1台のiPhoneで2つのApple IDを持つ方法

この記事は1台のiPhoneで2つのApple IDを持つ方法を紹介します。また、無料のiOSデータバックアップ・転送ツールも紹介され、写真、音楽、メッセージなどをもっと簡単に転送することができます。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月04日
共有しよう:

1台のiPhoneで2つのApple IDを持つことはできますか?

 

 

● 1台のiPhoneにAppleIDを2つ作る事ってできますか?AppleIDを新規作成をしてメールアドレスを入力しても"入力されたメールアドレスはすでにAppleIDとして使われています"って出ます。一つのメールアドレスで複数のAppleIDを作ることはできないですか?メールアドレスって複数作れるんですか?作れるのであれば作り方を教えてください。

● AppleIDを2つ持つことは可能ですか?また新しく作ったら、インストールしたアプリやメールはどうなりますか?

- Yahoo知恵袋からの質問

はい!1台のiPhoneで2つのApple IDを持つことができます。ただし、いくつかの制限があります。iCloud Drive、iCloud Photos、バックアップ、アプリ、音楽購入など、新しいiCloudアカウントでも古いiCloudアカウントでも、プライマリアカウントを選択する必要があります。そのほか、メール、カレンダー、メモ、連絡先など、メールアカウントと同じように使用する追加のiCloudアカウントを持つことができます。

1台のiPhoneで2つのApple IDを持つ

1台のiPhoneで2つのApple IDを持つ方法

ここでは、1台のiPhoneでアップルIDが2つある場合、iCloudアカウント間でデータを転送する方法について説明します。以下のステップに従ってください。

注:✎...
始める前に、追加アカウントはメール、連絡先、カレンダー、メモ、リマインダーの同期にのみ使用できることに注意する必要があります。ここでは、カレンダーを例にしています。しかし、すべてのデータを転送したい場合は、直接次のセクションにジャンプすることができます。

ステップ 1. 「設定」を開きます。下にスクロールし、「カレンダー」を見つけてタップします。「アカウント」をタップし、「アカウントを追加」をタップします。

アカウントを追加

ステップ 2. iCloudを選択し、追加するiCloudアカウントのアカウントとパスワードを入力します。iCloudアカウントがログインしているデバイスには6桁の認証コードが表示されるので、新しいiPhoneでそのコードを入力します。

ステップ 3. 2つ目のiCloudアカウントがiPhoneに追加されたことが確認できます。同じ手順を繰り返して、iPhoneに3つ目、4つ目、5つ目...のアカウントを追加することができます。

無料&プロのiCloud/iOSデータ管理ツール

もしiCloudデータを管理したり、iCloudデータを1つのアカウントから別のアカウントに移動したり、古いiPhoneから新しいiPhoneにメール、連絡先、カレンダー、メモ、リマインダー以外のデータを移行したい場合は、無料でありながらプロのiCloud/iOSデータ管理ツールであるFoneToolをご紹介します。

このツールを使用すると、iCloudデータを簡単に管理して同期し、さまざまな種類のデータを1台のiPhoneから別のiPhoneに移行することができます。

iCloudデータを管理し同期する方法

FoneToolの高速なアップロード/ダウンロード速度で、効率的に管理プロセスを完了できます。

  • FoneToolを起動>「私のiCloud」に移動>Apple IDでログインして続行します。
  • iCloudデータをアップロード、ダウンロード、または削除するには、「iCloud管理」を選択します。iCloudデータを1つのアカウントから別のアカウントに移動する場合は、「iCloud同期」を選択してタスクを完了します。

私のiCloud

FoneToolでiPhoneデータをワイヤレスで転送する方法

デバイスが両方ともインターネットに接続されている場合、写真、音楽、ビデオ、連絡先、またはファイルアプリに保存されているその他のファイルをiPhoneからiPhoneにワイヤレスで転送することができます。FoneToolのモバイルアプリがあれば、コンピュータやUSBケーブルは必要ありません。また、転送する写真を選択する前に、写真をプレビューすることができます。

ステップ 1. QRコードをスキャンするか、App Storeにアクセスして、FoneToolを入手します。

QRコード

ステップ 2. 両方のiPhoneでFoneToolを開きます。「Connect Device(デバイスを接続)」に進み、どちらかのiPhoneのアバターをタップして接続を確立します。

デバイスを接続

ステップ 3. 「File Transfer(ファイル転送)」に移動し、転送したいデータを選択し、「Send(送信)」をタップして開始します。

ファイル転送

注意:✎...
この方法では、メッセージを転送することはできません。メッセージを転送する必要がある場合は、次の方法を使用することができます。

ネットワークに接続していない状態でiPhoneデータ転送する方法

お使いの機器がネットワークに接続されておらず、前項で紹介した5種類以上のデータを転送する必要がある場合、Windowsパソコン上のFoneToolを利用してデータ転送を実現することもできます。FoneToolは次のようなメリットがあります。

選択的な転送プロセス:写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、また購入した音楽と未購入の音楽を同時に選択的に転送することができます。
高速な転送速度:100枚の写真を転送するのに3秒しかかかりません。
幅広い互換性:iPhoneのほかに、FoneToolは異なるタイプのiPadとiPodをサポートします。それはiOSの種類のバージョンと完全に互換性があります。
多機能:データの安全性を保護するために、コンピュータ上でiCloudなしでiOSデバイスをバックアップすることができ、同時に、iOSデバイスの間で自由にデータを転送することができます。

 

注:✎...
何もない新しいiPhoneに一度にデータを転送する必要がある場合、PC上のFoneToolはまた、直接iPhoneからiPhoneにデータを移行するための選択肢を提供します。

 

ステップ 1. FoneToolをWindows PCにダウンロードし、インストールします。USBケーブルで2台のiPhoneをパソコンに接続し、FoneToolを起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 「データバックアップ」>「個別バックアップ」を探し、「バックアップ開始」をクリックします。

個別バックアップ

ステップ 3. バックアップするデータを選択します。

データを選択

ステップ 4. 各アイコンをクリックしてプレビューし、項目を選択し、「確認」をクリックします。

項目を選択

ステップ 5. 「バックアップストレージパス」でバックアップ先を指定>「バックアップ開始」をクリックして、バックアップをコンピューターに保存します。

バックアップ先を指定

ステップ 6. ソースiPhoneを抜いて、もう一方のiPhoneを接続し、「バックアップ管理」に移動します。バックアップファイルの場所を確認し、復元を選択できます。

バックアップ管理

まとめ

この記事では、1台のiPhoneで2つのApple IDを持つ方法を紹介しました。ご覧の通り、新しいiPhoneにセカンダリiCloudアカウントを追加しても、セカンダリiCloudから新しいiPhoneに写真や音楽などの一部のデータを転送することはできません。したがって、iOSデバイスの間で自由にデータを転送するために、FoneToolを使用することを強くお勧めします。FoneToolは無料のiOSデータバックアップおよび転送ツールで、データ転送を簡単かつ高速で完了できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>