iCloudから写真を削除してiPhone本体に残す【3つの方法】

iPhoneではなくiCloudから写真を削除できますか?このガイドでは、限られたiCloudストレージスペースを節約するために、iPhoneではなくiCloudから写真を削除する3つの効果的な方法を詳しく説明します。

Zoe by Zoe 更新日 2023年12月26日
共有しよう:

iCloud上の写真のみ削除して、iPhone本体のみ残したい?

Appleアカウントを新規作成すると、5GBのiCloudストレージが無料で使える。しかし、iPhoneやiPadでメディア、デバイス、アプリのバックアップを有効にすると、このiCloudストレージ容量が簡単にいっぱいになってしまいます。iCloudストレージの消去は必要な作業ですが、大切な思い出をうっかり消去してしまうという思わぬ結果を招くこともあります。では、iPhoneではなくiCloudから写真を削除することはできるのでしょうか?

ここでは、iPhone上の大切な思い出を守りながら、iCloudから写真を削除するベストな方法を探ります。iPhoneとiPadのデフォルトの写真アプリは、シームレスなiCloud統合を提供し、自動的にあなたの写真やビデオをプラットフォームに同期します。何らかの理由で、この同期を中止して空き容量を確保したい場合は、iPhone上の写真に影響を与えずにiCloudから写真を削除する方法を発見するために読み進めてください。

iCloudウェブサイト|iCloudから写真を削除してiPhone本体に残す

iCloudのストレージを節約したり、iCloudの容量に追加料金が発生しないようにすることが目的なら、この方法はiPhoneに影響を与えずにiCloudから写真を削除する簡単な方法です。ただし、このプロセスを進める前に、iCloudフォトが無効になっていることを再確認することが重要です。

以下のステップに従って、iPhoneではなくiCloudから写真を削除する方法を学びましょう。

ステップ 1. iCloud Photosをチェックしてオフにする

  • iPhoneの「設定」アプリを開く>[あなたの名前]>iCloudを選択>「写真」を選択>「このiPhoneを同期」の横にあるスイッチをオフに切り替えます。

このiPhoneを同期

  • ウィンドウが表示されたら、「写真とビデオをダウンロード」を選択し、iCloudにある写真のコピーをiPhoneに保存します。

ステップ 2. iCloudウェブサイトから写真を削除する

iPhoneにiCloudメディアライブラリのバックアップを確保したら、次のステップに進み、iCloudから写真を削除します。これはiCloudのウェブサイトにアクセスすることで実現できます。

  • iCloudのウェブサイトにアクセスし、Apple IDでサインイン > ホームページから「写真」をクリックします。
  • Ctrl + Altキーボードショートカットを使ってiCloudから削除したい写真を選択>右上のゴミ箱アイコンをクリックしてiCloudから写真を削除します。

iCloudから写真を削除

おまけ: iCloudの写真を完全に削除する

削除されたiCloudの写真は「最近削除した項目」フォルダに移動され、30日以内に復元できます。また、「最近削除した項目」>「すべて選択」>「削除」をタップして、iCloudから写真を永久削除することもできます。

最近削除した項目

iCloud写真|iCloudから写真を削除してiPhone本体に残す

もしiCloud Photosがあなたの好みではなく、全てのAppleデバイスで無効にしたいのであれば、あなたに合ったオプションがあります。無効にして削除'と名付けられたこの機能は、iCloudに保存されているすべての写真とビデオを消去するという決定的なステップを踏みます。

心強いのは、iPhoneやiPadにある大切な写真やビデオがそのまま残っていることです。iCloudの2つの重要な設定、「iPhone/iPadストレージの最適化」と「オリジナルをダウンロードして保存」が調和しているおかげです。

ここでは、iCloudからすべての写真を削除し、iPhoneは削除しない方法を説明します。

iPhoneの「設定」>「自分の名前」をタップ>「iCloud」>「ストレージを管理」>「写真」を選択>「無効にして削除」をタップします。

無効にして削除

30日後、写真はiCloudから完全に削除され、接続されているすべてのデバイスから削除されます。元に戻すには、もう一度同じパスに移動し、「無効化と削除を元に戻す」をクリックします。

また、この機能を使ってiCloudを無効にすると、iCloud Photosがまだオンになっていることに気づくでしょう。しかし、それは何もしないので心配しないでください。つまり、新しい写真はiCloudと同期されます。さらに、iCloud Photosは30日後に自動的にオフになります。30日間iCloudを一時停止し、その後iCloudが無効になるという予防措置と考えてください。

FoneTool|iCloudから写真を削除してiPhone本体に残す(お勧め)

iCloudストレージを効果的に管理し、iPhoneではなくicloudから写真を削除するには、バランスを取ることが重要です。容量を確保することは非常に重要ですが、iPhoneから削除した画像を失うことも避けたいものです。このシナリオでは、理想的なソリューションはFoneToolの使用にあります。

FoneToolは大切な写真を保護するソリューションを提供します。すべてのiCloud写真にアクセスでき、iCloudから直接不要な写真を削除し、iPhoneが写真を削除しないようにします。

下のアイコンをクリックして、FoneToolをパソコンに無料ダウンロードし、iPhoneのiCloud写真同期を無効にして、以下の簡単な手順に従って、FoneTool経由でiPhoneではなくiCloudから写真を削除してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. iPhoneからPCに写真をバックアップする(オプション)

事前にiPhoneの写真をPCにバックアップしておけば、万が一データを紛失しても、バックアップがあれば復元できます。それに、FoneToolはiCloudの代わりに、ストレージ容量の制限なしにiPhoneファイルをバックアップできます。

  • FoneToolを起動し、「データバックアップ」を選択>「個別バックアップ」で「バックアップ開始」をクリックして写真を選択します。

個別バックアップ

  • バックアップストレージパスから任意のローカルフォルダ、USB、外付けハードドライブを選択してバックアップ写真を保存>「バックアップ開始」をクリックしてタスクを開始します。

写真

ステップ 2. iCloudから写真を削除する

  • FoneToolメニューバーから「私のiCloud」を選択 > iCloudアカウントでサインイン>iPhoneに表示された確認コードを入力して確認します。

私のiCloud

  • 写真>プレビューをクリックし、iCloudから削除したい写真を選択>画面の上部にある「削除」ボタンをクリックして削除します。

削除

まとめ

iPhoneではなくiCloudから写真を削除する3つの方法は以上です。iCloudのウェブサイトにアクセスするか、FoneToolのようなサードパーティツールを使って削除を完了することができます。すべてのAppleデバイスでiCloudフォトを使用したくない場合は、すべてのデバイスからiCloudフォトを無効にして削除することもできます。

ニーズに応じて、このガイドで紹介した方法を自由に選択してください。その他のご質問、ご提案、フィードバックがございましたら、年中無休でご連絡ください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>