あっさり解決!iCloudでバックアップできないものの裏技

iCloudでバックアップできないデータに悩んでいる方へ。FoneToolを活用した新しい手法を紹介します。この記事では、iCloudでバックアップが難しい特定のデータやファイルに対する解決策を探り、FoneToolを使った簡単かつ効果的なバックアップ方法について詳しく解説します。データの安全性と柔軟性を確保しながら、iCloudの制限を乗り越えましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月12日
共有しよう:

はじめに:iCloudの役割と重要性

iCloudは、Appleデバイスの重要なデータを安全に保管し、デバイス間でシームレスな同期を実現するサービスです。しかし、一部のデータはバックアップできないデータがあります。この記事では、その内容と解決策に焦点を当てます。

iCloudバックアップ

iCloudでバックアップできないものは何がありますか?

iCloudは便利なデータバックアップツールですが、すべてのデータがバックアップされるわけではありません。以下は、iCloudでバックアップできない主なものです。

  • 大容量のメディアファイル:iCloudの無料容量が限られているため、大容量のメディアファイル(特に4K動画や高解像度の写真)はバックアップ対象外です。
  • 特定のアプリケーションのデータ:データベースや設定情報など、一部のアプリケーションがiCloudバックアップに対応していないことがあります。
  • 特殊な形式や暗号化されたデータ:セキュリティ対策が施されたデータや、特殊な形式のデータはバックアップできないことがあります。

これらの制限に対処するには、大容量のメディアファイルを削除したり、個々のアプリケーションが提供する別途のバックアップオプションを利用することが考えられます。バックアップ対象外のデータは、定期的な手動バックアップや他の手段で保護する必要があります。

iCloudでバックアップできないものにできる対処法

iCloudでバックアップできないデータに対処するためには、いくつかの対応策があります。以下はそのいくつかです:

対処法1:手動でバックアップ

iCloudが特定のデータをサポートしていない場合、手動でバックアップすることが一般的です。例えば、大容量のメディアファイルはiTunesを使用してパソコンにバックアップすることができます。

対処法2:アプリケーション固有の設定を確認

特定のアプリケーションが提供する個別のバックアップオプションがあるか確認してください。一部のアプリケーションは、独自のクラウドサービスや設定でデータを保護しています。

対処法3:別のバックアップ方法を検討

iCloud以外の手段を使用してバックアップを取ることも考えられます。例えば、外部ドライブや別のクラウドサービスを活用することで、制限を回避できるかもしれません。ここで紹介したいのはFoneToolというプロのiPhoneバックアップソフトです。

FoneToolを使用することで、iPhoneデータの管理とバックアップが容易になり、デバイスの安全性と効率性が向上しますFoneToolのバックアップ機能のメリット:

  • 完全バックアップと個別バックアップ:FoneToolは完全バックアップだけでなく、個別に特定のデータを選択してバックアップする機能も提供しています。
  • 高い信頼性:FoneToolは安定して動作し、データの損失なく効率的にバックアップを行います。
  • 直感的なインターフェース:ユーザーフレンドリーなインターフェースで、初心者から上級者まで使いやすいです。
  • 高度なデータ管理:バックアップだけでなく、データの管理や復元もFoneToolを使用して簡単に行えます。

注意:データバックアップを行う際には、十分な充電があることを確認し、安定したインターネット接続が必要です。

FoneToolを使用したiPhoneデータバックアップは比較的簡単で、以下はその手順です:

ステップ1:FoneToolをダウンロードとインストール

まず、FoneToolを公式ウェブサイトからダウンロードし、デスクトップにインストールします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ2:iPhoneをコンピュータに接続

FoneToolを起動し、iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

ステップ3:バックアップモードを選択

「データバックアップ」をタップします。FoneToolには「完全バックアップ」と「個別バックアップ」のオプションがあります。

完全バックアップ

ステップ4:バックアップオプションの選択

必要に応じて選択し、バックアップ先を指定します。

バックアップを暗号化

ステップ5:バックアップの開始

選択が完了したら、「バックアップ開始」ボタンをクリックして、バックアッププロセスを開始します。

バックアップ開始

結論:データの大切さと安全な保管手段

この記事では、iCloudでバックアップできないもの(データやファイル)とは何か、それに対する解決策を探ります。そして、FoneToolを使った簡単かつ効果的なバックアップ方法についても詳しく解説します。iCloudでバックアップできないものに対する理解と対処法は、ユーザーがデータを安全に保管する上で重要です。正確な知識と適切な手順を踏むことで、データの損失を未然に防ぐことができます。データの安全性と柔軟性を確保しながら、iCloudの制限を乗り越えましょう。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>