iTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れる方法

iTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れる方法は、手動転送、サードパーティ製ソフト、iCloudの3つがあります。手動転送ではUSBケーブルを使用し、ファイルを直接転送します。サードパーティ製ソフトでは、FoneToolなどを利用します。iCloudを使うと、音楽ファイルをアップロードしてiPodから直接ストリーミングできま

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月11日
共有しよう:

なぜiTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れるのか?

iPodを所有していると、音楽を楽しむためにiTunesを使用することが一般的ですが、iTunesにはいくつかの制限や不便な点があります。

  • 同期の制限: iTunesを使用してiPodとパソコンを同期させると、一度に複数のデバイスを同期することが難しい場合があります。
  • データの消失リスク: iTunesを使用して音楽を同期する際、意図しないデータの消失が発生する可能性があります。
  • 制限されたフォーマット: iTunesは特定の音楽フォーマットにしか対応しておらず、さまざまな形式の音楽ファイルを扱うことが難しい場合があります。

iTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れる

心配しないでください!iTunes以外の方法でパソコンからiPodに音楽を入れることができます。本記事では、iTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れる方法を3つ紹介します。

iTunesなしでパソコンからiPodに音楽を入れる方法

iTunes以外の方法でパソコンからiPodに音楽を入れる方法を3つ紹介します。

手動でパソコンからiPodに音楽を入れる

パソコンとiPodをUSBケーブルで接続し、音楽ファイルを直接iPodのフォルダにコピーする方法です。手動でのファイル転送を行うことで、iTunesの制限を回避することができます。

手順1: パソコンとiPodを接続する

  • パソコンとiPodをUSBケーブルで接続します。
  • iPodが接続されると、パソコン上に自動的にiPodが認識されます。これにより、iPodのファイルシステムにアクセスできるようになります。

手順2: iPodのフォルダにアクセスする

  • パソコンのファイルエクスプローラー(Windows)またはFinder(Mac)を開きます。
  • 接続したiPodが表示される場所を選択します。一般的には、デバイスとして「iPod」が表示されます。

手順3: 音楽ファイルをiPodにコピーする

  • iPodのフォルダにアクセスしたら、音楽ファイルを追加したい場所を選択します。通常、音楽は「Music」フォルダに保存されます。
  • パソコン上の音楽ファイルを見つけ、iPodのフォルダにドラッグ&ドロップします。または、音楽ファイルをコピーし、iPodのフォルダに貼り付けます。
  • 転送が完了するまで待ちます。大きなファイルの場合は、転送に時間がかかる場合があります。

手順4: 完了とディスコネクト

  • ファイルの転送が完了したら、パソコン上でiPodの安全な取り外しを行います。Windowsでは、タスクバーの通知領域から「デバイスを取り出す」を選択し、MacではFinderのサイドバーからiPodを右クリックし、「取り出す」を選択します。
  • iPodが安全に取り外されたら、USBケーブルを抜きます。

これで、iTunesなしで手動で音楽ファイルをiPodに転送する手順が完了しました。この方法を使えば、iTunesの制限を回避して、自分の好みの音楽をiPodに追加することができます。

ファイル転送ソフトでパソコンからiPodに音楽を入れる

サードパーティ製のファイル転送ソフトFoneToolを使用することで、iTunesを介さずにパソコンからiPodに音楽を転送することができます。これにより、より柔軟な音楽管理が可能になります。以下に具体的な手順を示します。

手順1: FoneToolをダウンロードしてインストールする

  • FoneToolソフトウェアをダウンロードし、インストールします。
  • インストールが完了したら、FoneToolを起動します。

手順2: iPodをパソコンに接続する

  • iPodをUSBケーブルでパソコンに接続します。
  • FoneToolがiPodを検出し、デバイスが表示されるまで待ちます。

手順3: 音楽を選択して転送する

  • FoneToolのメイン画面で、「データ転送」>「iPhoneからPC」を選択します。
  • 「音楽」オプションを選択し、転送したい音楽ファイルを選択します。
  • 「転送開始」ボタンをクリックします。転送が完了するまで待ちます。

これで、FoneToolを使用してiTunesを介さずにパソコンからiPodに音楽を転送する手順が完了しました。FoneToolを使用することで、より柔軟な音楽管理が可能になります。

クラウドストレージでパソコンからiPodに音楽を入れる

クラウドストレージサービスを利用して、音楽ファイルをアップロードし、iPodから直接ストリーミングする方法です。この方法では、パソコンに保存されている音楽ファイルをiPodに転送する必要がなくなります。以下に具体的な手順を示します。

手順1: iCloudに音楽ファイルをアップロードする

  • パソコンでブラウザを開き、iCloudのウェブサイトにログインします。
  • iCloudのメイン画面から、「iCloud Drive」オプションを選択します。
  • 音楽ファイルをアップロードするためのフォルダを作成し、音楽ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードします。

手順2: iPodで音楽をストリーミングする

  • iPodをWi-Fiに接続します。
  • iPodの音楽アプリまたはブラウザを開き、iCloudにアップロードした音楽ファイルが保存されている場所を選択します。
  • 音楽ファイルを選択して再生します。iPodがインターネットに接続されている限り、音楽ファイルを直接ストリーミングすることができます。

手順3: 音楽の管理と追加

  • 新しい音楽ファイルをiCloudにアップロードする場合は、手順1と同様にファイルをアップロードします。
  • iPodで音楽アプリを開き、iCloudにアップロードされた新しい音楽ファイルを探します。
  • 音楽ファイルを選択して再生するか、必要に応じてプレイリストに追加します。

手順4: オフラインでの再生

  • インターネット接続が利用できない場合でも、iPodでiCloudに保存された音楽ファイルを再生するために、音楽ファイルをダウンロードしてオフラインで利用できます。
  • iPodの音楽アプリで、ダウンロードした音楽ファイルを見つけて再生します。

これで、iCloudを利用して音楽ファイルをアップロードし、iPodから直接ストリーミングする方法が完了しました。この方法を使用すると、パソコンに保存されている音楽ファイルをiPodに転送する必要がなくなり、より便利に音楽を楽しむことができます。

まとめ

iTunes以外の方法でパソコンからiPodに音楽を入れることは、より柔軟性があります。デメリットが少なく、より便利な方法を選択することができます。それぞれの方法を試して、自分に合った方法を見つけることが重要です。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>