【必見】WhatsAppで知らない人からメッセージがくる理由とブロック方法

この記事では、WhatsAppで知らない人からのメッセージがくる危険性について詳しく解説し、基本的な対処法からブロック手順までを紹介します。更に、2段階認証の有効化や最新のセキュリティ機能の利用など、WhatsAppアカウントを安全に保つ方法も紹介します。WhatsAppユーザーはぜひ一読してセキュリティ意識を高めましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月29日
共有しよう:
 

WhatsAppで知らない人からメッセージがくる

WhatsAppのメッセージに知らない人からメッセージが来ました。これまでに2回、香港からです。香港に知り合いはいません。とりあえず会話を削除しました。 特定の友達としかやり取りしないので、登録連絡先以外の着信を拒否したいのですが、そのようなやり方があればご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

- Yahoo知恵袋からの質問

WhatsAppで知らない人からメッセージがくる

WhatsAppは世界中で広く利用されているメッセージングアプリですが、知らない人からのメッセージが増加しています。この記事では、そのリスクに焦点を当て、ユーザーが安全にWhatsAppを利用するための手段を提供します。

WhatsAppで知らない人からメッセージがくる危険性

知らない人からのメッセージは、WhatsAppユーザーにとって潜在的な危険をはらんでいます。

  • フィッシング詐欺: 攻撃者は、偽のアカウントを作成して本物の友達や機関になりすまし、個人情報やアカウントのアクセスを詐取しようとします。これにより、重要なデータが漏れる可能性があります。
  • スパムメッセージ: 不審なリンクや広告が含まれているメッセージは、スパムの可能性があります。これにより、ユーザーが有害なウェブサイトに誘導され、マルウェアに感染する可能性があります。
  • プライバシーの侵害: 知らない人からのメッセージには、個人のプライバシーが侵害される可能性があります。攻撃者がユーザーの個人情報を収集し、悪用する可能性があります。
  • 精神的なストレス: 知らない人からの嫌がらせや脅迫的なメッセージは、ユーザーに精神的なストレスをもたらす可能性があります。これは、安全なオンライン環境を損なう要因となります。
  • 不正なリクエスト: 攻撃者は、ユーザーに対して不正な取引や送金を要求することがあります。これに応じると、ユーザーは経済的な損失を被る可能性があります。

なぜWhatsAppに知らない人からメッセージがくるか?

WhatsAppに知らない人からメッセージが届く理由はさまざまです。以下はその主な要因です。

  • 電話番号の公開: WhatsAppは電話番号を利用してユーザー同士をつなげるため、他のユーザーが電話番号を知っていればメッセージを送信できます。
  • グループ参加: ユーザーが共通のグループに参加している場合、グループ内で他のメンバーが直接メッセージを送信できます。
  • 公開プロフィール: WhatsAppのプロフィールが一般公開されている場合、他のユーザーはそのプロフィールを見てメッセージを送ることができます。
  • スパムやフィッシング: 不正な行為者がスパムやフィッシング攻撃の一環として、ランダムにまたは特定のユーザーに対してメッセージを送信することがあります。
  • 誤送信: ユーザーが間違って電話番号を入力したり、誤ってメッセージを送信した結果、知らない人からメッセージが届くことがあります。

これらの理由から、ユーザーは注意が必要であり、プライバシー設定やセキュリティ対策を確認することが重要です。

WhatsAppで知らない人からメッセージをブロックする方法

それでも知らない人からのメッセージが続く場合、ブロック機能を利用するべきです。 WhatsAppでは、不要なメッセージをブロックすることができます。メッセージを受け取った相手のプロフィールに移動し、ブロックオプションを選択します。

WhatsAppで知らない人からのメッセージをブロックする方法は以下の通りです。

  • 不明な人物からのメッセージを受け取ったら、そのメッセージをタップしてメッセージ画面に移動します。
  • メッセージ画面で、右上または左上にある相手の名前や番号をタップして、相手のプロフィール画面を開きます。
  • 相手のプロフィール画面に移動したら、右上にある「...」アイコンをタップしてメニューを開きます。メニューから「ブロック」オプションを選択します。
  • ブロックオプションを選択すると、確認のポップアップが表示されます。このポップアップで「ブロック」ボタンをタップして、相手をブロックします。

以上の手順で、知らない人からのメッセージをブロックすることができます。ブロックされた相手は、あなたのプロフィールを見ることができず、新たなメッセージを送信できなくなります。

また、友達のみにメッセージを受け付けることができます。 プライバシー設定で「連絡先」または「友達のみ」からのメッセージを受け付けるように設定することで、知らない人からのメッセージを制限できます。

WhatsAppのセキュリティを強化する方法

WhatsAppのセキュリティを強化するための追加のステップには、以下のポイントがあります。

  • 2段階認証を有効にする:WhatsAppでは、アカウントへの不正アクセスから守るために2段階認証を有効にできます。設定メニューから「アカウント」→「2段階認証」に進み、指示に従って2段階認証を設定します。これにより、パスコードを知らない限り、誰もがアカウントにアクセスできなくなります。
  • 安全なパスワードの使用:2段階認証の際には、セキュリティの高いパスワードを使用することが重要です。英数字や記号を含め、他のオンラインサービスのパスワードとは異なるものを選びましょう。
  • セキュリティ機能の最新化:WhatsAppは定期的にアプリのアップデートを行っており、セキュリティ機能が向上することがあります。常に最新のバージョンにアップデートすることで、新しいセキュリティ機能を利用できます。
  • 不審な活動を報告:もし不審なメッセージやアクティビティがあれば、WhatsAppのサポートに報告することができます。WhatsAppはユーザーの安全を重視しており、不正行為に対する対策を講じています。

これらのステップを実践することで、WhatsAppアカウントのセキュリティを一層強化できます。

WhatsAppチャットをiPhoneに復元する方法

FoneToolはiPhone用のプロのWhatsAppバックアップ&復元ソフトウェアです。すべてのWhatsAppデータをWindows 11、10、8、7コンピュータに簡単にバックアップし、iPhoneに復元することができます

ステップ 1. FoneToolをPCにダウンロードし、インストールします。

ステップ 2. FoneToolを実行します。左ペインで「WhatsAppマネージャー」をクリックします。カーソルを「WhatsAppバックアップ」に合わせます。「スタート」をクリックします。

WhatsAppをバックアップ

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」をクリックして、バックアップファイルの保存場所を選択することができます。「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

ステップ 4. バックアップが完了するのを待ちます。その後、「バックアップ履歴」に移動できます。ターゲットiPhoneをコンピュータに接続し、「復元」アイコンをクリックするとWhatsAppバックアップがターゲットiPhoneに復元されます。

バックアップ履歴

まとめ

WhatsAppで知らない人からのメッセージには潜在的な危険が潜んでいます。この記事では、そのリスクに焦点を当て、基本的な対処法からメッセージのブロック手順までを詳しく解説。また、ユーザーが安全に利用するための追加のステップやセキュリティ強化のポイントについても紹介します。WhatsAppを安全に使いたいユーザーは必見の内容です。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>