YouTubeの曲をApple Musicに入れる方法

この記事では、パソコン/iPhoneでYouTubeの曲をApple Musicに入れる方法を紹介します。YouTubeの曲を手軽にApple Musicで楽しむことができます。

Zoe by Zoe 更新日 2024年05月10日
共有しよう:

YouTubeの曲をApple Musicに入れる方法は?

YouTubeは世界中の音楽ファンにとって重要なリソースですが、Apple Musicのようなストリーミングサービスでも同じ音楽を楽しむことができます。オフラインで音楽を聴きたい場合や、お気に入りの曲をiTunesライブラリに追加したい場合もあります。しかし、YouTubeから直接Apple Musicに曲を移動することはできません。YouTubeはビデオ共有プラットフォームであり、音楽ストリーミングサービスではありません。そのため、Apple MusicにはYouTubeから曲をインポートする機能はありません。

では、どうすればよいですか?この記事では、YouTubeの曲をApple Musicに入れる方法について説明します。

 

YouTubeの曲をApple Musicに入れる

パソコンでYouTubeの曲をApple Musicに入れる方法

パソコンでYouTubeの曲をApple Musicに入れるには、YouTubeの曲をパソコンにダウンロードしてからApple Musicに追加するすることができます。

❶パソコンからYouTubeの曲をダウンロードする

Youtube to mp3 converterは無料なYouTube動画ダウンロードサイトであり、YouTubeから動画をmp3やmp4ファイルとしてダウンロードできます。Youtube to mp3 converterを使って、YouTube動画の音源をMP3形式でパソコンに保存する方法は以下の通りです。

ステップ 1. ダウンロードしたいYouTube動画を探して、URLをYoutube to mp3 converterにコピーして、ホワイトボックスに貼り付けてください。

ダウンロード

ステップ 2. ページを下にスワイプして分析結果を確認します(後は、役に立たない新しいタブ/ページをいくつか開いてしまい、無視してください)。

ステップ 3. ページを下にスワイプして、緑の「ダウンロード」ボタンを押してください。ダウンロード完了まで少々お待ちください(役に立たない新しいタブページをいくつか開いてしまい、無視してください)。

ステップ 4. ダウンロードが終わったら、出力したYouTube MP3音楽ファイルを自由に再生できます。

以上の手順に従うことで、パソコンからYouTubeの曲をダウンロードすることができます。ただし、著作権に関する法律を遵守し、ダウンロードした音楽を適切に使用することが重要です。

❷パソコンからダウンロードした音楽をApple Musicに追加する

iTunesで音楽を追加したら、Apple Musicでその音楽を利用することができます。iTunesで追加した音楽は、Apple Musicの同期機能を使ってAppleデバイスや他のプラットフォームに同期させることができます。また、FoneToolを活用して、ダウンロードした音楽を自分の好みに合わせて整理することもできます。

人気のiPhoneとパソコン間データ転送ソフト「FoneTool」は、シームレスなデータ転送を実現します。写真、動画、音楽など、さまざまなデータをiPhoneとパソコンの間で簡単に転送できます。以下に、FoneToolを使用してパソコンからiPhoneに曲を転送する手順を示します。

ステップ 1. FoneToolソフトウェアをダウンロードしてインストールします。その後、FoneToolを起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。FoneToolがiPhoneを検出すると、iPhoneの画面上に信頼されたコンピューターのメッセージが表示されます。

ステップ 3. FoneToolのメイン画面で、「データ転送」>「PCからiPhone」をタップします。

PCからiPhone

ステップ 4. 「音楽」オプションを選択して、転送したい曲を選択して、「確認」ボタンをクリックします。

曲を選択

ステップ 5. そして、「転送開始」をタップし、転送が完了するまで待ちます。転送が完了すると、FoneToolから転送が成功したメッセージが表示されます。

転送開始

以上の手順に従うことで、FoneToolを使用して簡単にパソコンからiPhoneに曲を転送することができます。 FoneToolを使用することで、データのバックアップや転送が容易に行えます。

iPhoneでYouTubeの曲をApple Musicに入れる方法

スマートフォンにYouTubeから音楽をダウンロードする方法は、以下の手順に従って行うことができます。

ステップ 1.App Storeで「Documents by Readdle」アプリをダウンロードしてインストールします。

ステップ 2. YouTubeアプリを開き、曲名やアーティスト名などを入力し、該当する動画を見つけましょう。そして、共有ボタンをタップし、「コピー」を選択します。

コピー

ステップ 3. 「Documents」アプリを開き、下部のブラウザアイコンをタップします。URLバーに「savefrom.net」と入力し、サイトにアクセスします。

ステップ 4. テキストボックスにYouTubeのリンクを貼り付け、「MP3」を選択し、「ダウンロード」ボタンをタップします。

ステップ 5. ダウンロードが完了したら、「Documents」アプリの下部の「Downloads」タブを開き、ダウンロードした音楽ファイルを見つけます。ファイルをタップすると、音楽が再生されます。再生中に「…」ボタンをタップし、「共有」を選択します。次に、表示されるオプションの中から「iTunesに追加」を選択します。これで、YouTubeの曲をApple Musicに入れることができます。

以上がYouTubeから音楽をスマートフォンに入れる一般的な手順です。ただし、音楽のダウンロードに関する法的な制約や、YouTubeの利用規約による制約がある場合がありますので、利用するアプリや音楽のダウンロード方法を選ぶ際には、関連する規約や法律に従うことが重要です。

YouTubeの曲をApple Musicに入れることに関するよくあるご質問

❶Apple MusicとYouTube Musicはどの形式を使用していますか?

Apple Musicは主にApple LosslessおよびAIFF形式を使用しています。

YouTube Musicは通常、WAV、MP3、FLAC、AACなどの一般的で人気のある形式を使用しています。

❷Apple Musicの音質はYouTube Musicよりも優れていますか?

Apple MusicとYouTube Musicの音質を比較すると、一般的にApple Musicの音質が高品質であると言われています。Apple Musicは、AAC(Advanced Audio Coding)形式でストリーミングされるため、高品質の音楽体験を提供しています。一方、YouTube Musicは、音質が異なる場合があります。YouTube Musicの無料版では音質が低く、広告が挿入されることがありますが、YouTube Music Premiumに加入すると、音質が向上し、広告がなくなります。

したがって、音質に重点を置く場合、Apple Musicの方が優れていると言えます。ただし、個々の好みや使用状況によって異なる場合があるため、実際に両方のサービスを試して比較することが最良の方法です。

まとめ

YouTubeから音楽をパソコンにダウンロードし、Apple Musicに追加することで、YouTubeの曲を手軽にApple Musicで楽しむことができます。ただし、著作権法や利用規約を遵守し、合法的な方法で音楽を入手することが重要です。上記に書いてあるFoneToolは、簡単にパソコンから曲をiPhoneに追加することができます。今すぐFoneToolをダウンロードして試しませんか。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>