iCloud「ストレージの情報を読み込めません」場合の解決策

iCloudで「ストレージの情報を読み込めません」と表示されますか?それは悪いインターネットまたはシステムの不具合が原因である可能性があります。この文章を参考に解決してください。

Zoe by Zoe 更新日 2024年05月11日
共有しよう:

iCloudストレージの情報を読み込めません

 

iCloudストレージの情報を読み込めません

iCloudのバックアップしたいのですができません。iCloudストレージの情報を読み込めません。Wi-Fiにも接続してます。どうすれば良いかわかりませんので宜しくお願い致します。

- Appleコミュニティーからの質問

iCloudストレージの情報を読み込めません

iCloudはiPhoneのバックアップを保存するのによく使われます。異なるストレージプランに課金されることを除けば、すべてのユーザーにお勧めします。インターネットが接続されていれば、iCloudを使って写真や連絡先を保存したり、iCloudの完全なバックアップを作成したりすることができます。その後、別のiPhoneで写真や連絡先を同期したり、iCloudバックアップからiPhoneを完全に復元したりすることができます。

iCloudストレージの状態を確認したい場合は、iPhoneの「設定」>「名前」>「iCloud」>「ストレージを管理」の順に進みます。しかし、iCloudがあなたを満足させないこともある。iCloudの状態が何も表示されない。ストレージ情報の読み込みに時間がかかるようです。ご心配なく。解決策は以下のコンテンツにあります。

ストレージを管理

iCloud「ストレージの情報を読み込めません」場合の解決策

このパートでは、iCloudがストレージ情報を読み込めない場合の5つの解決策 を紹介します。

解決策1:iPhoneのインターネット問題を解決する

ネットワークをリセットし、Wi-Fiに接続することで問題を解決します。

iCloudは、iPhoneをネットワークに接続している時のみ使用できるので、ネットワークの状態が悪いと、iCloudが応答しなくなり、使用できなくなる可能性があります。

◆ まず、iPhoneをより良いWi-Fiに接続してみてください。iPhoneのSafariでWi-Fiが使えるか試してみてください。

◆ インターネットに問題なく、iCloudが使えない場合は、「設定」で何かする必要があります。iPhoneの「設定」>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」と進みます。その後、iPhoneを再度Wi-Fiに接続し、iCloudの状態を確認してください。

ネットワーク設定をリセット

解決策2: iPhoneを強制再起動する

iPhoneに何か問題が発生したら、この方法を試してみてください。システムの不具合を避けるために、システムをリフレッシュすることができます。iCloudがストレージ情報を読み込めない場合、iPhoneを強制再起動することで解決できます。

  • iPhone 8以降:音量+ボタンを押し、素早く離す>音量ボタンを押し、素早く離す>Appleのロゴが表示されるまで、電源ボタンを数秒間押します。
  • iPhone 7およびiPhone 7 Plus:Appleのロゴが表示されるまで、電源ボタンと音量ボタンの両方を数秒間押します。
  • iPhone 6sまたはそれ以前:電源ボタンとホームボタンの両方を、Appleのロゴが表示されるまで数秒間押します。

解決策3:iCloudからサインアウトし、再度サインインする

iCloudがストレージ情報を読み込めない場合、iCloudからサインアウトし、iPhoneにファイルを残すを選択し、再度サインインします。再度iCloudにサインインすると、iCloudストレージ情報が表示されることがあります。

iPhoneの「設定」>「自分の名前」>画面を下にスクロールし、「サインアウト」を選択します。

解決策4:パソコンでiCloudストレージ情報を見る

iCloudストレージのステータスがいつもiPhoneに表示されない場合、パソコンでも見ることができます。

iCloud for Windowsをパソコンにダウンロード>Apple IDにサインイン>「保存容量」をクリックします。

保存容量

また、すべてのiCloudコンテンツを表示し、不要になったら削除することもできます。

iCloud for WindowsはiCloudのステータスを表示するだけでなく、iCloud Driveにファイルをアップロードしたり、iCloudに写真をアップロードしたりするのにも使えます。iCloudバックアップ写真をコンピュータにダウンロードすることもできます。

解決策5:Appleサポートに連絡する

iCloudのステータスをiPhoneで表示したい場合、Appleサポートに連絡してください。彼らはApple製品について一番よく知っています。Appleサポートに連絡する前に、Appleのサイト、システムステータスでiCloudの問題が皆に影響しているかどうかを確認することもできます。

おまけ:iPhoneのデータをバックアップする代替ツール

iCloudバックアップはiPhoneデータをバックアップする良い方法です。iPhone/iPadのiCloud設定にアクセスして、iCloudデータを直接管理することができます。そして、iDevice上のすべてのコンテンツをバックアップしたい場合、「iCloudバックアップ」オプションをオンにすることができます。

しかし、この問題を解決できず、iPhoneをバックアップする必要がある場合、別の方法があります。FoneToolを利用して、ローカルiPhoneバックアップをコンピュータに作成することができます。このツールで、すべてのiPhoneデータをコンピュータ/外部ディスクにバックアップし、簡単に異なるiPhoneに復元することができます。

次のダウンロードボタンをクリックして、このツールをインストールしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. USBケーブルでiPhoneをPCに接続します。FoneToolを起動し、左メニューバーの「データバックアップ」を選択し、「完全バックアップ」の下の「バックアップ開始」をクリックします。

完全バックアップ

ステップ 2. バックアップの保存場所を選択するために、バックアップ暗号化を有効にし、「バックアップストレージパス」をクリックし、「バックアップ開始」をクリックしてバックアップを実行します。

バックアップ開始

データをバックアップする以外に、FoneToolはもっと多くの機能を持っています:

データ転送:新しいiPhoneを持っている場合、このツールはバックアップなしで古いiPhoneから新しいiPhoneに直接データを移行することができます。

古いiPhoneから新しいiPhoneに直接データを移行

iCloud管理:iCloudとiCloud Driveのデータを簡単にアップロード、ダウンロード、削除できます。

iCloud管理

個人情報消去:FoneToolで、Safari履歴、写真、音楽、連絡先などの複数のデータを消去でき、データの復元を不可能にします。

個人情報消去

結論

iCloudはインターネットが接続されている時のみ動作します。接続が安定していない場合、iCloudはストレージ情報をロードできない可能性があります。iCloudをどのように使うか、それはあなたに影響を与えるでしょう。この文章では、この問題を解決するための5つのソリューションを紹介します。もしiCloudの写真について心配なら、iCloudの写真を見たりダウンロードしたりする方法もこの文章で紹介されている。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>