【最新】WhatsAppメッセージ取り消しマスターガイド

WhatsAppでのメッセージ送信取り消しは一瞬のうちに行われます。時間制限や利点・制限を理解し、失敗を未然に防ぎましょう。iPhoneとAndroidデバイスでの具体的な手順も解説します。スマートなコミュニケーション術を手に入れましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月29日
共有しよう:

WhatsAppは利用者に便利な機能を提供し、その中でもメッセージ送信取り消しは注目を集めています。この記事では、その利点や制約に焦点を当て、ユーザーが機能を最大限に活用するための手順やヒントを紹介します。

WhatsAppメッセージ送信取り消し機能の基本

WhatsAppのメッセージ送信取り消し機能は、利用者にとって非常に便利で役立つツールです。しかし、その使用にはいくつかの制約が存在し、ユーザーはこれらを理解して機能を最大限に活用する必要があります。

1. メディアファイルの取り消し不可:画像や動画などのメディアファイルは取り消しの対象外となります。ユーザーはテキストメッセージにのみ機能が適用されます。

2. 取り消し可能な時間枠:送信後の時間帯には制限があり、一定の時間が経過するとメッセージの取り消しができなくなります。WhatsAppユーザーはメッセージ送信後、2日以内であればメッセージの削除ができるようになります。以前は、送信後1時間8分16秒以内に削除する必要がありました(メッセージ送信取り消し機能の時間制限は、送信した時間帯によっても異なる可能性があります。具体的な時間枠はWhatsAppの最新バージョンや利用状況により変動するため、最新情報を確認しておく必要があります)。

WhatsAppメッセージ送信取り消し

3. 特定の状況による利用の可否メッセージ送信取り消し機能は、受信者がメッセージをまだ読んでいない場合にのみ有効です。既読になったメッセージは取り消すことができません。相手の状況を考慮して取り消しの可否を判断する必要があります。

これらの制約を理解することで、ユーザーはメッセージ送信取り消し機能を効果的に利用できます。機能の範囲内で適切に活用し、コミュニケーションの品質を向上させるためには、これらのポイントを把握しておくことが重要です。

WhatsAppメッセージ送信取り消し機能の使い方

WhatsAppのメッセージ送信取り消し機能を効果的に利用するためには、対応デバイスごとに異なる手順を理解することが重要です。以下に、iPhoneおよびAndroidデバイスでの取り消し手順とグループチャット内での利用方法をスクリーンショットとともに解説します。

1. iPhoneでの取り消し手順

  • 送信したメッセージを長押しします。
  • ゴミ箱マークを選択します。
  • 「自分だけ削除」と「全員分を削除」と表示が出るので、「全員分を削除」を選びます。

2. Androidデバイスでの取り消し手順

  • 送信したメッセージを長押しします。
  • 右上の「ゴミ箱アイコン」をタップしてメッセージを取り消します。
  • 「自分だけ削除」と「全員分を削除」と表示が出るので、「全員分を削除」を選びます。

3. グループチャット内での利用方法

  • グループチャット内で送信したメッセージを長押しします。
  • 「取り消す」オプションが表示されるので、これを選択します。

※相手の画面にも、「このメッセージは削除されました」という表示が出ます。

これらの手順を理解することで、ユーザーはiPhoneとAndroidデバイスでメッセージ送信取り消し機能をスムーズに利用できます。グループチャット内でも同様の手順が適用され、誤送信や誤った情報の修正が容易になります。

WhatsAppメッセージ送信取り消し機能の利点とデメリット

WhatsAppのメッセージ送信取り消し機能は便利なツールですが、その利用には慎重な考慮が必要です。以下に、利点とデメリットをバランスよく理解し、ユーザーが機能を使いこなすためのポイントを提供します。

利点:

  • 誤送信の回避: 誤って送信したメッセージを取り消すことができ、相手に届く前に修正できます。
  • プライバシーの保護: 取り消したメッセージは相手に表示されず、プライバシーを守るのに役立ちます。
  • 情報の正確性: 誤った情報をすばやく修正できるため、正確な情報伝達が可能です。

デメリット:

  • 取り消し制限: 送信後の時間帯に制限があり、一定の時間が経過するとメッセージを取り消せなくなります。
  • 相手の気づき: メッセージを取り消したことが相手に通知され、相手が一部の内容を確認してしまう可能性があります。
  • グループチャットへの適用: グループチャットでの取り消しは、他のメンバーに通知されるため注意が必要です。

使いこなすためのポイント:

  • 迅速な対応: 誤送信に気づいたら素早く取り消し手順を実行しましょう。
  • 制限時間の把握: 取り消し可能な時間帯を把握し、時間内に適切な対応を心掛けましょう。
  • 相手への説明: 相手に通知が行く場合、取り消し理由を説明すると誤解を防げます。

以上の利点とデメリット、そして使いこなすためのポイントを把握することで、WhatsAppのメッセージ送信取り消し機能を有効に活用できます。

WhatsAppメッセージをiPhoneに復元する方法

FoneToolはiPhone用のプロのWhatsAppバックアップ&復元ソフトウェアです。

ステップ 1. FoneToolをPCにダウンロードし、インストールします。

ステップ 2. FoneToolを実行します。左ペインで「WhatsAppマネージャー」をクリックします。カーソルを「WhatsAppバックアップ」に合わせます。「スタート」をクリックします。

WhatsAppをバックアップ

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」をクリックして、バックアップファイルの保存場所を選択することができます。「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

ステップ 4. バックアップが完了するのを待ちます。完了後、ターゲットiPhoneをコンピュータに接続します。

ステップ 5. 「バックアップ履歴」に移動して、「復元」アイコンをクリックするとWhatsAppバックアップがターゲットiPhoneに復元されます。

バックアップ履歴

まとめ

WhatsAppメッセージの取り消しは、手間いらずで瞬時に行える重要な機能です。この機能の利用には時間的制約や対応するメッセージの種類の理解が必要です。iPhoneとAndroidデバイスでのステップも含め、失敗のないメッセージ取り消しの方法を解説します。スマートなコミュニケーションを実現するための手引きです。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>