iPadをパソコンにバックアップする方法

この記事では、iPadをパソコンにバックアップする方法を解説しています。iTunesやiCloudの他に、人気のiPhoneバックアップソフトFoneToolを使った手順も紹介しています。データの選択的なバックアップや簡単な復元方法が特徴です。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月07日
共有しよう:

iPadのバックアップの重要性

iPadは、私たちの日常生活に欠かせないデバイスとなっています。iPadに保存されているデータは、私たちにとって非常に貴重なものです。写真や動画は思い出を保存し、重要な文書はビジネスや個人の目標に関連しています。しかし、iPadは携帯可能なデバイスであり、物理的な損傷や盗難、故障のリスクがあります。それに加えて、ソフトウェアのアップデートや誤操作によってデータが消える可能性もあります。したがって、定期的なバックアップは、データの損失を防ぐために重要です。

iPadをパソコンにバックアップ

この記事では、iPadをパソコンにバックアップする方法について詳しく説明します。

iOSバックアップソフトでiPadをパソコンにバックアップ

FoneToolは、iPhoneやiPadのデータ管理やバックアップを行うための優れたデスクトップアプリです。このソフトウェアを使うことで、写真、動画、音楽などの特定のデータだけを選択的にバックアップすることができます。また、iPhoneやiPadのすべてのデータをバックアップすることも可能です。さらに、バックアップされたデータを使ってiPhoneやiPadに復元することも簡単に行えます。

FoneToolを使ってiPadのデータをパソコンにバックアップする手順

以下に、FoneToolを使用してiPadのデータをパソコンにバックアップする手順を詳しく説明します。

  • FoneToolの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールします。インストールが完了したら、FoneToolを起動します。
  • USBケーブルを使って、iPadをパソコンに接続します。FoneToolがiPadを認識すると、画面にiPadの情報が表示されます。
  • FoneToolのメインメニューから、「データバックアップ」>「個別バックアップ」モードを選択します。次に、バックアップしたいデータの種類を選択します。写真、動画、音楽など、バックアップしたいデータを選択します。
  • 「バックアップ設定」オプションでバックアップの保存先を指定したり、バックアップの名前を変更したりすることができます。必要な設定が完了したら、「バックアップ開始」ボタンをクリックします。
  • 「バックアップ開始」ボタンをクリックすると、FoneToolが選択したデータをバックアップし始めます。バックアップの進行状況が画面に表示されるので、待ちます。
  • バックアップが完了すると、FoneToolは自動的にバックアップの結果を通知します。バックアップされたデータは、指定した保存先に保存されます。

バックアップされたデータを使って、iPhoneやiPadにデータを復元することも可能です。FoneToolの「バックアップ履歴」から、「復元」モードを選択し、バックアップファイルを選択して復元を行うことができます。

以上が、iPhone/iPadバックアップソフトFoneToolを使ってiPadのデータをパソコンにバックアップする手順です。FoneToolを使えば、データ管理やバックアップが簡単に行えるので、安心して大切なデータを保護することができます。

iTunesでiPadをパソコンにバックアップ

iTunesは、iPadをパソコンにバックアップするための便利なツールです。以下の手順に従って、iTunesを使用してiPadのバックアップを作成することができます。

  • 最新バージョンのiTunesをダウンロードし、パソコンにインストールします。
  • iPadをUSBケーブルでパソコンに接続します。
  • iTunesが自動的に起動しない場合は、手動で起動します。
  • iTunes画面上部のデバイスアイコンをクリックし、iPadを選択します。
  • 「概要」タブをクリックし、バックアップの設定を確認します。
  • 「このコンピュータにバックアップを作成する」を選択し、「バックアップを取る」をクリックします。

これで、iTunesを使ってiPadのバックアップが作成されます。重要な点として、iTunesを使用する場合は、定期的にバックアップを取ることが推奨されます。

iCloudでiPadをパソコンにバックアップ

iCloudは、Appleのクラウドサービスであり、iPadのバックアップを自動的に作成し、保存することができます。以下の手順に従って、iCloudを使用してiPadのバックアップを作成することができます。

  • iPadの設定アプリを開きます。
  • ユーザーの名前をタップし、iCloudを選択します。
  • 「iCloudバックアップ」を選択し、スイッチをオンにします。
  • 「今すぐバックアップを作成する」をタップします。

これで、iCloudを使用してiPadのバックアップが作成されます。iCloudを使用する利点の1つは、自動バックアップが設定できることです。したがって、iPadを充電しているときに自動的にバックアップが作成されます。

まとめ

iPadをパソコンにバックアップする方法について説明しました。データの損失は避けたいものですが、万が一の事態に備えてバックアップを定期的に行うことが重要です。iTunes、iCloud、FoneToolなど、さまざまな方法がありますので、自分に合った方法を選んでデータを守りましょう。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>