どこ?!iPhoneのAirDropファイルの保存場所

AirDropした写真やファイルの保存場所に悩んでいるなら、この記事を読んで、iPhoneでAirDropしたファイルの保存場所を見つける方法とAirDrop転送が失敗したときにiPhone転送に最適なAirDrop代替ソフトを取得できます。

Zoe by Zoe 更新日 2023年08月30日
共有しよう:

iPhoneでAirDropしたファイルの保存場所を見つけたい

 

iPhoneで撮った写真が多くて、ストレージがいっぱいになってしまいました。空きスペースを作るためにもう一つのiPhoneに写真を転送しようと思い、AirDropで写真を転送して、削除しました。途中で何度か、ロックして転送コピーが失敗したのですが、最終的には、転送コピーが無事に終了したので、削除しました。ところが、写真を転送コピーした側のiPhoneでは、カメラロールに転送コピーした写真が見当たらないのです。どこへいってしまったのですか?

- Yahoo知恵袋からの質問

Appleは、iOS 7/Mac OS X Lion以上のすべてのデバイスに対して、AirDrop機能を追加しました。AirDropを使用すると、iOSおよびMacユーザーは、近距離無線通信を使用して、近くにある他のiOSとMacのデバイスとファイル、写真、ドキュメントなどを転送することができます。AirDropが転送できるファイルサイズは限定されていません。

AirDrop

しかし、最近Apple iPhoneを購入した場合、iPhone AirDropを使用する際に、AirDropしたファイルがどこに保存されているのか気になることがあります。この記事は、iPhoneでAirDropした写真やファイルの保存場所を見つけることを目的としています。さらに、iTunesなしでiPhoneとパソコンの間で電光石火のスピードでデータを転送するために、無料のAirDrop代替ソフトが紹介されます。

iPhoneでAirDropしたファイルの保存場所はどこですか

MacBookを使用している場合、ユーザーはAirDropファイルの保存場所を選択するオプションがあります。残念ながら、iPhoneには不向きで、ファイルタイプによってAirDropしたファイルの保存先が決まります。iPhoneのAirDrop写真とファイルの保存場所を知っていれば、iPhoneのデータをMacに転送するのは簡単です。

MacでAirDropの写真

AirDropの写真やその他のファイルは「ダウンロード」フォルダに保存されます。このフォルダにアクセスするには、「移動」→「ダウンロード」をクリックするか、Mac OSのドックオプションを使用します。

iPhoneで写真をAirDropする

Airdropで転送された写真は、自動的にiPhoneの写真フォルダに保存されます。転送が完了したら、iPhoneの「写真」アイコンをタップして、フォトライブラリでエアドロップした写真を確認することができます。

AirDropしたファイルの保存場所を見つける方法

写真以外にも、連絡先、電子ブック、PDF、ドキュメント、テキスト、その他のファイルをAirDrop機能で転送することができます。Macユーザーの場合、これらのファイルはエアドロップした写真と同様にダウンロードフォルダに保存されます。しかし、iPhoneユーザーの場合、AirDropしたファイルの保存場所は異なる可能性があります。

iPhoneでAirDropしたファイルは、iPhoneでファイルを開いたり保存したりするためのさまざまなオプションがあるメニューが表示されます。iPhoneのAirDropで送信されたファイルは、送信元のアプリに自動的に保存されます。同じアプリを持っていない場合は、App Storeにリダイレクトされてダウンロードするか、他のオプションでファイルを開くことを試してみてください。

AirDropの代替となる最高の機能:iPhone間でファイルを転送

Airdropは、iPhone/MacユーザーがiPhoneファイルを転送するために利用できる効率的な機能ですが、いくつかの欠点があります。例えば、大きなファイルの場合、iPhoneデータ転送に時間がかかりすぎます。しかも、一度に1つのファイルしか転送できません。さらに、一度に複数の写真を転送する場合、AirDropは無反応または中断される可能性があります。

これらの制限を克服するために、iPhone用の無料のiPhone転送アプリであるFoneToolモバイルアプリを使用することをお勧めします。これは、iPhoneとiPadの間でファイルを転送するために、Bluetoothなしで最高のAirDropの代替品です。

ステップ 1. 下記のQRコードをスキャンするか、App StoreでFoneToolを検索して、iPhoneでiPhone転送ツールを入手します。

QRコード

ステップ 2. 二つのiPhoneを密着させて、Wi-Fiを有効にします。FoneToolを開いてから、「Connect Device(デバイスを接続)」をタップします。ファイルを転送したいiPhoneの名前をタップします。

デバイスを接続

ステップ 3. 転送元のiPhoneで、左下隅の「File Transfer(ファイル転送)」をタップします。写真、音楽、ビデオ、連絡先を直接転送することができます。もっと多くのファイルを転送したい場合、「File(ファイル)」を選択し、プラスアイコンをタップして、iPhoneやiCloud Driveにある転送したいファイルを参照します。そして、「Send(送信)」をタップして、iPhoneのファイル転送を行います。

ファイル転送

iPhoneのデータ転送は数秒で完了します。iPhoneからパソコンにデータを転送したいなら、FoneToolのデスクトップアプリをパソコンにダウンロードすればいいです。それに、このソフトはiPhoneをパソコンにバックアップすることもサポートします。

AirDrop iPhoneに関するFAQ

iPhoneでAirDropをオンにする方法

iPhoneでAirDropを有効にするのは簡単で、数ステップしか必要ありません。iPhone Xや新しいiPhoneモデルでは右上から下にスワイプ、古いモデルでは下から上にスワイプして、iPhoneのコントロールセンターを開きます。そして、WiFiモジュールをタップ&ホールドして、AirDropオプションを設定します。

iPhoneでAirDropの名前を変更する方法

AirDropの名前を変更するには、「設定」>「一般」>「バージョン情報」>「名前」に進みます。そして、新しい名前を入力することができます。「完了」をタップして変更を確定してください。

名前を変更

なぜiPhoneではAirDropが使えないですか?

AirDropがiPhone/iPadで使えない場合、まずデバイスを確認してみてください。AirDropを使うには、iPhone7以降、iPad4以降、第5世代iPodTouchが必要です。

その後、「設定」→「一般」→「AirDrop」で、「すべての人」か、「連絡先のみ」かを設定することができます。

AirDrop

このエラーを修正するために、WiFiとBluetoothを切り替えることができます。或いは、AirDrop転送が失敗した場合、FoneToolを使って、iPhoneの写真、音楽、ビデオ、連絡先、ファイルを簡単かつ迅速に無料転送することができます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>