「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」の原因と解決策

このガイドでは、「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」という問題を解決する方法をご紹介します。さらに、デバイス間で音楽を転送する簡単な方法も紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月02日
共有しよう:

このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません

 

このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません

iCloudミュージックライブラリがオンにできません。iPhoneのミュージックの設定でライブラリを同期をオンにしても下の画像の表示が出てオンにできません。iTunes for Windowsでも同様の表示が出ます。Apple Musicには入っています。何か対処法はありますか。

- Yahoo知恵袋からの質問

お使いのiPhone、iPad、Macで「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません。Apple Musicがこのアカウントとリンクされたことはありません」というエラーが表示されますか?このメッセージに遭遇したのはあなただけではありません。かなりの数のユーザーがこの問題を報告しています。

このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません

「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」出る理由

あなたはどんな状況に陥っていますか?Apple Musicに加入しているかどうかに関わらず、このエラーメッセージに遭遇する可能性は高いようです。この問題は通常、Appleサーバーの問題、iTunesのエラー、不適切な設定、古いOS、ネットワーク接続の不備などで発生します。

Apple Musicがアカウントにリンクされていない問題を解決する方法をご覧ください。

「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」修正法

iCloud Music Libraryは、iPhoneの音楽をバックアップしたり、デバイス間で音楽を同期したりするのに役立つ簡単な方法だ。うまくいかないとイライラしますよね。ここでは、「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」というエラーを解消するのに役立つ実証済みの方法をいくつかご紹介します。以下の方法を順番に試して、問題を解決してください。

ヒント1. 基本設定を確認する

まず、すべての設定が正しいことを確認してください。

  • iPhoneの場合:「設定」>「ミュージック」>「iCloudミュージックライブラリ」をオンにします。

iCloudミュージックライブラリをオンにする

  • iTunesの場合:「アカウント」>「認証」を選択>「このコンピュータを認証」を選択>「編集」をクリックし、「環境設定」を選択>「一般」をクリックし、「iCloudミュージックライブラリ」の横にあるボックスにチェックを入れます。

ヒント2. Appleシステムの状態を確認する

すべての設定が正しい場合、Appleシステム状況にアクセスして、サーバーが正常に動作しているかどうかを確認できます。

ブラウザを開き、Appleシステム状況にアクセスします 。Apple Musicとその状況を見つけます。

Appleシステム状況

その横に緑色の点が表示されていれば、サーバーは正常に動作しています。

黄色のアイコンが表示されている場合は、サーバーに問題があり、「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」というエラーが表示されていることを意味します。

ヒント3. アカウントのサインアウトとサインイン

iCloudアカウントからサインアウトし、サインインするには3つの方法があります。

  • iCloudアカウントをサインアウトし、サインインする: 「設定」アプリ>「アカウント」をタップ>「サインアウト」をタップします。
  • iPhoneでサインアウトしてiTunesアカウントにログインする:「設定」アプリ>「iTunes & App Store」をタップ>Apple IDを選択し、「サインアウト」をタップします。
  • パソコンでiTunesアカウントからサインアウトしてログインする:iTunesアプリを開き、「アカウント」をクリック>「サインアウト」を選択します。

数秒待つか、デバイスを再起動します。再度サインインし、iCloudミュージックライブラリをオンにしてみてください。

ヒント4. iPhoneとコンピュータを再起動する

「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」エラーの原因となったシステムの不具合は、単純な再起動で解決できる場合があります。iPhoneをハードリセットすることもできます。

  • iPhone 8以降:音量+ボタンを押し、すぐに離します。音量-ボタンを押し、素早く離す>Appleのロゴが表示されるまで、サイドボタンを数秒間押します。
  • iPhone 7/7 Plus:Apple ロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量 - ボタンの両方を数秒間押します。
  • iPhone 6sまたはそれ以前:Appleロゴが表示されるまで、電源ボタンとホームボタンの両方を数秒間押します。

ヒント5. ネットワーク接続の確認

サーバーが動作するには、安定したインターネット接続が必要です。ネットワーク接続が悪いと、iPhoneがサーバーに接続できず、エラーメッセージが表示されます。インターネット接続を回復するために、以下のヒントをお試しください:

  • 機内モードをオン・オフする:iPhoneがWi-Fiに接続されている場合、ルーターを再起動します。
  • ネットワーク設定をリセットする:{設定」>「一般」>「リセット」(iOS 15以降では「転送またはiPhoneをリセット」>「リセット」)>「ネットワーク設定をリセット」をクリックして、ネットワーク設定がデフォルトにリセットされ、Wi-Fiに再接続する必要があります。

ネットワーク設定をリセット

ヒント6. iPhone、iTunes、コンピュータをアップデートする

古いシステムには様々なエラーがあるので、デバイスを最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません "エラーの解決に役立つだけでなく、他の潜在的な問題を回避することもできます。

  • iPhoneをアップデートする:「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」をタップ>新しいバージョンがあれば「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  • WindowsでiTunesをアップデートする:iTunesを開く>メニューバーから「ヘルプ」を選択>「アップデートをチェック」を選択します。
  • Macをアップデートする:メニューからAppleロゴをクリック>システム環境設定を選択>ソフトウェア・アップデートを選択します。

ヒント7. iPhoneをリセットする

すべての方法で問題を解決できない場合は、デバイスを工場出荷時の設定にリセットすることができます。リセットはiPhoneをデフォルト設定にリセットし、デバイス上のすべてのデータを削除します。iPhoneを工場出荷状態に戻す前に、iPhoneをバックアップすることを忘れないでください。

「設定」>「一般」をタップ>「リセット(iOS 15ではiPhoneを転送またはリセット)」をタップ>「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。iPhoneをバックアップしている場合、「バックアップからiPhoneをセットアップ」を選択できます。

すべてのコンテンツと設定を消去

iCloudやiTunesですべてのデータをバックアップしたくない場合、FoneToolのようなサードパーティ製のiPhoneバックアップツールで、重要な曲、写真、ビデオ、連絡先、メッセージだけをバックアップすることができます。

個別バックアップでは、必要なファイルをプレビューして選択し、コンピュータ、USBフラッシュドライブ、または外付けハードドライブに保存することができます。さらに、選択的な復元もサポートします。

おまけ:iOSデバイス間で音楽を転送する簡単な方法

iCloudミュージックライブラリは、デバイス間で曲を同期するのに役立ちますが、完璧ではありません。

  • iCloudミュージックライブラリは有料機能で、しばしば様々な問題が発生します。
  • 動作には安定したネットワークが必要で、同期に長時間待たされることがある。
  • 2つのアカウント間で音楽を転送することができないため、友人と音楽を共有することができない。

もしもっと簡単な方法でiPhoneとパソコン、iPhoneと別のiPhoneの間で無制限に音楽を転送したいなら、FoneToolをお勧めします。FoneToolをお勧めします。この専門的なiOSデータバックアップと転送ツールで、お望みの方法で音楽を転送できます。

Apple ID制限なし。異なるApple IDでiPhoneからiPhoneに音楽を転送する簡単なソリューションを提供します。

購入した音楽と非購入した音楽。購入した曲や他のソースからダウンロードした曲を転送することができます。

必要な項目を素早く転送。ワンクリックですべての音楽を転送したり、安定したUSB接続を介して必要な曲をプレビューして選択することができます。

次に、iPhoneからパソコンに音楽をエクスポートする例とパソコンからiPhoneに音楽をインポートする例を紹介します。

iPhone/iPadからパソコンに音楽をエクスポートする手順

ここでは、iPhoneからコンピュータに音楽を転送する手順を示します。

ステップ 1. FoneToolをダウンロード、インストール、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

ステップ 3. ホーム画面で「データ転送」>「iPhoneからPC」オプションをクリックします。

iPhoneからPC

ステップ 4. ファイルアイコンをクリック>転送したい曲を選択>「確認」をクリックして続けます。

曲を選択

ステップ 5. 「転送設定」で転送先を選択>「転送開始」をクリックしてiPhoneの音楽をパソコンに転送します。

転送開始

パソコンからiPhone/iPadに曲をインポートする手順

パソコンにある音楽をiPhoneやiPadに転送したい。以下のステップに従ってください。

ステップ 1. FoneToolで、左側のペインで「データ転送」を選択>「PCからiPhone」を選択します。

PCからiPhone

ステップ 2. 「音楽」アイコンをクリックして、パソコンから曲を追加します。

曲を追加

ステップ 3. 「転送開始」ボタンをクリックして、iPhone/iPadに保存します。転送が完了したら、デバイスでApple Musicにアクセスして音楽を楽しめます。

転送開始

それに、iCloudファイルを管理する必要がある場合、FoneToolを利用して、簡単なプロセスを実現できます。「私のiCloud」にアクセスし、Apple IDでサインインし、「iCloudを管理」を選択するだけで、iCloudからファイルを簡単にアップロード、ダウンロード、削除することができます。

iCloudを管理

最後に

以上、「このアカウントではiCloudミュージックが有効になっていません」の問題を解決する方法でした。これらの方法のいずれかが、あなたが問題を解決するのに役立つことを願っています。それでも問題が解決しない場合は、Appleサポートにご相談ください。このガイドがお役に立ちましたら、ぜひ他の方とシェアしてください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>