【iTunes/iCloud】iPhoneのバックアップができない時の解決策

iPhoneのバックアップができないですか?この記事では、その理由を知り、iPhoneをiCloudやiTunesにバックアップできない場合の修正方法を見つけることができます。

Zoe by Zoe 更新日 2024年02月04日
共有しよう:
 

iCloudでiPhoneのバックアップができない

iPhoneを保存してデータを失う心配をしないようにしたいです。iCloudを選択しましたが、バックアップが完了しませんでした。助けてください。

- Yahoo知恵袋からの質問

問題:iPhoneのバックアップができない

iPhoneを大切にしていることでしょう。多くのユーザーは、iPhoneが盗まれたり壊れたりすることを防ぐためにデバイスを非常に注意深く保護しますが、データにはあまり注意を払いません。新しいiPhoneを簡単に購入できますが、データを復旧するのはそう簡単ではありません。システムが壊れたり、他のバグに遭遇したりすると、データが永久に失われる可能性があります。これは、一部のユーザーがiOS 16にiPhoneをアップグレードした後、写真を失った実際のケースです。

したがって、iPhoneのバックアップは非常に必要です。iPhoneですべてを失ったとしても、バックアップからiPhoneを復元できます。それほど重要なので、iPhoneをiCloudやiTunesにバックアップできないことは失望です。なぜiPhoneをiCloudやiTunesにバックアップできないのでしょうか?

● iCloudにバックアップできない - インターネットが遅いか、iCloudのストレージが不足している可能性があります。
● iTunesにバックアップできない - 接続の問題や互換性の問題が原因である可能性があります。

iPhoneのバックアップを完了させるべきです。いつか役立つことがあります。この記事では、iPhoneをバックアップできないときの問題を解決するためのソリューションを提供します。ただし、どの方法を試す前に、iPhoneとコンピューターを再起動することをお勧めします。ソフトウェアの問題を解決する最も簡単な方法です。

iPhoneがバックアップできない時のクイック策

iOSの制限のために、iCloudやiTunesを使用するのが不便であることに気づくかもしれません。幸いにも、iTunes/iCloudはiPhoneのバックアップの唯一の選択肢ではありません。FoneToolなど、これと同じことを行うことができるさまざまなサードパーティ製のツールがあります。これらのツールは、Windows PCユーザー向けの専門のiPhoneバックアップツールです。バックアップを自分の好きな方法で管理できます。

  • iPhone全体または選択したファイルをWindows PCにバックアップ
  • すべてのアイテムをプレビューして、バックアップする必要のあるデータを選択
  • バックアップしたデータをコンピューター上で表示およびロケート
  • 時間とスペースを節約するための増分バックアップの作成
  • バックアップファイルをiPhoneに復元して何も削除しない

iTunesやiCloudは選択的なバックアップ/復元をサポートしていませんが、FoneToolはします。iPhoneをコンピューター、フラッシュドライブ、外付けハードドライブ、またはNASにバックアップできます。このツールを入手し、以下の手順に従ってiPhoneバックアップを作成してデータを保護します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

iPhoneをパソコンに完全バックアップ

ステップ 1. FoneToolを起動>USBケーブルでiPhoneをコンピューターに接続します。

ステップ 2. 「データバックアップ」をクリックして、「完全バックアップ」に移動します。

完全バックアップ

ステップ 3. バックアップ暗号化を有効にして、フィットネス記録、ヘルス、およびキーチェーンなどのプライベートデータをバックアップします。バックアップを保存するパスを選択し、「バックアップ開始」をクリックしてバックアップを開始します。

バックアップ開始

iPhoneをパソコンに個別バックアップ

ステップ 1. 「データバックアップ」をクリックして、「個別バックアップ」に移動します。

個別バックアップ

ステップ 2. アイコンをクリックしてファイルをプレビューし、必要なファイルを選択して、「OK」をクリックします。

必要なファイルを選択

ステップ 3. バックアップを保存するパスを選択し、「バックアップ開始」をクリックしてファイルをコンピューターに保存します。

バックアップ開始

iCloudでiPhoneのバックアップができない場合の修正方法

鍵は、ネットワークが正常に動作しており、十分なiCloudストレージスペースがあることを確認することです。そうでない場合、iCloudバックアップは失敗します。

解決策1. 安全で高速なWi-FiにiPhoneを接続する

iCloudを使用してiPhoneをバックアップする場合、インターネットがバックアップの成功を決定する主要な要因です。

▶ 高速なWi-FiにiPhoneを接続:高速なWi-Fiを使用すると、iPhoneがデータを安定して転送できます。ネットワークが遅い場合や、バックアップの進行中にiPhoneが数回インターネットから切断された場合、iCloudバックアップは失敗します。
▶ 安全なWi-FiにiPhoneを接続:iOSはユーザーのプライバシーを重視しており、公共のWi-FiにiPhoneを接続すると、iOSがデータの転送を停止します。

解決策2. iCloudストレージをクリアして、iCloudバックアップのサイズを確認する

無料のiCloudストレージはわずか5GBしかありません。iCloudストレージがいっぱいで、iPhoneをiCloudにバックアップできない場合は、不要なデータをiCloudから削除するか、バックアップするコンテンツを減らすか、iCloudストレージプランを変更する必要があります。

▶ iCloudストレージをクリアする:iPhoneの設定に移動し、あなたの名前>iCloud>ストレージを管理して、iCloudストレージの状態を確認します。iCloudの写真や古いiCloudバックアップは、通常、大量のiCloudストレージを消費します。有用なデータがある場合は、それらを削除する前にiCloudバックアップをPCにダウンロードできます。
▶ iCloudバックアップのサイズを確認する:iCloudはiPhoneの設定とアプリのデータをバックアップに保存しますが、すべて保存する必要はありません。iCloud>「ストレージを管理」>「バックアップ」>デバイス名に移動し、保存する必要のないアプリをチェックを外します。

ストレージを管理

解決策3. iTunesを介してiCloudバックアップを有効にする

時々、iPhoneの設定でiCloudバックアップボタンがグレーアウトしていてバックアップできないことがあります。これは、安全でないインターネット接続やシステムのバグによる場合があります。良好なWi-FiにiPhoneを接続する以外にも、iTunesでボタンをオンにすることができます。

▶ iTunesでiCloudバックアップボタンをオンにする:PCまたはMacでiTunesを開き、USBケーブルでiPhoneをiTunesに接続します。左上隅のデバイスアイコンをクリックします。バックアップで「iCloud」をチェックします。「同期」をクリックすると、iCloudバックアップがオンになっていることがわかります。

iCloudバックアップ

iTunesでiPhoneのバックアップができない場合の修正方法

コンピューターに最新バージョンのiTunesがインストールされていることを確認してください。Microsoft StoreからダウンロードしたiTunesは、新しいバージョンがリリースされると通常自動的に更新されます。AppleのウェブサイトからiTunesをダウンロードした場合は、iTunesを開き、ヘルプをクリックし、最新バージョンを確認するを選択してください。

解決策1. iTunesの接続問題を修正する

iPhoneをiTunesにバックアップできない場合は、まずは接続の問題を修正します。これによりiTunesがiPhoneを読み取れるようになります。

▶ USBケーブルとUSBポートをする:物理的な接続が確立されていることを確認してください。iPhoneをPCまたはMacに接続するには、ライトニングケーブルを使用し、USBポートが壊れていないか緩いかを確認してください。
▶ ファイアウォールとウイルス対策を無効にする:iPhoneがPCまたはMacに対する脅威と誤認される場合があるため、バックアップの進行中にファイアウォールとウイルス対策を無効にしてください。
▶ ドライバーを更新する:Apple Mobile Device USBドライバーがPCに接続するために必要です。iPhoneをPCに接続し、「デバイスマネージャー」を開き、「ポータブルデバイス」を展開し、「デバイス」を右クリックし、「ドライバーの更新」をクリックし、自動的に更新されたドライバーソフトウェアを検索してください。その後、iTunesがiPhoneを認識するようになります。

ドライバーの更新

解決策2. iTunesのバックアップ場所を変更する

iTunesは常にiPhoneのバックアップをCドライブに作成します。したがって、Cドライブに十分なスペースがない場合、iPhoneをiTunesにバックアップできません。ただし、Windowsコマンドを使用してiTunesのバックアップ場所を変更できます。

ステップ1. iTunesのバックアップは「C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\ MobileSync」に保存されます。バックアップフォルダーをDドライブなど別の場所にコピーする必要があります。

ステップ2. Windowsキー+Rを押し、「cmd」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ3. 「mklink /J “C:\Users\[PC name]\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\MobileSync”」と入力し、Enterキーを押します。

iTunesのバックアップ場所を変更

解決策3. 古いiTunesのバックアップを削除し、このバックアップを暗号化する

iTunesのバックアップは古いバックアップに影響を受ける可能性があります。互換性のないものがあると、iPhoneのバックアップに失敗することがあります。

▶ 古いバックアップをクリアする:Cドライブに移動して古いバックアップを削除する他、iTunesで直接削除することもできます。iTunesを開き、[編集]をクリックし、「環境設定」を選択し、「デバイス」を選択して、古いバックアップを選択して削除します。
▶ このバックアップを暗号化する:前回のiPhoneのバックアップが暗号化されている場合、このバックアップも暗号化する必要があります。「バックアップする前にローカルバックアップを暗号化する」をチェックしてから「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

ローカルバックアップを暗号化する

結論

iTunesまたはiCloudにiPhoneをバックアップできない場合、この手順ではすべての問題を解決するための6つの解決策を提供しています。また、iTunesやiCloudの問題を回避したい場合は、FoneToolを試してみてください。データバックアップだけでなく、iPhoneとコンピューター、iPhoneとiPhoneのデータ転送もサポートしています。自分でさらに探索してみてください!

問題は解決しましたか?他の人に役立つように共有してください。このガイドを読んだ後に質問がある場合は、コメントを残してお知らせください。できるだけ早くお返事いたします。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>