Apple MusicにCDの曲を入れる方法

Apple MusicにCDの曲を入れる方法は、iTunesやApple Musicアプリ、FoneToolを使用して容易に実行できます。本記事では、手順を詳しく解説し、CDからの曲を簡単にApple Musicで楽しむ方法を提供します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年02月20日
共有しよう:

なぜApple MusicにCDの曲を入れる方法のか

CDは貴重な音楽の源ですが、デジタル化してApple Musicでストリーミングしたいと考えるかもしれません。この記事では、CDの曲をApple Musicに入れる方法について解説します。

Apple MusicにCDの曲を入れる

CDからApple Music音楽を入れることで、iTunesやApple Musicアプリ、FoneToolを介して様々なデバイスで手軽に音楽を楽しむことができます。CDコレクションをデジタル化することで、便利さとアクセス性が向上します。

Apple MusicにCDの曲を入れる方法3選

1. iTunesを使用する方法

iTunesを使用してCDから音楽を取り込み、Apple Musicに追加する方法は以下の手順で行います:

ステップ 1. CDをコンピューターに挿入する

最初に、CDをコンピューターのCD/DVDドライブに挿入します。

ステップ 2. iTunesを起動する

コンピューターにインストールされているiTunesを起動します。iTunesが自動的に開かない場合は、手動で起動してください。

ステップ 3. CDを読み込む

iTunesが開いたら、左上の「ファイル」メニューから「CDをインポート」を選択します。iTunesはCDを読み込み、トラックリストを表示します。

ステップ 4. インポート設定の確認

インポート設定を確認します。必要に応じて、曲名やアーティスト名を変更することができます。

ステップ 5. 音楽の選択

インポートする曲を選択します。すべての曲を選択するか、特定の曲のみを選択することができます。

ステップ 6. インポート開始

選択した曲をインポートするために、「CDをインポート」ボタンをクリックします。iTunesは選択した曲をコンピューターにインポートし始めます。

ステップ 7. Apple Musicに追加する

インポートが完了したら、iTunesの音楽ライブラリに曲が追加されます。Apple Musicに追加するには、音楽ライブラリ内の曲を選択し、右クリックして「Apple Musicに追加」を選択します。

これでCDからの音楽がiTunesの音楽ライブラリに追加され、Apple Musicでストリーミングできるようになります。

2. Apple Musicアプリを使用する方法

Apple Musicアプリを使用して、CDから取り込んだ音楽をApple Musicに追加する手順は以下の通りです:

ステップ 1. CDから音楽を取り込む

まず、CDから音楽を取り込んでコンピューターに保存します。この段階では、音楽ファイルはまだApple Musicに追加されていません。

ステップ 2. Apple Musicを起動する

コンピューターでApple Musicアプリを起動します。アプリが開いたら、左上の「ファイル」メニューから「ライブラリを追加」を選択します。

ステップ 3. ファイルを選択する

ファイルブラウザが開いたら、コンピューターに保存されているCDから取り込んだ音楽ファイルを選択します。複数のファイルを選択して一度に追加することもできます。

ステップ 4. 音楽を追加する

選択した音楽ファイルを追加するには、「開く」をクリックします。Apple Musicは選択した音楽ファイルを自動的にライブラリに追加します。

ステップ 5. Apple Musicで再生する

追加された音楽は、Apple Musicライブラリ内で利用できるようになります。Apple Musicアプリで音楽を再生するには、ライブラリ内の音楽を選択して再生ボタンをクリックします。

これで、CDから取り込んだ音楽がApple Musicライブラリに追加され、Apple Musicアプリで再生できるようになります。

3. サードパーティ製のソフトFoneToolを使用する方法(推薦)

CDから音楽をパソコンに取り出して、Apple Musicに音楽を入れることができます。

パート1:CDから音楽をパソコンに取り出す

Windows Media Playerを頼って、以下のステップでCDの音楽をパソコンに取り込むことができます。

ステップ 1. CDをパソコンに挿入>ファイルエクスプローラーに移動>「DVD RWドライブ」を探して右クリックし、Windows Media Playerを開きます。

ステップ 2. Windows Media Playerで、「整理」>「オプション」>「音楽の取り込み」を選択します。

ステップ 3. 形式をMP3にする>保存先を変更することもできます。「OK」をクリックします。

形式をMP3にする

パート2:CDの音楽をiPhoneに入れる

データの損失を避け、CDからiPhoneに欲しい音楽を入れるために、プロのiOSデータ転送ツールであるFoneToolをお勧めします。シンプルなデザインにより、何の苦労もなく転送プロセスを完了することができます。

それに、FoneToolは音楽だけでなく、写真、ビデオ、連絡先をパソコンからiPhone、iPhoneからパソコン、iPhoneからiPhoneへ転送することをサポートします。また、このツールはiPadとiPodに完璧に対応します。

ダウンロードアイコンをクリックして、ソフトをパソコンにダウンロードし、3つの簡単なステップでCD音楽をiPhoneに転送してください。

ステップ 1. USBでiPhoneをパソコンに接続>FoneToolを開いて、「データ転送」をクリック>「PCからiPhone」に移動して、「転送開始」をクリックします。

PCからiPhone

ステップ 2. 音楽アイコンをクリック>ローカルフォルダからボックスへCD音楽をドラッグ&ドロップします。また、プラスアイコンをクリックして、曲をボックスに追加することができます。

プラスアイコン

ステップ 3. 必要なファイルがすべてボックスに追加されたことを確認します。「転送開始」をクリックしてタスクを開始します。

転送開始

転送が完了したら、iPhoneをパソコンから取り外し、iPhoneのミュージックアプリで曲を確認することができます。

転送機能のほかに、FoneToolは強力なiOSバックアップソフトでもあります。iPhoneをPCに完全または個別にバックアップすることができます。

注意事項とトラブルシューティング

  • 音楽の著作権には十分注意してください。自分が所有しているCDから取り込んだ音楽のみをApple Musicに追加してください。
  • アップロードや同期中に問題が発生した場合は、iTunesやApple Musicの設定を確認し、インターネット接続が安定しているかを確認してください。

まとめ

Apple MusicにCDの曲を入れることで、自分の音楽ライブラリをデジタル化し、様々なデバイスで手軽に音楽を楽しむことができます。iTunesやApple Musicアプリを使って、簡単にCDの音楽をデジタル化し、今まで以上に音楽を楽しんでみましょう!

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>