iTunes以外でパソコンからiPadに音楽を入れる方法

iTunes以外でのiPadへの音楽転送方法を解説します。FoneTool、Wi-Fiや専用アプリを活用し、手軽に音楽をパソコンからiPadに入れる方法を紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月08日
共有しよう:

iTunes以外でパソコンからiPadに音楽を入れる方法 ある?

iTunes以外の手段でiPadに音楽を転送する方法を探している方々へ。この記事では、iTunesの制限と不便さに対する認識から始め、サードパーティ製ソフトウェアやWi-Fi、ファイル共有アプリを活用した音楽転送方法を詳しく解説します。

パソコンからiPadに音楽を入れる

iTunesは便利ですが、制限や操作性の問題もあります。複雑なインターフェースや同期の不具合などが挙げられます。そこで、iTunes以外の手段での音楽転送の必要性が生じています。

iTunes以外でパソコンからiPadに音楽を入れる方法

サードパーティ製ソフトウェアFoneToolを使った音楽転送方法

FoneToolは、iTunes以外でiPhoneやiPadの音楽をパソコンに転送するための便利なツールです。

  • FoneToolの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールします。
  • iPadをUSBケーブルでパソコンに接続します。FoneToolがiPadを認識すると、ソフトウェア上にiPadの情報が表示されます。
  • FoneToolのメイン画面で、転送したい曲を選択します。必要に応じて曲を整理し、転送先のフォルダーを選択します。
  • 選択した曲をパソコンからiPadに転送するために、FoneToolの「転送」または「エクスポート」ボタンをクリックします。転送が完了すると、iPadに音楽が追加されます。

Wi-Fiを利用した音楽転送方法

Wi-Fiを使えば、iTunesなしでiPadに音楽を転送できます。iPadとパソコンを同じWi-Fiネットワークに接続し、専用のアプリやツールを使って音楽を転送します。

  • iPadとパソコンを同じWi-Fiネットワークに接続します。
  • App Storeから、Wi-Fiを介した音楽転送を行うための専用アプリをダウンロードし、パソコンとiPadにインストールします。
  • アプリを起動し、パソコンからiPadに転送したい曲を選択します。アプリの指示に従って、曲をiPadに転送します。転送が完了すると、iPadに音楽が追加されます。

ファイル共有アプリを利用した音楽転送方法

ファイル共有アプリを使えば、iPadに直接音楽を転送できます。

  • App Storeからファイル共有アプリをダウンロードし、パソコンとiPadにインストールします。
  • アプリを起動し、パソコンとiPadを同じWi-Fiネットワークに接続します。
  • アプリ内で、パソコンからiPadに転送したい音楽ファイルを選択します。選択したファイルをiPadに転送します。転送が完了すると、iPadに音楽が追加されます。

結論

FoneTool、Wi-Fiや専用アプリなどiTunes以外の手段を使って、パソコンからiPadに音楽を入れる方法 方法を紹介しました。これらの方法を利用することで、iTunesの制限や不便さを回避しつつ、簡単に音楽を管理できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>