解決済み:写真を消してもiPhoneのストレージが減らない

iPhoneのストレージを解放するとき、写真を削除した後、iPhoneのストレージがまだいっぱいである場合、このガイドを読んで、それを修正する方法を学びます。

Zoe by Zoe 更新日 2023年09月01日
共有しよう:

なぜ写真を消してもiPhoneのストレージが減らないですか?

 

私のiPhone Cは、ストレージがほぼいっぱいになっていると表示していますので、写真アプリで重複した写真と大きなビデオを削除しました。少なくとも4GBのファイルを削除したはずですが、iPhoneの利用可能なストレージはまだ増えていません。なぜiPhoneはストレージがないと言うのに、実際にはたくさんのファイルを削除したのでしょうか。

- Appleコミュニティからの質問

iPhoneは、優れたカメラを使って写真やビデオを撮影して思い出を残したり、最も安全なオペレーティング システムでコンテンツを楽しんだりするなど、優れたデジタルライフを提供します。

ただし、それらのコンテンツはiPhoneのストレージを占有するため、iPhoneのストレージがいっぱいになると、新しいコンテンツを追加できなくなるでしょう。もちろん、新しいものを受け取るためには何かを削除する必要があります。多くの人々は、確実に必要なものがあるため、写真やビデオを削除します。

iPhoneの設定>一般>「iPhoneストレージ」に移動して利用可能なストレージを確認します。そこで、まだ数ギガバイトの写真やビデオがあることがわかりますが、実際にはiPhoneには存在しません。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

iPhoneストレージ

iPhoneで写真を消しても容量が減らない問題が発生した場合、次のセクションでは問題を解消し、iPhoneのストレージを解放する方法を紹介します。

パート1:写真を消してもiPhoneのストレージが減らない修正法

なぜiPhoneで写真を消してもストレージが減らないのか?写真が完全に削除していないか、バグがある可能性があります。次の方法を確認して、問題を修正する方法を学びましょう。

方法1. 最近削除したアイテムを確認する

写真を削除した場合、それらはすぐにはiPhoneから削除されず、「最近削除した項目」アルバムに移動し、最大30日間保存されます。

ステップ1. iPhoneで写真アプリを開きます。

ステップ2. 下部のアルバムを選択します。

ステップ3. 「最近削除した項目」を選択して、削除した写真を再度確認し、完全削除します。

最近削除した項目

また、iPhoneでバグがあるため、削除した写真がまだデバイス上に残っている可能性があります。このバグを設定で修正する必要があります。

ステップ1. 設定>一般>「日付と時刻」に移動します。

ステップ2. 「自動設定」を無効にします。

日付と時刻

ステップ3. 手動で日付を1年前または2年前に設定します。

ステップ4. 再度、写真アプリで「最近削除した項目」アルバムを確認して、幻の写真を完全に削除します。

写真を削除した後は、日付をリセットするのを忘れないでください。

方法2. iPhoneを再起動する

一部のiPhoneバグは再起動することで簡単に修正できます。特に新しいバグの場合は、iPhoneを再起動してみると、驚くほど修正されるかもしれません。

電源ボタンを数秒間押して、スライドロゴをスライドして電源を切ります。数秒待ってからiPhoneを再起動してください。

バグかどうかを確認する方法は?
iTunesでiPhoneストレージを確認します。iPhoneをiTunesに接続すると、iPhone上のストレージ情報も表示されます。iPhoneと同じストレージ情報が表示される場合、写真はまだiPhoneにあることを意味します。より多くの利用可能なストレージが表示される場合、iPhoneにバグがある可能性があります。

 

方法3. 最新のiOSにアップデートする

Appleがバグを発見した場合、次のiOSアップデートで修正されることがあるため、iOSをアップデートすると問題が解決するかもしれません。

設定>一般>「ソフトウェア・アップデート」に移動し、利用可能なアップデートがあるか確認します。

ソフトウェア・アップデート

パート2:写真を削除せずにiPhoneのストレージを解放する方法

実際、写真を削除することはiPhoneのストレージを解放する最後の手段です。日常生活で写真を撮り、興味深い写真を集める時間を費やしました。それらは貴重な思い出であり、削除するべきではありません。

以下の内容を読んで、iPhone上のデータを失うことなくストレージを解放できます。

#1 iCloudの写真をオフにする

複数のiOSデバイスをお持ちの場合、iPadなど他のデバイスのiCloudに写真が保存されている可能性があります。他のデバイスから写真を受信したくない場合は、iPhoneとiPadの写真同期を解除して同期させないことができます 。

iPhoneの設定>プロフィール>iCloud>写真に移動し、「iCloud写真」をオフにして、写真を完全にデバイスから削除し、他のデバイスにも保持します。

iCloud写真

#2 iPhoneのストレージを最適化する

まだiCloudの写真をiPhoneに保持したい場合、別の方法もあります。

iPhoneの設定>プロフィール>iCloud>写真に移動し、iPhoneのストレージを最適化するかどうかを確認します。

iPhoneのストレージを最適化

これにより、すべてのiCloudの写真がPhotosアプリにサムネイルとして保存されます。写真をプレビューするためには毎回数秒かかり、ぼやけて表示されます。

#3 PCに写真をバックアップする

ストレージを解放する最良の方法は常にバックアップを作成し、その後、iPhoneからデータを削除することです。写真はいつでも復元できます。ここでは、プロのiOSデータバックアップソフトであるFoneToolを強くお勧めします。

★FoneToolを使用して、写真をコンピュータに簡単に転送できます。
写真の選択:転送する写真を選択するか、ワンクリックですべての写真を選択できます。
幅広い互換性:最新のiPhone 14/13/12/SE 2022/iPad 10/Air 5、iOS 16/15、および以前のデバイスとシステムをサポートしています。

ステップ1. 下のボタンをクリックして、インストールパッケージをダウンロードします。FoneToolをコンピュータにインストールし、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ2. FoneToolを開き、ホーム画面で「データ転送」をクリックします。 「iPhoneからPC」に移動し、「転送開始」をクリックします。

iPhoneからPC

ステップ 3. 「+」アイコンをクリックして、iPhone から写真を選択します。

「+」アイコン

ステップ 4. iPhoneから写真をプレビューして選択し、「確認」をクリックします。

写真をプレビューして選択

ステップ 5. 「転送設定」でパスを選択し、必要に応じて設定を調整し、「転送開始」をクリックしてコンピュータに転送します。

転送開始

まとめ

iPhoneから写真を削除すると利用可能なスペースが増えますが、時には問題が解決されないこともあります。写真を消してもiPhoneのストレージが減らない、「iPhoneのストレージがいっぱいです」というメッセージが表示される場合は、このガイドの解決策で問題を修正できます。

また、iPhoneのストレージを解放するためには、より良い方法があります。FoneToolを使って写真をパソコンに移し、その後、安全にiPhoneから削除してください。さらに、FoneToolは「重複写真削除」機能も提供しており、デバイス上の重複した写真を削除できます。

このガイドを共有して、より多くの人々を助けることを忘れないでください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>