このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため

「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため」というエラーメッセージに困惑していますか?この記事では、エラーの原因や意味を解説し、iCloudミュージックライブラリに頼らないベストなミュージック同期方法を紹介します。エラーを回避し、スムーズなミュージック体験を実現するためのヒントとトリックを見逃さないでください。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月12日
共有しよう:

「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため」とは?

iTunesを利用してiPhoneに音楽を転送する際に、「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため、一部のファイルがiPhoneにコピーされませんでした」というエラーメッセージに遭遇しましたか?

このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため

それは、ユーザーがiCloudミュージックライブラリを利用している際に、同期や設定に関する問題が生じるということからです。このエラーはユーザーの音楽体験に以下の影響を及ぼします。

  • 新しい曲やプレイリストの同期ができない:エラーが表示されると、新しい曲やプレイリストが正常に同期されないことがあります。
  • iCloudミュージックライブラリの更新が滞る:ライブラリの変更が適切に反映されず、アップデートが滞る可能性があります。
  • 一部の曲が再生できない可能性:エラーが解決されない場合、一部の曲が再生できないなどの問題が生じる可能性があります。

エラーコードの理解と影響を把握することは、ユーザーが問題を迅速かつ正確に解決する鍵となります。次に、エラーが出る原因と具体的な対処法を詳しく解説します。

「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため」が出る原因

  • iCloudミュージックライブラリの設定が有効になっている場合:エラーは、ユーザーがiCloudミュージックライブラリを有効にしており、それに関連する問題が発生している場合に表示されることがあります。
  • ネットワーク接続の問題:不安定なインターネット接続や制限付きのネットワーク環境が、iCloudミュージックライブラリの正常な同期を妨げる可能性があります。
  • Apple IDに関する問題:Apple IDに紐づくiCloudアカウントに何らかの制限やエラーがある場合、このエラーコードが表示されることがあります。
  • デバイスの設定の不整合:デバイス自体の設定やシステムの不整合が、iCloudミュージックライブラリに関するエラーを引き起こす可能性があります。

これらの原因が組み合わさることで、「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため」のエラーコードが表示されることがあります。

エラーを回避し、最良のミュージック同期の実現するトリック

1. iCloudミュージックライブラリをオフにする

設定アプリで「ミュージック」に移動し、「iCloudミュージックライブラリ」をオフにします。これにより、デバイス上のミュージックがiCloudに同期されなくなります。

2. 手動で音楽を同期する

iTunesを使用して、手動で音楽をデバイスに同期します。これにより、iCloudミュージックライブラリに頼ることなく、特定の曲やプレイリストをデバイスに追加できます。

または、サードパーティツールのiPhoneデータ管理ソフトFoneToolを利用して、パソコンの音楽をiPhoneに入れることができます。

  • 全データ対応: 音楽以外にも写真、動画、連絡先など、さまざまなデータをiPhoneとパソコン間で転送できます。
  • 直感的なインターフェース: FoneToolは使いやすく、直感的な操作が可能です。
  • 高い転送速度: 大容量のデータでも高速に転送できるため、時間を節約できます。

FoneToolを使用してパソコンの音楽をiPhoneに転送する手順は以下の通りです:

1. FoneToolの公式ウェブサイトからアプリをダウンロードし、指示に従ってインストールします。インストールが完了したら、FoneToolを起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

2. iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。FoneToolがデバイスを検出すると、メイン画面にデバイスの情報が表示されます。

3. FoneToolのメイン画面で、「データ転送」>「PCからiPhone」をクリックします。

PCからiPhone

4. 音楽、写真、動画、連絡先などの選択肢を見つけ、音楽をクリックします。

音楽をクリック

5. フォルダアイコンをタップして、パソコンからiPhoneに転送したい音楽ファイルを追加します。

音楽ファイルを追加

6. 「転送開始」ボタンをクリックして転送を開始します。

転送開始

7. 転送が完了すると、FoneToolは成功メッセージを表示し、iPhoneに音楽が正常に転送されたことを通知します。

転送完了

3. プレイリストを作成して同期

iTunesで特定のプレイリストを作成し、それをデバイスに同期します。これにより、必要な曲だけがデバイスに同期され、エラーを回避できます。

4. Apple Musicをオフにする

Apple Musicサブスクリプションが有効であれば、設定アプリで「ミュージック」に移動し、Apple Musicをオフにしてみてください。これにより、iCloudミュージックライブラリに関連するエラーが回避される可能性があります。

5. インターネット接続を確認

安定したWi-Fi接続が確保されていることを確認してください。不安定な接続が同期エラーの原因になることがあります。

6. ファームウェアの更新

デバイスのiOSが最新のバージョンであることを確認し、必要に応じてアップデートを行います。

これらのヒントとトリックを試してみて、ミュージック同期に関連する問題を回避できるかどうかを確認してください。

まとめ

「このiPhoneではiCloudミュージックライブラリが有効になっているため」というエラーは不便ですが、その意味や影響について知っておくことは重要です。本記事では、エラーコードの意味や発生原因に焦点を当て、ユーザーがミュージック体験にどのような影響を受けるかを解説します。また、このエラーを回避し、より良いミュージック同期を実現するためのヒントやトリックも紹介します。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>