTunesライブラリと同じになります。そのため、ライブラリ/コンピューターのiPhoneに曲がない場合、同期が完了すると音楽は消えます。そのほか、iTunes同期を使用するときに、デバイスが別のiTunesに接続されている場合、iPhoneのすべての曲はそのiTunesのライブラリに一致されるようになり、同期が完了すると音楽も消えます。

また、コンピューターとiPhoneの間でiTunesの音楽プレイリストを転送(同期)するには、数分かかります。既存の音楽、ビデオ、本が削除される可能性がありますが、iTunesの音楽を個別に管理したい場合は柔軟性がありません。実は、同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れるには、iTunes同期を無効にするか、サードパーティ製の転送ツールを利用することができます。

同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れる方法

iTunesの同期機能を無効にして転送するには、iTunesの「音楽とビデオを手動で管理」オプションをオンにすることができます。或いは、簡単に音楽をパソコンからiPhoneに転送できるiTunesの代替ソフトFoneToolを使用することができます。

同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れるには、この2つの方法を使用する比較もあります:

方法 使いやすさ スピード 長所 短所
iTunes 中程度 中程度 音楽とビデオの転送が可能 手動管理が必要
時間がかかる
FoneTool 高い 速い 簡単で直感的なインターフェース
音楽、動画、写真、連絡先などを転送可能
iPhone/iPad/iPodと
Windowsをサポート

方法1:iTunes同期機能を無効にして音楽を転送する

まず、iPhoneをコンピューターに接続し、コンピューターで検出されていることを確認します。次に、以下の手順に従います。

ステップ 1. iTunes for Windowsをダウンロードしてインストールし、起動します。

ステップ 2. iTunesで、インターフェイスの上部にあるiPhoneのマークをクリックしたら「概要」を選択します。

iPhoneのマークをクリック

ステップ 3. 「概要」のオプションの「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れ、自動同期を無効にします。次に、「適用」をクリックして変更を保存します。

iTunes同期機能を無効にする

ステップ 4. 次に、iTunesの上部にある「音楽」を選択し、「ライブラリ」セクションの「曲」をクリックし、iTunesのライブラリーからiPhoneに追加したい曲を右クリック して、「 デバイスに追 加」>「デバイスの名」を選択します。そうすると、iTunesからiPhoneに同期しないで音楽を入れることができます。

iTunesからiPhoneに同期しないで音楽を入れる

方法2:同期せずにWindowsでパソコンからiPhoneに音楽を直接入れる方法

iTunesソフトウェアに満足できない場合、またはiTunesがiPhoneを認識しない場合は、FoneToolと呼ばれるサードパーティのiOS転送ツールを使用することもできます。このツールを使用すると、既存の曲またはその他のデータを削除せずにコンピューターからiPhoneに音楽を転送できます。

enlightened選択的な転送をサポートします。移動したくない曲がある場合は、部分的なデータ転送を行うことができます。
enlightened最速の転送速度を提供します。iTunesなどのツールと比較して、FoneToolは最速の音楽転送ソフトです。たとえば、テストによると、1000曲を10分内で転送できます。
enlightened購入済みと未購入の曲を支持します。Apple Musicにない曲をiPhoneに入れたり、iTunesやパソコンのストレージにある他の音楽を転送したりすることができます。
enlightened 曲の上書きがありません。iPhoneの既存の曲を消さずに、パソコンの曲をiPhoneに追加できます。

この転送ツールを今すぐダウンロードし、以下の手順に従って、どのように機能するかを確認しましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. USBケーブルを介してiPhoneをPCに接続します。

ステップ 2. FoneToolをダウンロード、インストール、起動し「データ転送」>「PCからiPhone」をクリックします。

iPhoneに転送

ステップ 3. フォルダアイコンをクリックして、iPhoneに転送したい音楽を選択します(それらの音楽はiTunesでダウンロードする必要があるかもしれません)。

曲を選択

ステップ 4. 次に、「転送開始」ボタンをクリックすると、転送プロセスが開始されます。転送プロセスが完了するのを待ちます。iPhoneで音楽を聴くことができます。

転送

iTunesからiPhoneに曲が入らない時の原因と対策

iTunesからiPhoneに曲が入らない原因は、いくつか考えられます。

  • 同期設定の問題
  • iTunesとiPhoneのバージョンの不一致
  • iCloudミュージックライブラリの競合
  • iTunesのライブラリの問題
  • iTunesの不具合
  • iPhoneの不具合

iTunesからiphoneに曲が入らない時の対応方法

1. iTunesを再起動する

2. iTunesを最新バージョンにアップデート

3. 手動でiTunesからiPhoneに曲を入れる

4. 「iCloudミュージック」にチェックを外す

5. Macの場合:AirDropで曲をiPhoneに転送

6. iPhoneを再起動する

7. iPhoneの空き容量をチェック

8. iPhoneの曲を一度削除してから再び同期

9. iPhoneのロック解除

結論

以上は、同期せずにiTunesからiPhoneに曲を入れる方法でした。上記の方法はiTunesからiPad、iPod Touchに音楽を追加することにも適用できます。プロのiPhoneデータ管理ツールとして、FoneToolは最新のiOSをサポートし、同期せずにiPhoneに音楽をエクスポートするためのより良い、より簡単な方法を提供します。この方法は、特にiTunesにエラーコード4000が出るなどの問題がある場合は、iTunesからiPad、iPod Touchに音楽を追加する場合にも適用できます。この記事がお役に立てば幸いです。