iCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する方法

なぜiCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する必要があるのか、そして効率的に処理する方法について説明します。AndroidとiOSデバイス間での効果的な転送ツールが必要な場合は、読み続けて回答を見つけてください!

Zoe by Zoe 更新日 2023年12月28日
共有しよう:

iCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する必要性

プラットフォームを切り替えたり、Googleカレンダーに移行する際に、iCloudや他のサービスから移行する際に問題が発生することがあります。iCloudカレンダーをAndroidで取得する際に、利用者は課題に直面することがあります。

iCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期

iCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期するための詳細な手順を紹介します。

iCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する方法

スケジュール管理にiCloudを使用している場合、複数のカレンダーをサポートしていることが多いです。カレンダーのユニークなURLを取得し、Googleアカウントにインポートすることができます。ただし、この方法は非公開のエントリーには適用されませんので、iCloudカレンダーが公開されていることを確認してください。

パート1:iCloudからカレンダーURLを取得する

iCloudカレンダーのURLをコピーして、Googleカレンダーアカウントと共有する方法は2つあります。

方法1:iCloudのウェブサイトからURLをコピーする

ステップ1:iCloudのウェブサイトにサインイン>ホームページからカレンダー機能にアクセス>サイドバーからエクスポートしたいカレンダーを選択します。

ステップ2:カレンダーを共有するために共有アイコンをクリックします。iCloudカレンダーを公開する必要がある場合があります。

ステップ3:URLをクリップボードにコピーするためにリンクをコピーします。または、自分自身にカレンダーリンクを送信することもできます。

カレンダーを共有

方法2:iOSデバイスからリンクをコピーする

ステップ1:iPhoneまたはiPadでカレンダーアプリを開き、共有したいiCloudカレンダーを選択します。

ステップ2:カレンダーの横にある情報(「i」)オプションをタップ>カレンダーを公開するオプションを有効にし、公開カレンダーのURLをコピーするために共有リンク機能を使用します。

パート2:カレンダーをGoogleアカウントに追加する

iCloudカレンダーのURLを取得したら、次の手順に従ってGoogleカレンダーにインポートします。

ステップ1:Googleアカウントにサインインし、Googleカレンダーウェブサイトに移動するか、Googleカレンダーアプリを開きます。

ステップ2:「+」アイコンをクリックするか、サイドバーで新しいカレンダーを追加するセクションを見つけます。

ステップ3:URLを使用してカレンダーを追加します。オプションを表示するために矢印をクリックすることができるかもしれません。

ステップ4:新しいウィンドウがGoogleカレンダーのインターフェイス内に表示されます。以前にコピーしたiCloudカレンダーのURLを提供されたフィールドに貼り付けます。

カレンダーを追加

ステップ5:「カレンダーを追加」ボタンをクリックして、iCloudカレンダーをGoogleカレンダーと同期させます。

以上がiCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する方法についてです。

おまけ:iPhoneからAndroidへの他のデータの移行方法

iCloudカレンダーをGoogleアカウントに共有した後、写真、動画、音楽、連絡先などの他のデータをiPhoneからAndroidに移動する必要があるかもしれません。

Appleデバイスの利用者は、Appleデバイス間でのワイヤレスデータ転送の便利さを知っています。ただし、AndroidとiOSデバイス間で同様の機能を確立することは伝統的に困難でした。

Android用のFoneToolの登場により、この風景が変わりました。これはクロスプラットフォームのデータ転送を容易に行うための効率的なアプローチを提供しています。

幅広い互換性:FoneToolは、Huawei、Samsung、Pixel、OnePlus、OPPO、iPhone 4からiPhone 15、iPadなどのさまざまなAndroidおよびiOSデバイス、および最新のiOS 17およびAndroid 14にデータを移動できます。

インターネット不要:転送プロセスはWi-Fiに接続する必要がなく、携帯データも使用しません。

使いやすいインターフェース:FoneToolの使いやすいインターフェースを使用して、数回のクリックですべての転送タスクを簡単に完了できます。

これでAndroidデバイスにダウンロードできるボタンをクリックしてダウンロードできるようになりました。または、iOS用のFoneToolを入手し、指示に従ってiPhoneからAndroidへの転送(連絡先の移動など)を行う方法を学んでください。

Android用ダウンロード すべてのAndroid OS
安全ダウンロード

ステップ1:Android携帯でFoneToolを起動し、アプリにWLANの使用を許可します(オプションを有効にし、Wi-Fiネットワークに接続する必要はありません)。

ステップ2:2つのデバイスを接続します。

  • Androidの場合:FoneToolを起動>「Connect Device(デバイスを接続)」に移動>「Connect to iOS(iOSに接続)」を選択して、接続コードを取得します。

iOSに接続

  • iPhoneの場合:FoneToolを開き、「Connect Device(デバイスを接続)」に移動>「Connect to Android(Androidに接続)」を選択>Androidで表示されるコードをiPhoneでスキャン>iPhoneで表示される参加をタップして接続を確立します。

ステップ3:iPhoneの「File Transfer(ファイル転送)」に移動します > AirDropする必要のあるファイルを選択>送信を続けるために「Send(送信)」をクリック>データを受信するためにAndroidデバイスで「Confirm(確認)」をタップします。

ファイル転送

注意:HuaweiからSamsungなどのAndroidデバイス間でもこのツールを使用できます。

最後に

これでiCloudのカレンダーをGoogleカレンダーに同期する方法がわかりました。詳細な手順により、目標を効率的に達成できます。転送が完了したら、iPhoneからAndroidへの他のデータの移動が必要な場合は、強力なFoneToolを使用してプロセスを簡単に完了できます。

モバイルアプリに加えて、FoneToolにはiPhone/iCloudデータを素早く管理するためのWindowsアプリも提供されています。FoneToolを使用して、iCloud写真をパソコンに一括ダウンロードすることもできます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>