iPhoneで写真を削除しても容量が減らない時の対処法

この記事では、iPhoneで写真を削除しても容量が減らない問題を修正する方法について説明し、デバイスにもっと多くのアイテムを保存できるようにします。

Zoe by Zoe 更新日 2023年11月14日
共有しよう:

iPhoneで写真を削除しても容量が減らない

 

私が使用している現在のOSは16.0.2 (20A380)です。写真アプリの中の全ての写真や動画を削除、その後に同アプリ内の最近削除された項目からも手動で削除しているのですが写真アプリのつかっているストレージが増えていくだけで減る気配がありません。電源をオフにしたり、再起動をしてみたのですが全く変化無しです。最初に気がついたのはストレージ使用量が2GBの頃でその後も写真を撮ったり消したりしていく中でいまでは全て消しても写真のストレージ使用量が6GBほどあります。消す方法はないのでしょうか?

- Appleコミュニティからの質問

写真やビデオなど、大切な思い出をデバイスに残したいかもしれませんが、iPhoneのストレージは限られていて、容量が追いつきません。この場合、何かを削除することは、容量を空ける方法です。しかし、iPhoneで写真を消しても容量が減らないことに気づくことがあります。

この記事では、iPhoneで写真を削除しても容量が減らず、容量あるはずなのに、なお「iPhoneのストレージがいっぱいです」と通知るるエラーの原因と対処法を紹介します。

iPhoneのストレージがいっぱいです

なぜiPhoneで写真を削除しても容量が減らないですか?

iPhoneで写真を削除しても容量が減らないのはなぜですか?実は、iPhoneでは、64GBの内部ストレージがあっても、すべてのストレージも使えるわけではありません。iPhoneの内部空間は、デフォルトでファームウェア、システムファイル、個人データファイル(内部データ+Appデータ)を保存するようにパーティションが設定されています。

iPhoneで写真を削除しても容量が減らない理由は以下のように考えられます。
キャッシュデータ:iPhoneにダウンロードしたAppは、通常、多くのストレージを使用しませんが、Appデータはストレージを使用します!キャッシュデータは、ストレージ不足の問題の原因になります。
古いiCloudバックアップ:iCloudバックアップをオンにしていて、iCloudストレージがいっぱいになる場合、ローカルのiPhoneに容量があるとしても、あるいは先ほど大きなファイルを削除した場合でも「iPhoneのストレージがいっぱいです」というメッセージが表示されます。
アップデート:システムアップデートはストレージの消費を増加するため、携帯電話にインストールされているAppの数が限られています。
不具合やバグがある:不具合やエラーはiPhoneで写真を削除しても容量が減らないという問題を引き起こす可能性があります。

 

iPhoneで写真を削除しても容量が減らない時の対処法

このパートでは、この問題の答えを見つけるために試せる対処法をリストアップします。

対処法1:古いiPhoneのバックアップを削除する

試せる基本的な対処法は、古いiPhoneのバックアップを削除することです。iCloudには5GBの無料バックアップストレージがあり、安定したインターネット接続に接続されていて、十分なiCloudバックアップストレージがあれば、iCloudは自動的にファイルをバックアップしてくれます。

つまり、iCloudに十分なストレージがない場合、「iPhoneのストレージがいっぱいです」というエラーメッセージが表示されます。一番良い方法は、iPhoneのバックアップを削除することで、このような通知を受け取らないようにすることです。

iPhoneの「設定」→「自分の名前」をタップ→「iCloud」→「ストレージを管理」をクリック→「バックアップ」をタップ→iPhoneを選択→「バックアップを削除」をタップします。

バックアップを削除

対処法2:フォトライブラリサービスを無効にする

実際、写真を削除することは、iPhoneのストレージを解放する一つの方法です。しかし、写真を消してもiPhoneのストレージが減らないことに気づくかもしれません。複数のiOSデバイスを持っている場合、iPadなど他のデバイスで写真をiCloudに保存している可能性があります。

他のデバイスからの写真の受信を停止するには、この問題を解決するために、フォトライブラリサービスを無効にして、iPhoneとiPadの写真同期を解除して同期させない必要があります。

iPhoneの「設定」>「プロフィール」>「iCloud」>「写真」をクリックし、「iCloud写真」をオフにすると、写真はデバイスから完全に削除され、他のデバイスにも保存されます。

iCloud写真

注:この方法を選択し、お使いのデバイスにiOS 14がインストールされている場合、デバイス上で写真を削除しても、デバイス上で写真がなくなったわけではないことに注意してください。iPhoneに容量あるのに、「iPhoneのストレージがいっぱいです」という通知が表示されるのは、このためかもしれません。

確実にクリーンアップするためには、ファイルを手動で削除する必要があります。「写真」>「アルバム」>「最近削除した項目」に移動して行う必要があります。

最近削除した項目

対処法3:iPhoneのキャッシュデータをクリアする

iPhoneは、一定期間にわたってキャッシュファイルを蓄積し、これらのキャッシュは現在、iPhoneが処理するために大きすぎることがあります。この場合、できることは、iPhoneのキャッシュファイルをクリアして、メモリスペースを空けることです。

>>Safariのキャッシュをクリアする

注:Safariのキャッシュをクリアすると、現在ログインしているすべてのウェブサイトからログアウトされます。

「設定」アプリを開く>「Safari」にスクロールダウン>「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

履歴とWebサイトデータを消去

>>iPhoneで無駄なAppのデータを消去する

Safariと同様に、アプリも必要のない無駄なデータをたくさん取得してしまうことがあります。ここでは、アプリに保存されている無駄なファイルを取り除く方法を紹介します。

ステップ 1. 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」をタップします。

iPhoneストレージ

ステップ 2. 画面には、最もストレージを消費するアプリが上部に表示されます。アプリの一つをタップし、「アプリを削除」をクリックします。

アプリを削除

アプリの「書類とデータ」の入力で、アプリが500MB以上占有していると表示された場合は、アプリをアンインストールして再インストールすることをお勧めします。

対処法4:すべてのコンテンツと設定を消去する

上記の対処法でうまくいかなかった場合は、iPhoneのすべての設定をリセットしてみる必要があるかもしれません。そうすることで、すべての設定が工場出荷時の状態に戻り、やり直すことができます。

設定アプリを開く>「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」に向かう>「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

すべてのコンテンツと設定を消去

画面に表示される指示に従うと、すべての設定がデフォルト値にリセットされます。

対処法5:iPhoneを再起動する

これらのすべての変更の後、iPhoneのストレージがまだ容量不足である場合、デバイスを再起動する必要があります。iPhoneに負荷がかかると、新しいタスクの実行や新しい設定の適用ができなくなることがあります。これを解決するには、再起動プロセスでデバイスをアンインストールする必要があります。

電源ボタンを数秒間長押しし、ロゴをスライドさせて電源をオフにします。数秒待ち、iPhoneを再起動し、iPhoneのストレージを確認する。

データを削除せずにiPhoneの空き容量を確保する方法

上記は、iPhoneで写真を削除しても容量が減らない場合の対処法ですが、お役に立てば幸いです。iPhoneのストレージを解放したいが、すべてを失いたくない場合。バックアップをとってから、データを削除することができます。iPhoneをWindowsパソコンにバックアップして、iPhoneからデータを安心して削除できます。

iPhoneのデータをPCにバックアップ、iPhoneからiPhoneにデータを転送、iOSデータをパソコンで管理できる無料のiOSデータ転送ソフト「FoneTool」を利用しましょう。FoneToolは最新のiPhone 15/15 Pro (Max)/15 Pro Max/14/13/SE 2022/iPad 10/Air 6、iOS 17/16/15と完全に互換性があります。

ステップ 1. 下のボタンをクリックして、FoneToolをお使いのパソコンにインストールしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. このツールを開き、ホーム画面で「データバックアップ」をクリックします。「個別バックアップ」を選択します。

個別バックアップ

注:すべてのデータをバックアップしたい場合は、「完全バックアップ」のアイコンをクリックして、App(データファイル、環境設定)、Safari(履歴、ブックマーク)、システム設定、および写真、連絡先、メッセージ、音楽、ビデオなどの共通データを含むiPhoneの完全バックアップを作成することができます)。

ステップ 3. アイコンをクリックしてバックアップする項目を選択し、「OK」をタップします。

項目を選択

ステップ 4. 「バックアップストレージパス」でバックアップ先を指定して、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

さらに、FoneToolのiPhoneの消去機能は、必要なときにスペースを空けるために、iPhone/iPadを完全消去するのに役立ちます。そして、上記のステップに従ってiPhoneをパソコンにバックアップした後、いつでもバックアップデータを取り戻せます。

まとめ

iPhoneからすべてを削除すると、空き容量が増えますが、問題が解決しないこともあります。もしiPhoneで写真を削除しても容量が減らないという問題がある場合は、この記事の対処法を使って解決することができます。

また、iPhoneのストレージスペースを解放する最良の方法、FoneToolでiPhoneからパソコンにファイルを送って、iPhoneから安全に削除することを試してみてください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>