【Windows】iPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できない時の対策

iTunesのWi-Fi同期は便利ですが、デバイスが表示されなかったり、オプションがグレーアウトされたりすると動作しません。この手順に従って、WindowsパソコンでiPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できない問題を解決しましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2023年08月29日
共有しよう:

なぜiPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できないですか?

 

{私はiPhone 13 iOS 16を使用しており、Dell Windows 10上のiTunesとワイヤレスでiPhoneを同期したいと思っていましたので、「Wi-Fi同期を有効にする」を設定しました。しかし、iTunesは私のiPhoneを認識しませんでした。私のiTunesのバージョンは12.11.0.26です。ありがとう!

- Redditの質問

iTunesはiOSデバイスの素晴らしい相棒です。iTunesを使用すると、Wi-Fi経由でiPhoneをパソコンにバックアップでき、iPhoneやiPadを同期/転送することができます。iPhoneをiTunesとUSBケーブルで接続したときにWi-Fi同期を設定するだけで、その後は有線接続は必要ありませんが、iPhoneを空気中でiTunesに同期することができます。

しかし、時々、Windows 11/10でiPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できないことがあります。たとえば、iPhoneがWi-Fi同期を表示または示さない場合があります。iTunesがiPhoneを検出できません。心配しないでください、どのような状況でも、Wi-Fi経由でiTunesを使用して同期できなかった場合は、次の解決策を試すことができます。

パート 1. iPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できない時の修正法

Appleによると、iOSデバイスとコンピュータが同じWi-Fiに接続されている場合、iPhoneは自動的にiTunesに表示されるはずです。したがって、iPhone上でこのプロセスを開始する必要はなくなりました。「設定」>「一般」> 「iTunes Wi-Fiの同期」でiPhoneから設定を行う必要はありません。

Wi-Fi同期がオプションとして表示されない場合は、以下の修正方法があります。

方法 1. ステップとWi-Fiを確認する

冒頭で述べたように、少なくとも1回は有線接続でiTunes Wi-Fi同期を有効にする必要があります。iTunesまたはiOSをアップデートした場合は、iPhoneをiTunesに接続し、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックして適用ボタンをクリックしてください。

Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期

iPhoneで使用しているWi-Fiを確認してください。自宅に複数のWi-Fiがある場合、iPhoneは毎回特定のWi-Fiに接続しない可能性があるため、適切なWi-Fiに手動で接続する必要があります。

方法 2. IPアドレスを固定する

2つのデバイスが同じネットワークに接続されていても、異なるIPアドレスのために接続が失敗する場合があります。固定IPを使用しているかどうかを確認してください。

方法 3. ファイアウォールでBonjourを許可する

Wi-Fi経由でiPhoneをiTunesに接続する際に、ウイルス対策ソフトを閉じるだけでなく、Windowsファイアウォールを介してAppleのBonjourサービスを許可する必要があります。以下の手順に従ってください。

1. Windowsキーを押しながらRキーを押して、実行ボックスを開きます。「control」と入力し、Enterキーを押してコントロールパネルを開きます。

実行ボックス

2. 「システムとセキュリティ」をクリックします。

システムとセキュリティ

3. 「Windowsファイアウォールをによるアプリケーションの許可」をクリックします。

Windowsファイアウォールをによるアプリケーションの許可

4. 「変更」をクリックし、すべてのBonjourサービスをチェックし、OKをクリックします。

これでiPhoneをWi-Fi経由でiTunesに接続してデバイスを同期することができます。

方法 4. Appleのサービスを強制的に再起動する

Apple Mobile Device ServiceはiOSデバイスをコンピュータに接続するためのドライバです。Wi-Fi接続の問題を修正するためにドライバを再起動することができます。以下の手順に従ってください。

1. Windowsパソコンで「タスクマネージャー」を検索して選択します。

2. 「サービス」を選択し、「Apple Mobile Device Service」を見つけて右クリックし、「再起動」をクリックします。

Apple Mobile Device Service

Macコンピュータを使用している場合は、「Activity Monitor」でドライバを再起動できます。

コマンドラインに詳しい場合は、コマンドプロンプトを使用してApple Mobile Device Serviceを再起動することもできます。
iTunesを実行し、iPhoneをコンピュータに接続します。
「cmd」を検索します。検索結果を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
コマンドプロンプトが起動したら、「net stop Apple Mobile Device Service」のコマンドを実行します。
少し待ってから、「net start Apple Mobile Device Service」のコマンドを実行してApple Serviceを再起動します。

 

方法 5. Apple SupportからiTunesを再インストールする

一部のユーザーは、Microsoft StoreからインストールされたiTunesがiTunes Wi-Fi同期の問題を引き起こすことを報告しています。同期オプションがグレーアウトされたり、他の問題が発生したりすることがあります。Apple SupportからiTunesを再インストールすることで問題を解決できます。

以下の手順に従って、完全にiTunesをアンインストールし、Apple SupportからiTunesをダウンロードして再インストールします。

1. Windowsキー + Rを押し、Controlと入力してコントロールパネルを開きます。

2. プログラムと機能を選択します。

3. iTunes、Apple Software Update、Apple Mobile Device Support、Bonjour、Apple Application Supportの順にダブルクリックして、コンピュータから完全にiTunesをアンインストールします。

iTunesをアンインストール

4. Apple SupportからiTunesをダウンロードしてインストールします。

5. USBケーブルでiPhoneをiTunesに接続し、デバイスアイコンをクリックして、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックし、適用をクリックします。

6. iPhoneをコンピュータから切断し、同じWi-FiでコンピュータとiPhoneを接続すると、iTunesでデバイスが表示されるはずです。

パート 2. iPhoneのメディアを簡単に同期するiTunesの代替方法

iTunesのWi-Fi同期がまだ機能していない場合、FoneToolというiTunesの代替ツールを試してみることができます。FoneToolは、写真、ビデオ、音楽などのデータをiPhoneとコンピュータ間で簡単に同期するための最適なiPhoneデータ転送ツールです。

音楽、写真、その他のデータをiPhoneに同期すると、iPhoneのライブラリが完全に上書きされるため、ローカルのiTunesライブラリを常に確認する必要があるかもしれません。しかし、FoneToolはiDeviceとPC上のデータを削除したり上書きしたりすることはありません。

★FoneToolにはさまざまなニーズに応えるための利点や機能がたくさんあります。
ファイルのプレビュー:コンピュータから直接ファイルを選択し、自由にiPhoneと同期できます。
安全なプロセス:iPhone上のデータは再書き込みされないため、安心してiPhoneを同期できます。
強力な転送ツール:最新のiPhone 14 (Plus)/14 Pro (Max)/SE 2022/iPad 8/Air 4、iOS 16/15/14.4/13および以前のデバイスおよびシステムをサポートしています。
簡単な転送:直感的なインターフェースで、数ステップでiPhoneとコンピュータ間のデータを簡単に転送できます。

以下のボタンをクリックしてFoneToolを入手し、コンピュータにインストールします。その後、USBケーブルでiPhoneをFoneToolに接続します。使用方法を示すために、PCからiPhoneにデータをインポートする手順をご案内します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

--> iPhoneを同期する手順:

ステップ1. FoneToolを実行し、「データ転送」をクリックし、「PCからiPhone」を選択します> 「転送開始」をクリックします。

PCからiPhone

ヒント:iPhoneからPCへデータを転送するには、「iPhoneからPC」をクリックして、写真、ビデオ、メッセージ、音楽などをWindowsコンピュータに転送できます。

ステップ2. ボックス内の任意の場所をクリックして、コンピュータから写真、ビデオ、音楽を追加します。

追加

ステップ3. 「転送開始」をクリックして、安全にiPhoneを同期します。

転送開始

結論

WindowsパソコンでiPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期できない場合、接続が構築されなかったりiTunesが機能しなかったりする場合は、このガイドのアドバイスに従って問題を解決できます。

また、iTunesよりもフレンドリーで柔軟な方法でiPhoneを同期するために、FoneToolを選択することもできます。

このガイドを他の人々の助けになるために共有するのを忘れないでください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>