iCloudの写真が消えた時の対処法と予防策:データ損失から写真を守る方法

iCloudの写真が消えた時、不安を感じることがありますが、この記事ではiCloud写真の消失に対する対処法と予防策を紹介します。バックアップの取り方や復元手順、ストレージの最適化など、写真を安全に保つための実用的な方法を解説しています。データ損失から写真を守り、iCloudを安心して利用するためのアドバイスが満載です。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月26日
共有しよう:
 

iCloudフォトライブラリの写真が消えた

今までずっとiCloudに共有せずに使っていたのですが、容量が足りなくなってしまい50GBに課金して共有することにしました。ですがアルバムから写真が消えていくのに焦って、最適化した状態で1度フォトライブラリをオフにしてしまい、iPhoneから一部の写真が消えてしまいました。一度icloudフォトライブラリをオフし、再起動してオンにしてみましたが戻りませんでした。容量は足りており、その後一度消えた写真以外の写真はicloudにアップロード済みです。消えた写真をiPhoneに写真を戻す方法を教えて下さい。

- Appleコミュニティーからの質問

iCloudを使用して写真を管理している際、突然写真が消えてしまうことはストレスの原因となります。この記事では、iCloudの写真が消える主な原因から、基本的な復元手順、完全に消えた場合の対処法、そして将来の写真消失を防ぐ方法まで、包括的なガイドを提供します。

iCloud写真

セクション 1:iCloudの写真が消えた主な原因

iCloudを利用して写真を保存している際に、写真が突然消えることは不便でストレスを引き起こすことがあります。以下は、iCloudの写真が消える主な原因についての詳細な説明です。

  • 同期の問題:iCloudはデバイス間で写真を同期する仕組みを持っていますが、この同期が正しく行われないと写真が消える可能性があります。デバイス間での通信エラーや同期の遅延が原因となることがあります。
  • ストレージ容量の制限:iCloudは一定のストレージ容量しか提供しておらず、その制限を超えると写真が削除されることがあります。ストレージ容量が不足している場合、新しい写真をアップロードできなくなり、古い写真が削除される仕組みが働きます。
  • デバイス設定の同期エラー:デバイス設定が正しく同期されていないと、写真の表示に関するエラーが発生することがあります。特に、デバイスの日付や時刻の設定がずれている場合に問題が生じることがあります。
  • ネットワーク接続の問題:iCloudはインターネット経由でデータを同期するため、安定したネットワーク接続が必要です。ネットワークの不安定性や接続の途切れが、写真の同期に問題を引き起こす可能性があります。
  • iCloudサービスの一時的な障害:iCloudサービスに一時的な障害が発生した場合、写真が一時的に表示されなくなることがあります。これはサービス全体に関する問題であり、一時的なものである場合があります。

これらの原因が組み合わさることで、ユーザーがiCloud上で保存していた写真が消えることがあります。問題の解決には、それぞれの原因に対する適切な対処法が必要です。

セクション 2:iCloudの写真が消えた場合の対処法

iCloudの写真が消えた場合、以下の手順を試して問題を解決できるか確認してください。各手順を順に実施し、問題が解消されるか確認してください。

1. ゴミ箱を確認する

  • iPhoneやiPadの「写真」アプリを開きます。
  • 画面下部の「アルバム」タブを選択します。
  • 「最近削除されたアルバム」を開き、そこに写真があるか確認します。

2. デバイスを再起動する

デバイスを再起動します。iPhoneの場合は、電源ボタンを長押しして「スライドして電源オフ」を選択し、再起動します。

3. iCloud設定の確認

「設定」アプリを開き、「[Apple ID]」をタップします。「iCloud」を選択し、写真のトグルがオンになっていることを確認します。

4. ネットワーク接続を確認

Wi-Fiやモバイルデータの接続が正常であることを確認します。安定した接続が必要です。

5. iCloudサービスのステータスを確認

Appleのサポートページで、iCloudサービスのステータスを確認します。

6. 時間と日付の設定を確認

「設定」アプリで「一般」→「日付と時刻」に進み、自動設定がオンになっていることを確認します。

7. 写真アプリを再起動する

「設定」アプリで「一般」→「iPhone/iPadのストレージ」に進み、「写真」を選択してキャッシュをクリアします。

8. iCloudからサインアウトして再サインインする

「設定」アプリで「[Apple ID]」をタップし、「iCloud」からサインアウトします。その後再度サインインします。

これらの手順を試しても問題が解決しない場合は、Appleのサポートに問い合わせるか、Apple Storeでデバイスを診断してもらうことを検討してください。

セクション 3:iCloudから消えた写真を復元する方法

iCloudから消えた写真を復元するには、以下の手順に従ってください。この手順は、ゴミ箱やアーカイブされた写真を確認し、復元する方法を示しています。

方法1. ゴミ箱を確認する

iPhoneやiPadの「写真」アプリを開く>画面下部の「アルバム」タブを選択>「最近削除されたアルバム」を開き、そこに削除された写真があるか確認>復元したい写真があれば、写真を選択し、「復元」をタップします。

方法2. iCloud.comで写真を確認する

ウェブブラウザでicloud.comにアクセス>Apple IDでログインする「写真」アイコンをクリックして、iCloud写真ライブラリを開く>「最近削除された」を選択し、そこに削除された写真が表示される>復元したい写真を選択し、「回復」をクリックします。

方法3. アーカイブされた写真を確認する

ウェブブラウザでicloud.comにアクセスする。Apple IDでログイン>「写真」アイコンをクリックして、iCloud写真ライブラリを開く>「アルバム」を選択し、「全ての写真」を開く>消えた写真がアーカイブされているか確認>アーカイブされている写真を選択し、「回復」をクリックします。

セクション 4:予防と将来の写真消失を防ぐ方法

方法1. iCloudの写真を定期的にバックアップ

FoneToolはデスクトップアプリであり、iCloudの写真をアップロードやダウンロード、削除などの操作が可能です。これにより、iCloudの写真をパソコンや外付けHDDにダウンロードしてバックアップを取ることができます。FoneToolを使用することで、iCloudデータのバックアップや管理がより簡単かつ効果的に行えます。

FoneToolのiCloud管理のメリット

  • 多様なデータ管理: FoneToolは写真だけでなく、動画、メモ、iCloud Drive内の様々なデータを管理できます。

  • 簡単な操作性: 直感的なユーザーインターフェースにより、ユーザーは簡単にデータのバックアップや復元を行えます。

  • 高速で安全なプロセス: FoneToolは高速かつ安全なデータ転送を実現し、プライバシーを守りながらデータを管理します。

  • 柔軟なデータ取り扱い: データのアップロード、ダウンロード、削除といった柔軟な操作が可能で、ユーザーは自分のデータを自由に扱えます。

FoneToolを使用してiCloudデータをバックアップする手順

ステップ 1. FoneToolの公式ウェブサイトからアプリをダウンロードし、インストールします。FoneToolを起動します。

ステップ 2. 「私のiCloud」をクリックして、Apple IDとパスワードを入力してiCloudにログインします。

私のiCloud

ステップ 3. 「iCloudを管理」で写真をタップします。バックアップしたい写真を選択して「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード

ステップ 4. ポップアップウィンドウでダウンロード場所、ダウンロード設定などを確認して、再び「ダウンロード」をクリックします。必要に応じて、ファイルをパソコンや外付けHDDに保存できます。

ダウンロード

ステップ 5. ダウンロードが完了したら、FoneToolで結果を確認できます。

方法2. iCloudストレージ容量の管理

iCloudストレージ容量を適切に管理することは、写真やデータの消失を予防する上で重要です。以下は、iCloudストレージ容量を管理し、写真の消失を防ぐための方法です。

1. iCloud写真ライブラリを最適化する

「設定」アプリで「[Apple ID]」→「iCloud」→「写真」に進み、「iCloud写真ライブラリ」をオンにします。「iPhoneのストレージを最適化」を選択して、デバイス上の写真を最適化します。これにより、高解像度の写真がiCloudに保存され、デバイス上では必要最小限の容量を占めるようになります。

2. 不要な写真やビデオを削除する

定期的に写真やビデオを整理し、不要なものを削除します。iCloud写真ライブラリが有効な場合、写真やビデオをデバイスから削除してもiCloudには残りますが、容量の節約になります。

3. iCloudストレージ容量を確認する

「設定」アプリで「[Apple ID]」→「iCloud」→「iCloudストレージ」に進み、現在のストレージ使用状況を確認します。不足している場合は、ストレージプランを変更して容量を増やすか、不要なデータを整理して容量を節約します。

5. アップロードが完了するまで待つ

大量の写真を一度にアップロードする場合、アップロードが完了するまでデバイスを操作しないようにしましょう。アップロードが途中で中断されると、一部の写真がiCloudに保存されずに消失する可能性があります。

これらの方法を組み合わせて利用することで、iCloudストレージ容量を管理し、写真の消失を予防することができます。

まとめ

 

iCloudの写真が消えた場合、慌てず冷静に対処することが重要です。この記事では、iCloud写真ライブラリの確認、ゴミ箱や最近削除した項目の確認、ストレージ容量の確認など、具体的な対処法が提案されています。また、バックアップからの復元やデータ復元ソフトの活用についても触れられ、適切な手順と注意点が強調されています。データ損失を防ぐためには、即座な操作を避け、定期的なバックアップを行うことが強調されています。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>