iCloudのアップロードが進まない時の解決方法 [100%有用]

iPhone/iPadからiCloudへのデータアップロードが進まない場合、この記事で解決策を見つけることができます。そして、以下で言及されているFoneToolは、iCloudデータをアップロード、ダウンロード、削除したり、PCでiPhone/iPadデータを完全に/選択的にバックアップするのに最も役立つアプリです。

Zoe by Zoe 更新日 2023年12月28日
共有しよう:

なぜiCloudへのアップロードが進まないですか?

 

iCloudへ写真のアップロードが進みません。

iPhone写真のアップロードがいつまで経っても進みません。iCloudの空き容量は足りてます。アップロードされないのでiPhone内の容量がたまっており動画などを保存できなくなってます。ネットなどで調べて再起動したりWi-Fiを繋ぎ直したりいろいろ試しましたがダメでした。どうしたらアップロードが進むか教えてください。80項目をアップロード中から一切進みません。

- Appleコミュニティからの質問

なぜiCloudへのアップロードが失敗するのか? iCloudは、iPhone/iPadの写真やビデオ、連絡先などをアップロードして、急なデータ損失を防止したり、他のAppleデバイスでアクセスしたりできるようにします。しかし、特定の状況では、iCloudがアップロードのプロセスで停滞したり、アップロードが永遠に続くと表示されたりすることがあります。

iCloudのアップロードが停滞する問題に遭遇する原因はいくつかあります。

⭕ iCloudのストレージ容量が不足している

⭕ デバイスのインターネット接続が不安定

⭕ デバイスにバグや過剰なキャッシュが存在している

⭕ 低電力モードがデバイスで有効になっている

⭕ iPhone/iPadで古いiOSシステムが動作している

iCloudのアップロードが進まない問題を解決する6つの方法

iCloudのアップロード問題を解決するための6つの方法があります。解決策6が、iPhone/iPadデータをiCloudに成功してアップロードする上で最も有用な方法かもしれません。

方法1. インターネット接続を確認する

時々、iCloudがアップロードのプロセスで停滞する原因は、不安定なネットワーク設定によるものです。デバイスのインターネットを確認し、より信頼性の高いネットワークに切り替えてこの問題を解決できます。

または、ネットワーク設定をリセットして修正することもできます:「設定」に移動>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」を選択します。

ネットワーク設定

注:
ネットワーク設定のリセットは、デバイスのデータを消去しませんが、Wi-Fiネットワーク、Bluetoothペアリング、APN設定などのネットワーク設定をすべて削除します。

方法2. iPhone/iPadを強制再起動する

時々、iPhone/iPadを強制再起動することで、iCloudから送信されたビデオなどのデータが読み込まれない問題を効果的に解決できる場合があります。

  • iPhone 8 Plus/8/X以降の場合:音量アップボタンを押して離す>音量ダウンボタンを押して離す>サイドボタンを押し続けて、画面にAppleロゴが表示されるまで待ちます。
  • iPhone 7 Plusまたは7の場合:スリープ/ウェイクと音量ダウンボタンを同時に押し続け、画面にAppleロゴが表示されるまで待ちます。
  • iPhone 6以前の場合:ホームボタンとスリープ/ウェイクボタンを同時に押し続け、画面にAppleロゴが表示されるまで待ちます。
  • Face IDの付いたiPadの場合:速く音量アップボタンを押してから離す>速く音量ダウンボタンを押してから離す>電源ボタンを押し続け、Appleロゴが表示されるまで待ちます。
  • ホームボタンの付いたiPadの場合:電源とホームボタンを同時に押し続け、iPadの画面にAppleロゴが表示されるまで待ちます。

方法3. 低電力モードを確認する

低電力モードは、デバイスの電力を節約するための機能ですが、iCloudのアップロードが停滞する原因になることもあります。

この問題を回避するためには、次の手順で低電力モードを無効にします:iPhone/iPadの設定アプリを開き、「」バッテリーをタップ>バッテリー残量を節約する「低電力モード」オプションをオフにします。

低電力モード

方法4. iPhone/iPadのソフトウェアを更新する

時々、問題は古いiOSシステムが原因かもしれません。ソフトウェアを更新することで問題を解決できます。プロセスの前に、アップデート後のデータの損失を避けるために、iPhone/iPadのバックアップを取ることが良いでしょう。その後、強力なFoneToolがあなたを助けます。

専門ツールでiPhone/iPadを完全にバックアップする

iCloudと比較して、FoneToolのバックアップ機能はより優れた体験を提供します。

完全/個別バックアップ:iCloudと同様に、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージなどを完全にバックアップすることができます。

速い転送速度:FoneToolの超高速な転送速度で、すべてのデータを非常に短時間でバックアップできます。100枚の写真を3秒で移動することができます。

データ漏洩なし:FoneToolのUSB接続は、すべてのデータを絶対的なセキュリティで移動できます。

ユニバーサルな復元:Apple IDが異なるiOSデバイス間でも、iPhone/iPadのバックアップを他のiOSデバイスにリストアできます。

ダウンロードボタンをクリックして、Windows PCにインストールし、数クリックでiPhone/iPadを完全にバックアップする方法を学びましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ1:USBケーブルでiPhone/iPadをPCに接続>FoneToolを起動し、「データバックアップ」>「完全バックアップ」>「バックアップ開始」をクリックします。

完全バックアップ

ステップ2:必要に応じて、プライベートデータを保護するためにバックアップ暗号化を有効にします。「バックアップストレージパス」を選択>「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

データの損失なしでiPhone/iPadのソフトウェアを更新する

次に、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」に移動し、「ダウンロードしてインストール」をクリックします。

ダウンロードしてインストール

iOSをアップデートした後、FoneToolを再度起動し、「バックアップ履歴」>「復元」をクリックして、iPhone/iPadの完全なバックアップをリストアします。そのユニバーサルリストア機能により、iCloudを使わずにiPhoneからiPadにノートを転送することもできます。

復元

ヒント:
バックアップ履歴ページでは、リストアの隣にあるViewドットをクリックして、バックアップからiPhoneファイルに簡単にアクセスできます。

方法5:iCloudストレージをクリアする

iCloudのデータアップロードに問題が発生している場合、十分なストレージスペースが不足している可能性があります。この問題に対処するために、古いバックアップを削除して新しいアップロード用のスペースを確保することを考えてみてください。

デバイスの設定アプリを開き、設定ページからiCloudをタップ>iCloudの設定ページから下にスクロールして「ストレージを管理」を選択し、現在のiCloudストレージを確認し、古いバックアップを削除してスペースを開けることができます。

ストレージを管理

バックアップとデータ転送機能に加えて、FoneToolはPCで簡単にiCloudデータを削除するのに役立ちます。

ステップ1:PC上でFoneToolを開き>「私のiCloud」に移動>iCloudアカウントでログイン>「iCloudを管理」をクリックして続行します。

私のiCloud

ステップ2:削除するデータを選択>「削除」ボタンをクリック>選択を確認するために「はい」をクリックしてプロセスを完了します。

削除

方法6:FoneToolを使って無料でiCloudにデータをアップロードする

上記の方法がすべて問題を解決できない場合は、FoneToolを使用して簡単にデータをiCloudにアップロードできます。このオールインワンのiCloudデータ管理ツールは、無料でデータのアップロードとダウンロードをサポートします。

2つのiCloudアカウントを持っている人は、FoneToolを使用してiCloudのデータを1つからもう1つへ移動することもできます。以下の手順に従ってプロセスを完了できます。

iPhone/iPadデータをPCに転送する

ステップ1:コンピュータにFoneToolをダウンロードして起動>USBケーブルでiPhone/iPadをPCに接続します。

ステップ2:「データ転送」に移動>「iPhoneからPC」を選択して「始める」をクリックします。

iPhoneからPC

ステップ3:プレビューして対象のファイルを選択>「OK」をクリックします。

ファイルを選択

ステップ4:転送先を選択するために「転送設定」をクリック>タスクを開始するために「転送開始」をクリックします。

転送開始

これで、FoneToolを使用してiPhone/iPadのデータをiCloudにアップロードできます。

iPhone/iPadのデータをiCloudにアップロード

ステップ1:「My iCloud」に移動 > Apple IDでログイン>「iCloudを管理」を選択します。

ステップ2:アップロードするアイコンをクリック>「アップロード」をクリックして続行します。

アップロード

ステップ3:コンピュータから対象のファイルを選択>タスクを開始するために「開く」をクリックします。

開く

結論

これらの6つの方法でiCloudのアップロードが進まない問題を効果的に解決できます。iCloudのデータをアップロード、ダウンロード、削除したり、iPhone/iPadデータをPCにバックアップするための優れたアプリが必要な場合は、FoneToolが理想的な選択肢となります。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>