iOS 17ベータ版認証に失敗した時の5つの対処法

iOS 17ベータ版の認証に失敗した時の対処法をご存知ですか?投稿で答えを見つけてください。そして、FoneToolを使用して、問題を解決するためにiPhoneを完全にバックアップし、工場出荷時にリセットすることができます。

Zoe by Zoe 更新日 2023年10月31日
共有しよう:

iOS 17ベータ版認証に失敗した

iOS 17は、iPhoneの個人設定とユーザーフレンドリーさを向上させます。このアップデートでは、コミュニケーションアプリに大幅な改善がもたらされ、AirDropを使用したファイル共有がシンプルになり、スマートなテキスト入力機能が導入され、JournalとStandByの新しい機能も提供されます。

iOS 17にアップデートすることで、iPhoneを使用する際のエクセレントな体験が提供されますが、一部のユーザーはiOS 17ベータにアップデートした後、サーバーへの接続に問題があるというエラーメッセージに遭遇することがあります。「認証に失敗しました。サーバーに接続できませんでした。」この問題を解決する方法を知っていますか?以下のテキストで解決策を見つけてください。

iOS 17ベータ認証エラーの修正方法

iPhoneでiOS 17の更新エラー、例えばiOS 17ベータ3の認証エラーが表示された場合、以下の方法を試して問題を解決できます。

解決策1. iPhoneを再起動する

一時的なiPhoneの問題については、再起動で解決できることが多いです。使用しているモデルに基づいて、適切な方法でiPhoneを再起動できます。

  • iPhone X以降の場合:ボリュームボタンとサイドボタンを同時に押し続けて、電源オフスライダーが表示されるまでスライダーを右にドラッグしてデバイスの電源を切ります。
  • iPhone 6/7/8またはSE(第2世代または第3世代)の場合:電源オフスライダーが画面に表示されるまでサイドボタンを押し続け、スライダーを右にドラッグしてiPhoneの電源を切ります。
  • iPhone SE(第1世代)/5またはそれ以前の場合:トップボタンを押し続け、電源オフスライダーが表示されたら、デバイスを切断します。

その後、Appleロゴが表示されるまでサイド/トップボタンを押し続けて、iPhoneを再起動できます。

解決策2. 機内モードを有効にする

ソフトウェアのアップデートに失敗した場合、機内モードを有効にして無効にすることで、エラーを修正できることがあります。

機内モードアイコンをタップするためにコントロールセンターに移動できます。

  • Face IDを備えたiPhoneの場合:画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを起動します。
  • Touch IDを備えたiPhoneの場合:任意の画面の下端から上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

または、設定に移動し、機内モードを選択し、オプションをクリックして有効にすることもできます。

機内モード

しばらくしたら、同じ場所に戻り、機内モードを無効にすることができます。エラーは修正されるかもしれません。

解決策3. Siriを使用してAirplaneモードを有効にする

機内モードを手動で有効にできない場合、Siriに頼んで有効にすることができます。

"Siri"を呼び覚ますには、"Hey, Siri"と言うか、電源ボタンを1秒間押し続けてから、iPhoneにAirplaneモードを有効にするように伝えます。

解決策4. SIMカードを取り外し、ルーターをオフにする

物理的なSIMカードを使用しているiPhoneモデルの場合、iOS 17ベータの認証エラーを修正するためにこの方法を使用できます。

ステップ1. SIMカードトレイを見つけます。

  • iPhone Xおよび新しいモデルの場合:SIMカードトレイは通常、デバイスの右側にあります。
  • iPhone 8およびそれ以前のモデルの場合:モデルによって異なりますが、通常はデバイスの右側または上端にあります。

ステップ2. SIMカードイジェクターツールまたはクリップを使用してトレイを開き、カードを取り出します。その後、ルーターの電源を切断する必要があります。

注意:
ルーターの電源を切断できない場合、Wi-Fiネットワークへの接続を防ぐためにそのカバーエリアから離れるだけで、電話が接続されないようにすることができます。

ステップ3. その後、iPhoneを再起動できます。ホーム画面に戻ったら、再びWi-Fiに接続し、SIMカードを挿入できます。

解決策5. データ損失なしでiPhoneを工場出荷状態にリセット

前の解決策を試してもiOS 17のアップデートに問題が残る場合、データを消去する前にデータをバックアップすることをお勧めします。なぜなら、この操作はiPhoneのすべてのデータを消去するためです。

その後、FoneToolのようなプロフェッショナルなソフトウェアを使用して、データのバックアップとリセットプロセスを簡素化できます。

★ 個別または完全バックアップ:消去前に、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージを個別バックアップするか、iPhoneを完全にバックアップしてデータを失わないようにできます。
★ ユニバーサルリストア:ワンクリックでiPhoneのすべてのバックアップを別のiOSデバイスに簡単に復元できます。
★ 異なるApple ID間でデータを転送:2つのiOSデバイス間でファイルを選択的に転送するか、異なるApple IDを持つ新しいiPhoneに古いiPhoneデータをすべて移動できます。
★ 完全消去技術:この機能を使用すると、iPhoneのデータを完全に削除でき、それ以上復元できなくなります。
★ 個人データを削除:iPhoneを工場出荷状態にリセットするだけでなく、iPhone上の写真、ビデオ、連絡先、Safariの履歴などを削除するオプションも選択できます。iPhone上の読み取り専用連絡先を削除するのは簡単です。

FoneToolをダウンロードして、iPhoneのデータを完全にバックアップして工場出荷状態にリセットする方法を学びましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

iPhoneを完全バックアップ

ステップ1. PC上でFoneToolを起動します > USBケーブルを使用してiPhoneをコンピュータに接続します。

ステップ2. 「データバックアップ」を選択します。「完全バックアップ」に移動し、「バックアップ開始」をクリックします。

「完全バックアップ

ステップ3. バックアップの暗号化を有効にするかどうかを確認します。その後、バックアップを保存するための保存場所を選択し、タスクを開始するために「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

その後、データ損失の心配なしでiPhoneを簡単に消去できます。

iPhoneを工場出荷時設定に戻す

ステップ1. メイン画面で「ツールボックス」をクリック>「データ消去」を選択します。

データ消去

ステップ2. 「すべてのデータを消去」を選択し、「スタート」をタップします。

すべてのデータを消去

ステップ3. 画面の指示に従って、「データ消去」ボタンをタップして選択を確認します。

データ消去

消去後、問題が解決されるかもしれません。その後、「バックアップ履歴」に移動してiPhoneのバックアップを復元できます。

バックアップ履歴

 

要約

iOS 17ベータの認証に失敗する問題を修正するための5つの方法があります。どれが最も役立つかを確認するために、それぞれを試すことができます。すべての方法が効果的でない場合、iPhoneを工場出荷時の設定にリセットするためにFoneToolを使用できます。そして、このプロセスの前にiPhoneデータを十分にバックアップすることを忘れないでください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>