新しいiPhoneに乗り換える前にやるべきこと

新しいiPhoneに乗り換える前にやることは何ですか?この記事では、新しいiPhoneに乗り換える前、データをバックアップしておく方法をご紹介します。iCloudやiTunesを使うほかに、安全で信頼できるiPhoneバックアップソフトも紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月28日
共有しよう:

新しいiPhoneに乗り換える前にやることは何ですか?

情報通信が盛んなこの時代、iPhoneは人々の勉強、仕事、生活において非常に重要な役割を果たしています。毎日の情報、生活の写真、音楽、ビデオ、仕事の情報などの貴重なデータを記録します。

アップル社は毎年新しいiPhoneをリリースして、新しいiPhoneが欲しいのは当たり前です。しかし、大切な仕事のデータ、思い出の写真やビデオを古いiPhoneから新しいiPhoneに移行する場合、転送の過程でデータが失われる可能性があります。例えば、ネットワークの不安定による突然の転送中断、認識できないファイル破損、ウイルス攻撃などです。

そのため、新しいiPhoneに機種変更する前に、iPhoneをバックアップしておくことがとても必要です。この記事では、古いiPhoneを簡単にバックアップする3つの効果的な方法を紹介します。

新しいiPhoneに乗り換える前、データをバックアップしておく

新しいiPhoneに機種変更する前にiPhoneをバックアップしようと思った時、まず思いつくのはiCloudやiTunesを使ってiPhoneをバックアップすることでしょう。この記事では、iCloudまたはiTunesを使用してiPhoneをバックアップする方法を詳しく説明します。同時に、専門的なiOSバックアップツールも紹介します。

方法 1. iPhoneをiCloudにバックアップする方法

iCloudはAppleが提供するiPhoneクラウドストレージアプリです。iCloudサービスを有効にすると、写真、ビデオ、ドキュメント、その他のファイルがiPhone、iPad、Macにバックアップされます。iCloudを使えば、いつでもどこでもインターネット経由でiPhoneのデータをバックアップ・復元したり、新しいiPhoneにデータを転送したりすることができます。それでは、iCloudにiPhoneのバックアップを作成する方法を説明します。

注意事項:✎...
iCloudは5GBの無料ストレージしか提供していません。
iCloudを使ってバックアップと復元するには、インターネット接続が必要です。

ステップ 1. iPhoneの「設定」を開き、自分の名前をタップしてiCloudに入ります。

ステップ 2. 「iCloudバックアップ」オプションをタップしてバックアップページにジャンプし、「iCloudバックアップ」をオンにします。

ステップ 3. 「今すぐバックアップ」をクリックして、iCloudにiPhoneのバックアップを作成します。

iCloudバックアップ

方法 2. iTunesでiPhoneをバックアップする方法

別の方法として、iTunesはiCloudバックアップのように動作する無料のバックアップ方法です。iTunesは曲の購入や再生に使えるだけでなく、iPhoneのデータをパソコンにバックアップすることもできます。iCloudのストレージがいっぱいになっている場合、iTunesは大いに役立ちます。

しかし、iTunesはフルバックアップとフルリストアしかサポートしていません。つまり、Windows PCでiPhoneのデータを全てバックアップし、iTunesバックアップからiPhoneに全てを復元する必要があります。それでは、新しい携帯電話に転送する前にiPhoneをバックアップする方法を学びましょう。

ステップ 1.  パソコンにiTunesをダウンロードし、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。デバイスボタンをクリックします。

ステップ 2. 「概要」と入力し、「バックアップ」で「このコンピュータ」を選択します。そして「今すぐバックアップ」をクリックします。

今すぐバックアップ

方法 3. FoneTool経由でPCにiPhoneバックアップを作成する

一部のユーザーは、iCloudバックアップをオフにした後、自動的にバックアップがオンになり、プライベートデータが漏れることを報告しています。また、iTunesを使ってバックアップしたデータを復元すると、デバイス上の新しいデータが上書きされます。ここでは、サードパーティのiPhoneバックアップツールFoneToolをお勧めし、データ損失で機種変更する前にiPhoneをバックアップする方法をご案内します。

FoneToolは無料の専門的なiPhoneバックアップソフトとして、データを失うことなく、素早くiPhoneをパソコンにバックアップすることができます。FoneToolはユーザーフレンドリーなインタフェースを持ち、いくつかの簡単なクリックだけでiPhoneをバックアップすることができます。

さらに、iPhoneの完全バックアップまたは他のiOSデバイスまたはWindows PCへの部分的なバックアップを作成する柔軟なオプションを提供します。

★このソフトの特徴
先進的な技術により、高い成功率でiPhoneをバックアップします。
時間を節約するために、超高速でiPhoneや他のiOSデバイスをバックアップします。
データセキュリティの分野で10年以上の経験を持つ専門チームによって開発され、100%のセキュリティを保証します。
iOS 17/16/15/14、iPhone 15/14/13/12及び他の旧iOSとiOSデバイスに対応します。

今すぐダウンロードボタンをクリックして、FoneToolを入手し、新しい携帯電話に乗り換える前に、iPhoneを個別かつ完全にバックアップする方法。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

iPhoneをWindows PCに個別にバックアップする

ステップ 1. FoneToolを起動し、USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

ステップ 2. ホームインターフェイスの左側にある「データバックアップ」をクリックし、「個別バックアップ」オプションを選択します。

個別バックアップ

ステップ 3. そして、アイコンをクリックしてiPhone上のすべてのファイルを表示します。

ファイルを表示

ステップ 4. バックアップしたいファイルを選択して、「確認」ボタンをクリックします。

ファイルを選択

ステップ 5. バックアップを保存するパスを選択し、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

iPhoneをWindows PCに完全にバックアップする

ステップ 1. FoneToolを開き、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

ステップ 2. 左側のペインで「データバックアップ」をクリックし、「完全バックアップ」オプションを選択します。「バックアップ開始」をクリックします。

完全バックアップ

ステップ 3. バックアップの暗号化を有効にして、プライベートデータをより安全に保ちます。次に、バックアップの保存先を選択し、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

結論

新しいiPhoneに乗り換える前にやるべきことの一つは、iPhoneをバックアップすることです。この記事は、効果的に新しいiPhoneに切り替える前にiPhoneをバックアップするのに役立ちます。iCloudバックアップの失敗、iTunesがバックアップファイルを選択できない、データ損失の恐れなどの理由でiPhoneをバックアップ終わらない・できないことがあります。

10年以上のデータバックアップの経験を持つ成熟したチームによって起動された、信頼できるiPhoneバックアップソフトウェアFoneToolはあなたの最良の選択です。このソフトの助けを借りてもはや限られたストレージスペースを心配する必要はありません。また、すべてのiPhoneデータを素早く表示し、バックアップしたいファイルを見つけることができます。

全体として、定期的に携帯電話をバックアップすることは、データ損失を防ぐ最も簡単な方法です。この記事が役に立った場合は、より多くの人々を助けるためにこの記事を共有してください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>