iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去とどうなるか?

この記事では、iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去とどうなるかについて紹介しています。目的やメリットの理解、データのバックアップから手順の把握、FoneToolの利点まで、安心して操作するための具体的なステップを解説しています。データセキュリティとデバイスのリフレッシュを両立させ、快適なiPhone利用を実現しましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月26日
共有しよう:

iPhoneユーザーの中には、デバイスのパフォーマンス向上やデータのセキュリティを確保するために、「すべてのコンテンツと設定を消去」することを検討する方も多いでしょう。iPhoneの「すべてのコンテンツと設定を消去」の目的とメリットとは何か、この操作を行うとどのようなデータや設定が削除され、どのような影響があるのか正確に理解することが重要です。

iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去とどうなる

iPhoneの「すべてのコンテンツと設定を消去」の目的とメリット

「すべてのコンテンツと設定を消去」は、iPhoneのデータを完全にクリーンにするために行われる操作であり、様々なシナリオで利用されています。以下に、この操作の主な目的とメリットを解説します。

  • データの完全な削除:「すべてのコンテンツと設定を消去」は、個人情報やアプリケーションデータなど、デバイス内のすべてのデータを完全に削除します。これにより、デバイスを他者と共有する際や販売前にプライバシーを確保することができます。
  • デバイスのリフレッシュ:長期間使用したり、動作が不安定になった場合、ファクトリーリセットを行うことでデバイスをリフレッシュできます。これにより、動作の安定性が向上し、快適な利用が期待できます。
  • 購入前のクリーンアップ:iPhoneを売却または再販する前に「すべてのコンテンツと設定を消去」することで、新しい所有者にクリーンな状態でデバイスを提供できます。これはセキュリティを向上させるだけでなく、デバイスの二次利用を円滑に行う手段でもあります。
  • セキュリティ向上:特に個人情報や機密データが含まれる場合、ファクトリーリセットはデータのセキュリティを向上させる手段として重要です。情報漏洩や不正アクセスのリスクを最小限に抑えるために利用されます。
  • データの復元を防止:万が一、デバイスが紛失や盗難に遭った場合、ファクトリーリセットを行うことでデータの復元を防止できます。これはデバイスの所有者がデータの不正利用を未然に防ぐための対策となります。

以上が、「すべてのコンテンツと設定を消去」の主な目的とメリットです。利用者はこれらのポイントを考慮し、適切なタイミングでファクトリーリセットを行うことで、デバイスの管理とセキュリティを確保できます。

iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去とどうなる?

「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行すると、以下のデータと設定が完全に削除されます。利用者は注意深くこの操作を行う前に、重要なデータのバックアップを取ることを強くお勧めします。

1. 写真と動画:デバイス内のすべての写真と動画が削除されます。これにはカメラロールやアルバム内のメディアが含まれます。

2. 連絡先とメッセージ:連絡先情報やメッセージ履歴が完全に削除されます。これには通話履歴やメッセージアプリのデータが含まれます。

3. アプリとそのデータ:インストール済みのアプリケーションとそれに関連するデータが削除されます。これにはアプリ内の設定やログイン情報も含まれます。

4. Wi-Fi設定:登録されているWi-Fiネットワークの設定情報がクリアされます。再度接続するには再設定が必要です。

5. アカウントとパスワード:iCloudやApple IDなどのアカウント情報とそれに関連するパスワードが削除されます。

6. 設定と構成:デバイスの設定や構成が初期化され、基本的な設定に戻ります。

7. セキュリティ設定:Touch IDやFace IDなどの生体認証情報が削除され、ロックスクリーンの設定がデフォルトに戻ります。

8. Apple Payとクレジットカード情報:Apple Payに登録されているクレジットカード情報などが削除されます。

9. その他のデータ:ブラウジング履歴、クッキー、キャッシュなどの一部のデータも削除されます。

注意:ファクトリーリセットを行うと、デバイス内のすべてのデータが永久に削除されます。この操作は慎重に行い、重要なデータのバックアップを事前に取っておくことが重要です。

iPhoneのすべてのコンテンツと設定を消去する方法

iPhoneで「すべてのコンテンツと設定を消去」するには、以下の手順に従ってください。

消去する前の準備事項

この操作はデバイス内のすべてのデータを消去しますので、慎重に行う必要があります。事前に重要なデータのバックアップを取ることをお勧めします。

1. バックアップの作成

プロのiPhoneバックアップソフトであるFoneToolを利用して、iPhoneを簡単かつ迅速にバックアップにすることができます。FoneToolのiPhoneバックアップ機能のメリット:

  • 完全バックアップ: FoneToolはiPhone全体を一括でバックアップできるため、デバイス全体の復元が容易です。
  • 個別データバックアップ: 写真、動画、音楽など、個別にデータを選んでバックアップできる機能があります。必要なデータだけを保存できます。
  • 直感的なインターフェース: FoneToolは使いやすく直感的なインターフェースを提供し、初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応しています。
  • 高いセキュリティ: FoneToolはデータの安全性を重視し、高いセキュリティ機能を備えています。バックアップデータは復元時にも安全に利用できます。
  • 高速なバックアップ: FoneToolは高速なデータ転送を実現し、迅速なバックアップが可能です。

FoneToolを使用することで、iPhoneのデータを効率的かつ安全にバックアップできます

FoneToolを使ったiPhoneバックアップの手順

FoneToolを公式ウェブサイトからダウンロードし、インストールします。

ステップ 1. FoneToolを起動し、iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。デバイスが認識されると、ホーム画面にデバイスの基本情報が表示されます。

ステップ 2. FoneToolのメニューから「個別バックアップ」または「完全バックアップ」モードを選択します。

  • 個別バックアップは写真、動画、音楽などを個別に選択してバックアップできる機能です。
  • 完全バックアップはデバイス全体を一括でバックアップします。

ステップ 3. バックアップするデータの種類を選択します。写真、動画、音楽、連絡先、メッセージなど、個別に選んで保存できます。

ステップ 4. バックアップファイルを保存する場所を指定します。外付けHDD、コンピュータ内の特定のディレクトリなどを選択できます。

ステップ 5. 設定が完了したら「バックアップ」ボタンをクリックして、FoneToolが選択したデータを指定した場所に保存します。

2. iCloudの無効化(オプション)

「設定」アプリに移動し、「[Apple ID]」のセクションでiCloudを無効化します。これにより、デバイスがiCloudに接続されている場合、データの消去が円滑に行われます。

パソコンでiPhoneすべてのコンテンツと設定を消去する(100%復元不可)

FoneToolはバックアップ機能のほか、iPhoneのデータを完全に消去する機能を提供します。FoneToolを使用してiPhoneのすべてのコンテンツと設定を安全かつ確実に消去できます。

FoneToolのデータ消去メリット:

  • 完全なデータ消去:FoneToolはデータを完全に消去し、復元が不可能な状態にします。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース:FoneToolは使いやすいインターフェースを提供し、ユーザーが簡単に操作できるようになっています。
  • 高いセキュリティレベル:データの安全性を確保するために、FoneToolは確認手順を組み込んでいます。
  • 幅広いデータサポート:通話履歴、写真、音楽、動画など、さまざまなデータを一括で削除できます。
  • クイックな実行:ファクトリーリセットを迅速に実行でき、手順が簡単です。

以下はFoneToolを使用してiPhoneをファクトリーリセットする手順です。

ステップ 1. FoneToolの公式ウェブサイトからアプリをダウンロードし、インストールします。インストールが完了したら、FoneToolを起動します。iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

ステップ 2. メインメニューから「ツールボックス」 > 「データ消去」を選択します。

データ消去

ステップ 3. 「すべてのデータを消去」に移動します。

iPhoneのデータを完全消去

ステップ 4. 「データを消去する結果を理解しており、データを消去することを確認しました」というオプションを選択します。「データ消去」をクリックします。

データ消去

確認が終わると、FoneToolはiPhoneのすべてのコンテンツと設定を完全に削除します。このプロセスは不可逆的で、一度消去されたデータは復元できません。

iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去する(プロソフトで復元可能)

ステップ 1. iPhoneのホーム画面で「設定」アプリをタップ>「一般」を選択>「リセット」を選択します。

ステップ 2. 「リセット」メニューで「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。操作の確認として、Apple IDのパスワードを入力します。

ステップ 3. デバイスの「すべてのコンテンツと設定を消去」を行う旨のメッセージが表示されます。再度確認し、実行を選択します。操作が開始されると、デバイスが再起動し、「すべてのコンテンツと設定を消去」が進行します。このプロセスには数分から数十分かかることがあります。

操作が完了したら、デバイスが初期セットアップ画面に戻ります。ここで新しい設定を行い、必要に応じてバックアップからデータを復元します。

注意:ファクトリーリセットを行うとデータは不可逆的に消去されます。確実にバックアップを取った上で実施し、再設定時に十分な時間を確保してください。

iPhoneで「すべてのコンテンツと設定を消去」する際の注意点

  • データの不可逆な喪失:ファクトリーリセットを行うと、デバイス内のすべてのデータが永久に削除されます。写真、連絡先、アプリ、設定など、重要な情報は確認の上で操作してください。
  • バックアップの重要性:事前にiTunesやiCloudを使用してデバイスのバックアップを取ることが必須です。バックアップがあれば、データの損失を最小限に抑えることができます。
  • Apple IDとパスワードの確認:ファクトリーリセットの際にApple IDとパスワードが必要です。これらの情報を確認し、正確に入力してください。
  • 最終確認の重要性:ファクトリーリセットを行う前に、データが正確にバックアップされているか、Apple IDとパスワードが正確かどうかなどを最終確認してください。
  • iCloudの無効化: ファクトリーリセット前に、iCloudを無効化しておくとデータの消去が円滑に進むことがあります。

まとめ

 

この記事では、iPhoneですべてのコンテンツと設定を消去とどうなるかについて、iPhoneユーザーがこの操作を行う際の目的やメリット、手順の詳細な解説を提供しています。安心して実施するための注意点や事前のバックアップ作成に関する情報も包括的に紹介しています。記事全体を通じて、データセキュリティとデバイスのリフレッシュを両立させる最適な方法について理解を深めることができます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>