iPhoneのSafari履歴が削除できない?5つの対処法

iPhoneでSafariの履歴を削除できない?iPhoneからSafariの履歴をワンクリックで消去する便利なトラブルシューティングや代替方法を得るには、このガイドが必要かもしれません。

Zoe by Zoe 更新日 2023年11月14日
共有しよう:

iPhoneのSafari履歴が削除できないですか?

Safariは世界中の数百万人のiPhoneユーザーによって使用されている人気のあるウェブブラウザです。インターネットを閲覧し、ウェブサイトにアクセスし、閲覧履歴を保存する便利な方法を提供しています。しかし、iPhone上でSafariの履歴を削除できない場合があるかもしれません。

この記事では、iPhoneでSafariの履歴を削除できない理由を探り、問題を解決するためのステップバイステップの手順を提供します。

iPhoneでSafariの履歴を削除する方法

もしもiPhoneを初めて使う方で、Safariの履歴をクリアする方法を知らない場合、プロセスに慣れるために、以下の手順が必要なステップを案内します。

ただし、既にプロセスに慣れている場合は、以下の修正方法に進むこともできます。

iPhoneの設定からSafariの履歴を削除する

iPhoneの設定アプリを開きます。スクロールして「Safari」をタップ>「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ>ポップアップウィンドウから再度タップして削除を確認します。

履歴とWebサイトデータを消去

Safariアプリから履歴を削除する

また、iPhoneのSafariアプリで特定の期間の検索データを消去することもできます。

Safariアプリで、画面の下部にあるブックマークアイコンを選択>履歴タブに切り替えます。「消去」をタップし、「直近1時間」、「今日」、「今日と昨日」、または「すべて」など時間の範囲を選択します。

期間を選択

なぜSafariの履歴を削除できないのでしょうか?

「なぜSafariの履歴を削除できないのか」と思うかもしれません。iPhone上でSafariの履歴を削除できない理由はいくつか考えられます。

ソフトウェアのグリッチ:Safariに一時的なグリッチやバグが発生し、ブラウジング履歴の削除ができない場合があります。
制限の有効化:iPhoneで制限が有効になっている場合、Safariの履歴を削除する機能が制限される可能性があります。
iCloudと同期されたウェブサイトデータ:SafariデータのiCloud同期が有効になっている場合、ブラウジング履歴は複数のデバイス間で保存および同期される場合があります。そのような場合、1つのデバイスで履歴を削除しても他のデバイスに反映されない場合があります。
破損したSafariキャッシュ:破損したキャッシュは、Safariの履歴の削除に問題を引き起こす可能性があります。キャッシュされたデータが削除プロセスに干渉することがあります。

iPhoneでSafariの履歴を削除できない場合の修正方法

正しい方法でSafariの履歴を削除しても、Safariの履歴を削除できない場合は、以下の修正方法を試してみてください。

制限設定を確認する

もしもiPhoneの設定に移動した際に「Safariの履歴を消去」がグレーアウトしている場合、おそらくウェブコンテンツの制限が設定されています。以下の手順に従って確認し、スクリーンタイムの制限を無効にします。

ステップ1. iPhoneの設定アプリで、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。

ステップ2. 聞かれたらスクリーンタイムのパスワードを入力>ウェブコンテンツを選択>「制限なし」のオプションを選択します。

コンテンツとプライバシーの制限

iPhoneを強制再起動する

一時的なグリッチやバグが原因で問題が発生している場合、簡単な強制再起動で解決することができます。iPhoneのモデルに応じて適切な手順で強制再起動を選択できます。

  • iPhone 8以降:音量+ボタンを素早く押してリリースします。同じ操作を音量-ボタンに行い、Appleロゴが表示されたらサイドボタンを押してリリースします。
  • iPhone 7/7 Plus:音量-ボタンと電源ボタンを同時に押し続けます。Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。
  • iPhone 6s以前:電源ボタンとホームボタンを数秒間押し続けます。Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。

iCloudの同期を無効にする

もしもiPhoneのSafariが履歴を削除できない場合、iCloudの同期設定を確認して問題を解決できます。iCloudを使用している場合、ブックマーク、読み込みリスト、および閲覧履歴がすべてのAppleデバイス間で自動的に同期されます。

通常は問題を引き起こしませんが、時折問題が発生し、アイテムがiPhoneやiPadの閲覧履歴に再表示されることがあります。

SafariのためのiCloud同期を無効にする手順

ステップ1. iPhoneの設定アプリに移動>Apple IDをタップ>iCloudを選択します。

ステップ2. すべてを表示をタップ>iCloudを使用しているアプリページで、Safariの横にあるスイッチをオフに切り替えます。

Safari

ネットワーク設定をリセットする

iPhoneでSafariの履歴を削除できない問題は、壊れたネットワーク設定や構成のためかもしれません。これらの設定をデフォルト値にリセットすることで問題を解決できるかもしれません。以下の手順に従って行ってください。

iPhoneの設定アプリを開きます。「一般 」 > 「転送またはiPhoneをリセット」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」を選択>パスワードを確認して確認します。

ネットワーク設定をリセット

最新のiOSにアップデートする

古いバージョンのiOSを使用している場合、バグやエラーを回避するためにiOSまたはiPadOSを最新バージョンにアップデートすることをおすすめします。この中にはSafariの履歴が削除できないという問題も含まれます。

iPhoneの設定に移動し、「一般」を選択>「ソフトウェア・アップデート」を選択>アップデートが利用可能な場合は、「ダウンロードしてインストール」をタップします。

ダウンロードしてインストール

おまけ:iPhoneのSafari履歴を一括削除する方法

Safariの履歴を削除できない場合や手間をかけずに解決したい場合、FoneToolはiPhoneのSafariデータを一括削除する便利なオプションを提供しています。

FoneTool

👍 一括削除:FoneToolは複雑なタップやクリックなしでSafariのすべての履歴を削除するのに役立ちます。

👍 永久削除:Safariの履歴を削除すると、復元することなく永久に削除されます。

👍 ファイルの種類を削除:Safariの履歴以外にも、FoneToolは連絡先、動画、通話履歴、カレンダーなどをクリアすることができます。

👍 幅広い互換性:FoneToolはiPhone、iPad、iPodなどの機種でうまく動作します。Windows 11/10/8/7/XPと完全に互換性があります。

無料ダウンロードWin 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

FoneToolをコンピュータにダウンロードし、iPhoneからSafariの履歴を一括削除するための3つの簡単なステップに従ってください。

ステップ1. iPhoneをUSBでコンピュータに接続します。FoneToolを起動し、「ツールボックス」をクリック>「データ消去」を選択します。

データ消去

ステップ2. 「個人情報を消去」をクリック>「スタート」をクリックします。

個人情報を消去

ステップ3. Safariの履歴を選択します。必要な場合は、永久削除のためにディープイレーステクノロジーを有効にします。削除を開始します。

消去開始

まとめ

iPhoneでSafariの履歴を削除しようとする際に問題が発生すると、イライラします。ただし、この記事で提供したステップバイステップの手順に従ったり、修正方法を試したりすることで、問題を克服することができるはずです。

また、便利で効率的な方法をお好みの場合、FoneToolはiPhoneでSafariの履歴を一括削除するためのワンクリックソリューションを提供しています。FoneToolを使用して、Safariの履歴を正常に削除し、iPhoneで清潔な検索体験を確保できることを願っています。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>