AirDropができない!ずっと「待機中…」のままで進まない

AirDropはiOSデバイスの間でファイルを共有し、転送することができます。しかし、時々、ユーザーはAirDropが待機中になって転送できない問題に直面することがあります。この記事では、この問題の原因とハウツーを紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2023年09月01日
共有しよう:

AirDropができない!待機中のままで進まない

 

● iPhone11から、MacBookにデータをAirDropしたいです。しかし、iPhoneにはMacBook、MacBookにはiPhoneがお互いの画面に表示されるのですが待機中のまま一向にデータ共有できません。

● 今年に入って特定の人とAirDropで待機中のままで進まなくなってしまいました。写真を1枚だけでも送ることも出来ません。Wi-FiやBluetoothはオンでWi-Fi環境も同じで、AirDrop設定は連絡先のみにしてます。どうしたらできるようになりますか?iPhone XR(13.3.1)相手も同じです。

- Appleコミュニティからの質問

AirDropは、iOSユーザーが簡単にファイルを共有できるようにする、そんなアドホックサービスの1つです。AirDropのおかげで、ユーザーは写真、ビデオ、連絡先、音楽、その他のデータを素早く共有・転送することができます。

AirDropが待機中

しかし、これは完璧な機能ではなく、時々クラッシュすることがあり、例えば、iPhone/Mac/iPadでAirDropが待機中になって転送できない、iPhone/iPadでAirDropができないなどの問題があります。なぜエアドロップが待機中になって送れないのか、そしてこの問題を解決する方法はありますか?この記事を読んで、答えを見つけることができます。

なぜAirDropが待機中になって転送できないですか?

まず、iPhone/iPad/MacでAirDropが待機中と表示される理由をいくつか見てみましょう。

ソフトウエアの不具合:お使いのデバイスの不具合ソフトウェアエラーは、AirDropが正常に動作せず、待機中と表示されるようになります。
iOSのアップデート:最新バージョンにアップデートすると、AirDropと競合するバグが発生することがあります。一部のユーザーは、iOS 16/15にアップデートした後、AirDropが動作しないことを報告しています。
設定が間違っている:Wi-Fi/Bluetoothがオンになっていない、インターネット共有がオフになっていないなど、AirDropができない、待機中のままで進まない可能性があります。

AirDropが待機中になって転送できない時の修正法

さて、問題が解決されるまで、次の解決策を一つずつ試して読み続けてください。

修正法1:AirDropの制限をオンにする

AirDrop制限がオフになっていると、Airdropが待機中になって転送できないかもしれないので、それを有効にする必要があります。

「設定」アプリ>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」>「許可されたApp」を開き、AirDropのトグルをオンにしてください。

AirDropが待機中

修正法2:関連する設定を確認する

前述したように、いくつかの間違った設定は、AirDropが待機中のまま進まない原因になります。そのため、AirDropに関連するすべての設定を確認する必要があります。以下のヒントに従ってください。

ヒント1:BluetoothとWi-Fiを再有効化する

AirDropが正しく動作するには、Wi-Fi接続とBluetoothが必要です。MacとiPhone/iPadの両方で、BluetoothとWi-Fiの無効化と再有効化を試してみてください。数秒待ち、AirDropを再起動します。

注意:2つのデバイスが近くにあり、Wi-FiとBluetoothの範囲内(30フィート、できればもっと近く)にあることを確認してください。

ヒント2:3つのディスカバリー設定を確認する

AirDropには3つのレベルがある:「受信オフ」、「連絡先のみ」、「すべての人」です。iPhoneからMacにAirDropをしようとしても、待機中で止まってしまう場合は、macOSとiOSの両方で「すべての人」を選択することが推奨されます。

AirDrop

☛ 連絡先のみ:連絡先にいる人とだけファイルを送受信することができます。
☛ すべての人:すべての人と共有することができます。

ヒント3:インターネット共有をチェックしてオフにする

iPhone/iPadでインターネット共有が有効になっている場合、AirDropが待機中になることがあります。コントロールセンターからそれをオフにする必要があります。

ヒント4:おやすみモードを無効にする

MacやiPhoneのデバイスでおやすみモードが有効になっている場合、Airdropがうまく機能しない場合があります。そこで、おやすみモードをオフにする必要があります。

iPhoneやiPadの場合は、コントロールセンターでオフにします。

Macの場合は、右上の「通知」アイコンで、「おやすみモード」をオフにします。

おやすみモード

修正法3:ネットワークの動作をリセットする

Wi-Fi接続に問題がある場合、ネットワーク設定をリセットして、デバイスをエアドロップに接続することができます。「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」に進むだけです。

ネットワーク設定をリセット

修正法4:iCloudをログアウトし、再びログインする

iCloudにサインインして戻ると、アカウントをリフレッシュして、「AirDropが待機中」の原因となるアカウント関連のエラーを回避することができます。

ステップ 1. 「設定」を開く>「自分の名前」をクリック>「サインアウト」をタップします。

サインアウト

ステップ 2. Apple IDのパスワードを入力して確認し、「オフにする」をタップします。

ステップ 3. 「設定」に戻って、iCloudアカウントでサインインします。

修正法5:iPhoneを強制的に再起動する/デバイスを再始動する

デバイスがスタックして、iPhoneからMacへの転送がずっと「待機中…」のままで進まないを引き起こす可能性があるので、iPhoneまたはMacを再起動すればいいです。

iPhone 6以前の場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンをAppleロゴが表示されるまで押します。
iPhone 7およびPlusの場合:スリープ/スリープ解除ボタンとボリュームダウンボタンをAppleのロゴが表示されるまで押します。
iPhone 8/X以降の場合:音量アップと音量ダウンの両方のボタンを一緒に押し、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

iPhoneを強制的に再起動

Macの場合:画面左上のAppleメニューをクリックし、「再起動」オプションを選択します。

強制的に再起動

修正法6:システムをアップデートする

ソフトウェアのアップデートは時折、トラブルを引き起こすことがありますが、時にはそれらを解決することができます。macOSまたはiOSのバージョンを更新してみるとよいでしょう。

iOSの場合:「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で、新しいバージョンのiOSがあるかどうかを確認します。

ソフトウェア・アップデート

macOSの場合:「Appleアイコン」>「システム環境設定」または「このMacについて」>「ソフトウェア・アップデート」>「今すぐアップデート」をクリックします。

ソフトウェア・アップデート

おまけ:AirDropに代わるiOS間ファイル転送の方法

AirDropを使ってファイルを共有するには、多くの複雑な準備と手順が必要で、AirDropが期待通りにうまく動作せず、AirDropの待機問題が発生することがあることがわかります。特に、一度に大量のデータを転送する場合、AirDropは複数の写真、メッセージ、連絡先などのファイルをエアドロップするニーズを満たすことができません。ここでは、AirDropの最高の代替手段として、FoneToolをお勧めします。

★ FoneToolの特徴や利点:
安定で高速な転送:AirDropが待機中の表示とは異なり、FoneToolはUSB接続を介してiPhone/iPadとコンピュータの間でより高速にデータを転送することができます。
プレビューと選択:転送中に、特定の項目をプレビューして選択することができます。
データ損失なし:ファイルを一括で転送する時、元のデータを失うことはありません。
シンプルな操作インターフェース:数回クリックするだけで、転送プロセスを完了することができます。

では、以下のアイコンをクリックして、FoneToolをパソコンにダウンロードして、データを転送してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. FoneToolを起動して、iPhone/iPadをUSBでパソコンに接続し、「データ転送」をクリックして、「iPhoneからPC」に進みます。

iPhoneからPC

ステップ 2. プラスアイコンをクリックして、転送したいファイルを選択し、「確認」をクリックします。

ファイルを選択

ステップ 3. 「転送設定」でストレージパスを選択し、「転送開始」ボタンをクリックして開始します。

転送開始

まとめ

この記事が「AirDropが待機中になって転送できない」問題を解決するのに役立つことを願っています。もしそうでなければ、Appleサポートに助けを求めることができます。AirDropの待ち時間が長すぎる場合、または大きなファイルを共有する必要がある場合は、FoneToolを試してみることをよりお勧めします。FoneToolはデータを転送するだけでなく、iOSデバイスのファイルをよりよく管理するために、iPhone/iPadの完全バックアップを作成することができます。

このガイドはあなたを助けるならば、より多くの人々とそれを共有してください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>