iOS 17のロック画面のバグを修正するための完全ガイド

iOS 17のロック画面のバグが発生すると、音楽コントロール、カメラアプリ、天気ウィジェットが正しく機能しなくなる可能性があります。この完全なガイドでこれらのバグを効率的に解決するための答えを見つけることができます。

Zoe by Zoe 更新日 2023年11月15日
共有しよう:

iOS 17ロック画面にバグが発生したら、どうしますか?

iOS 17のリリースにより、AirDropを使用したスムーズな共有、スマートなテキスト入力機能、JournalとStandByの新しい機能など、多くの良い体験がユーザーにもたらされました。

しかし、iOS 17へのアップデートはロック画面のバグなど多くの問題ももたらしました。それらがiPhoneのロック画面に表示されると、一部の機能が正常に機能しなくなることがあります。

ロック画面で音楽コントロールが表示されないことがあります。
カメラアプリ内の被写界深度効果がロック画面では機能しないことがあります。
ロック画面から天気ウィジェットが消えることがあります。 上記のiOS 17のロック画面の動作しない問題に遭遇した場合、以下の方法が問題を解決するのに役立ちます。

音楽コントロール内のiOS 17のロック画面のバグを修正

iPhoneのロック画面から音楽コントロールが表示されない場合、修正方法が2つあります。

iPhoneを再起動する

電話を再起動することで、iPhoneロック画面に表示される一時的な問題を解決するのに役立つことがあります。

  • iPhone X以降の場合:いずれかの音量ボタンとサイドボタンを同時に押し続けて、電源オフスライダーが表示されるまで押し続けます。電源オフスライダーを右にドラッグしてデバイスの電源を切ります。
  • iPhone 6/7/8またはSE(第2/3世代)の場合:画面に電源オフスライダーが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。スライダーを右にドラッグしてiPhoneの電源を切ります。
  • iPhone SE(第1世代)/5またはそれ以前の場合:トップボタンを押し続けます。電源オフスライダーが表示されると、スライダーをドラッグしてデバイスの電源を切ります。

30秒後、Appleロゴが表示されるまでサイド/トップボタンを押し続け、iPhoneを再起動します。

注意:
iPhoneを再起動することで、「iOS 17のロック画面が黒い」といったロック画面の問題、「iOS 17がこんにちは画面から進まない」といった問題も解決できるかもしれません。

ロック画面ウィジェットと今日の表示を再度有効にする

ステップ 1. iPhoneの設定アプリに移動>「Face IDとパスコード」(または古いデバイスの場合はTouch ID とパスコード)を選択>パスコードを入力して確認>「今日の表示」と「ロック画面ウィジェット」のオプションをオフにします。

Face IDとパスコード

ステップ 2. その後、設定アプリを終了し、iPhoneを再起動します。 30秒後、デバイスの電源を入れてステップ1で言及された操作を繰り返してオプションを有効にします。

音楽ストリーミングアプリの通知を再度有効にする

通知を一時的に無効にして再度有効にすることで、ロック画面の音楽プレーヤーに影響を及ぼす可能性のある背後での競合やキャッシュの問題を解消できます。設定アプリに移動>「通知」を選択>使用している音楽アプリを選択し、通知を許可しないオプションをオフにします。

その後、設定アプリを終了し、しばらくしてからオプションを有効にするためにページに戻ります。

カメラアプリ内のiOS 17ロック画面の問題を修正

iPhoneのカメラアプリで被写界深度効果が正常に機能しない場合、以下の手順に従ってトラブルシューティングできます。

カメラの設定を確認

この状況では、カメラアプリ内でポートレートモードが有効であることを確認する必要があります。

カメラアプリを起動>ポートレートモードに切り替えて写真を撮影して、被写界深度効果を確認します。

iOSをアップデート

時折、問題は古いiOSシステムに起因することがあります。したがって、iPhoneが最新のiOSシステムを実行していることを確認する必要があります。

設定アプリに移動>「一般」を選択>「ソフトウェア・アップデート」を選択して確認します。利用可能なアップデートがある場合、ソフトウェアをダウンロードしてインストールすることができます。

ダウンロードしてインストール

これらの2つの方法が効果がない場合、第1部で言及されている手順に従ってiPhoneを再起動して、問題が解決するかどうかを確認できます。

天気ウィジェット内のiOS 17ロック画面のバグを修正

ロック画面から天気ウィジェットが消えた場合、場所情報へのアクセスを許可するために設定アプリに移動するか、Weatherアプリを起動することができます。

位置情報サービスをチェック

単に設定アプリに移動>プライバシーを選択>「位置情報サービス」をクリックして、天気アプリがアクセスできるかどうかを確認します。できない場合は、設定を「常に」に変更します。

位置情報サービス

Weatherアプリを再インストール

問題を解決するために天気アプリを削除して再インストールしてみることもできます。また、まずApp Storeにアクセスして保留中のアップデートがあるかどうかを確認することが良いです。該当する場合は、アプリをアップデートしてみてください。これが効果がない場合は、アプリを削除して再インストールしてみてください。

おまけ:iPhoneデータを管理するための最適なソフト

Windows PCでiPhoneデータを管理する必要がある場合、ユーザーフレンドリーなFoneToolが強力なアシスタントとなります。

★ 完全または個別バックアップ:FoneToolを使用して、すべてのiPhoneデータを完全にバックアップするか、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージを選択的にバックアップできます。
★ ユニバーサル復元:iPhoneのバックアップを別のiPhone/iPadに簡単に復元できます。
★ Apple IDの制限なし:2つのApple IDを持っている場合やApple IDとパスワードを忘れた場合に、FoneToolはiPhoneからiPhoneへのデータ転送を容易にサポートします。
★ データ消去:メッセージ、連絡先、写真、ポッドキャストなどを簡単に削除したり、iPhoneを工場出荷時の設定に一度にリセットしたりできます。
★ 幅広い互換性:FoneToolは、iPhone 4からiPhone 15、iPad、iPod Touch、および最新のiOS 17を含むさまざまなiOSデバイスをサポートしています。

今、FoneToolをWindows PCにダウンロードしてインストールし、iPhoneからPCにデータを転送する方法を学んでください。ここでは写真の転送を例に説明します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ1. iPhoneを信頼性のあるUSBケーブルでPCに接続します。iPhoneとコンピューターの接続を確立するのは初めての場合は、iPhoneでTrustをタップする必要があるかもしれません。

ステップ2. FoneToolを起動し、「データ転送」オプションを選択>「iPhoneからPC」へマウスを移動し、「転送開始」をクリックします。

iPhoneからPC

ステップ3. プラスアイコンをクリック>写真アイコンを選択し、他のアイコンは選択解除>転送したい写真をプレビューして選択し、OKをタップします。

写真をプレビューして選択

ステップ4. 「転送設定」をクリックして保存パスを選択>タスクを開始するために「転送開始」を選択します。

転送開始

注意:
豊富な機能を備えたFoneToolを使用して、iPhone上の重複した写真を簡単に見つけて削除することもできます。

結論

この文章から、iOS 17のロック画面のバグを修正する方法がわかります。iPhoneデータを管理するための便利なツールが必要な場合、FoneToolは大いに役立ちます。上記で言及されている機能に加え、WhatsAppやWhatsApp Businessが正常に機能しない場合でも、FoneToolを使用してWhatsAppをバックアップできます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>