By Zoe / 最後の更新 2023年05月18日

目次:

iPhoneのライブフォトを動画として保存できますか?

 

● iPhoneで動画や写真を撮影し、動画編集をMacでFinal Cut Pro Xを使って行っています。iPhoneで撮影したLive Photoを動画として読み込みたい場合、iPhoneで動画として保存してそれを転送、ということをひたすら繰り返していますが、やや面倒です。せっかくAppleが作ったLive Photoの規格ですから、動画として直接読み込める方法があれば教えていただきたいです。

● iPhoneのLive Photosの画像はパソコンに取り入れるとエラーになるんですか?パソコンとiPhone繋げても画像を取り込めず困ってます。

- Yahoo知恵袋からの質問

ライブフォトを動画として保存

iPhoneのライブフォト(Live Photos)は、シャッターを切った前後の1.5秒ずつの映像を記録してくれます。撮影したLive Photosは、後からキー写真を変えたり、楽しいエフェクトを加えるなどして編集し、家族や友人と共有できます。

では、iPhoneでライブフォトを動画にする方法はあるのでしょうか?この記事は、ライブフォトを動画として保存する3つの方法を提供します。

iPhoneのライブフォトを動画として保存する方法

必要に応じて、写真アプリ、またはショートカットを使用して、iPhone上で動画としてライブフォトを保存することができます。

方法1:「写真」アプリでライブフォトを動画として保存する

iPhoneの写真アプリからライブフォトを動画に変換する場合、ライブフォトだけがライブに設定され、ループ、バウンス、長時間露光ができないことに注意してください。以下の手順に従ってみてください。

ステップ 1. iPhoneの「写真」アプリにアクセス>「ライブフォト」アルバムを探す>欲しいライブフォトを選択します。単一のライブフォトまたは複数のライブフォトを選択することができます。

ステップ 2. 左下の共有アイコンをタップ>「ビデオとして保存」を選択します。

ビデオとして保存

その後、写真アプリの「最近削除した項目」または「アルバム」に戻り、先ほど保存した動画にアクセスすることができます。

方法2:ショートカットでライブフォトを動画として保存する

「ショートカット」アプリを使用して、ライブフォトを動画として保存することもできます。サードパーティのショートカットをダウンロードして、それを作るのを手伝わせるだけです。以下、詳しい手順を説明します。

ステップ 1. 「設定」アプリにアクセス>「ショートカット」を探してタップ>「信頼されていないショートカットを許可しますか?」のスイッチをオンにする>ウィンドウが表示されたら「許可」をタップします。

信頼されていないショートカットを許可しますか?

ステップ 2. ショートカットギャラリーのウェブサイトから、「Convert LivePhotos to Video」のようライブフォトを動画に変換するショートカットを取得>iPhoneでショートカットのリンクを開く>「ショートカットを取得」をタップします。

ステップ 3. iPhoneの「ショートカット」アプリで、下にスクロールして「信頼されていないショートカットを追加」をタップします。

ステップ 4. ショートカットを追加した後、「ショートカット」を選択>カメラロールを開きます。欲しい写真を探して選択>最後に、ショートカットはライブフォトを変換して、カメラロールの最後に動画ファイルとして保存します。

方法3:FoneToolでライブフォトを動画としてPCに保存する

上記の2つの方法でiPhoneでライブフォトを動画として保存するには、多かれ少なかれ制限があります。ここでは、強力な転送ツール - FoneToolを強くお勧めします。

FoneToolの助けを借りて、設定に従って、ライブフォトを.jpgまたは.heicフォーマットでiPhoneからPCに転送することができます。同時に、それらの対応する動画も自動的にコンピュータにインポートされます。

高速な転送速度:100枚の写真を転送するのに3秒しかかかりません。
選択的で簡単なプロセス:iPhoneとPC間ですべての必要なファイルをワンクリックで転送できます。
データ損失なし:ファイルに害を与えなく、ファイルの品質も低下させません。

下のアイコンをクリックして、コンピュータにツールを取得します。FoneToolは3つのステップでiPhoneからパソコンに写真を転送しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. USBでiPhoneをパソコンに接続>FoneToolを起動して「データ転送」をクリック>「iPhoneからPC」>「転送開始」をクリックします。

iPhoneからPC

ステップ 2. 「写真」アイコンをチェックして、iPhoneのすべての写真をプレビュー>転送したいライブフォトを選択>「確認」をクリックします。

ライブフォトを選択

ステップ 3. 「転送設定」からファイルの保存先を選択>「転送開始」をクリックしてタスクを開始します。

転送開始

完了したら、ローカルフォルダ内のこれらの写真や動画にアクセスできます。今、好きなように動画エディタを使用してPC上でこれらの動画を編集することができます。

iPhoneで動画を閲覧したい場合は、FoneToolの「PCからiPhone」機能を利用して、パソコンからiPhoneに動画を転送することができます。

まとめ

以上、iPhoneでライブフォトを動画として保存する2つの方法を紹介しました。もしどちらの方法も要求を満足できないなら、サードパーティツールのFoneToolを利用してiPhoneの写真をパソコンに転送して、より高い品質で動画に変換することもできます。

FoneToolができること

FoneToolを無料ダウンロード
FoneToolでiPhoneデータを
一括管理
iPhone転送
iPhoneバックアップ
iPhoneデータ復元
iPhoneデータ消去
HEIC変換
重複写真削除
WhatsAppバックアップと転送
FoneToolはすべてのiOSと
iDeviceに対応
iOS 16/15/14/13/12/11および旧iOS
iPadOS 16/15/14/13/12/11および旧iPadOS
iPhone 14/14 Pro (Max)、13/13 mini/Pro (Max)、
iPhone 12/12 mini/Pro (Max)、iPhone 11/11 Pro (Max)
iPhone X/XR/XS/XS Max、iPhone 8/8 Plus
iPhone 7/7 Plus、iPhone 6/6s/6s Plus
iPhone SE (第1世代、第2世代、第3世代)
iPod touch 1/2/3/4/5/6/7
iPad Air、iPad mini、iPad Pro、iPadのすべてのモデル