iTunes以外でパソコンからiPhoneに動画を入れる方法

iTunes以外の方法を使って、パソコンからiPhoneに動画を入れることができますか?この記事では、3つの方法を紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月07日
共有しよう:

iTunes以外でパソコンからiPhoneに動画を入れたい?

iPhoneに動画を入れることは、旅先での素晴らしい瞬間や特別なイベントを保存するための素晴らしい方法です。しかし、iTunesの制限や不便さに悩まされることもあります。幸いにも、iTunes以外の方法を使って、パソコンからiPhoneに動画を簡単に転送することができます。

iTunes以外でパソコンからiPhoneに動画を入れる

iTunesは便利なツールですが、動画を転送する際に制限や不便さがあります。例えば、iTunesが動画フォーマットを制限することや、転送中にデータが失われる可能性があります。そのため、iTunes以外の方法を探すことが重要です。

AirDropでパソコンからiPhoneに動画を入れる方法

AirDropは、iOSデバイス間で写真や動画などのファイルを簡単に共有できる便利な機能です。パソコンとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続されている場合、AirDropを使ってパソコンからiPhoneに動画を簡単に転送することができます。以下では、AirDropを使ってパソコンからiPhoneに動画を転送する手順を詳しく説明します。

  • まず、パソコンとiPhoneを両方ともWi-Fiに接続し、Bluetoothをオンにします。iPhoneのコントロールセンターからAirDropを有効にします。iOS 11以降では、コントロールセンターを下から上にスワイプしてAirDropを選択します。
  • パソコンで転送したい動画ファイルを開きます。これは、ファイルエクスプローラー(Windows)やFinder(Mac)を使用して、該当の動画ファイルを見つけることで行えます。
  • パソコンで動画ファイルを選択したら、共有ボタンまたは右クリックメニューから「AirDrop」オプションを選択します。
  • AirDrop画面には、近くにあるデバイスが表示されます。iPhoneが表示されていることを確認し、「送信先」として選択します。
  • iPhoneの画面に、パソコンからの送信リクエストが表示されます。リクエストを受け入れるために、「受け入れる」ボタンをタップします。
  • AirDropによる転送が完了すると、iPhoneの写真や動画アプリに転送された動画が表示されます。動画を開いて再生し、転送が正常に完了したことを確認します。

注意事項:

  • AirDropを使用するためには、パソコンとiPhoneの両方がWi-FiとBluetoothに接続されている必要があります。
  • AirDropはiOS 7以降とOS X Yosemite以降で利用可能ですが、互換性のあるデバイスで使用する必要があります。

AirDropを使えば、iTunesなどのソフトウェアを介さずに簡単にパソコンからiPhoneに動画を転送することができます。

クラウドサービスでパソコンからiPhoneに動画を入れる方法

クラウドストレージサービスは、動画や写真などのファイルをオンラインで保存し、複数のデバイス間で共有するのに便利な方法です。DropboxやGoogle Driveなどのサービスを利用して、パソコンからiPhoneに動画をアップロードし、後でiPhoneで再生することができます。

Google Driveはクラウドストレージサービスであり、パソコンからiPhoneに動画を簡単に転送する手段の一つです。以下にその手順を詳しく説明します。

  • パソコンのウェブブラウザを開き、Google Driveのウェブサイトにアクセスします。Googleアカウントでログインしてください。
  • Google Driveの画面で、「新規」ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから「ファイルのアップロード」を選択します。パソコン上に保存されている動画ファイルを選択してアップロードします。
  • アップロードが完了したら、動画ファイルを選択し、右クリックして「共有」を選択します。共有リンクを生成するためのウィンドウが表示されます。共有リンクをコピーします。
  • iPhoneのApp StoreからGoogle Driveアプリをダウンロードし、インストールします。アプリを起動し、Googleアカウントにログインします。
  • Google Driveアプリでメニューから「共有」を選択し、先ほどコピーした共有リンクを貼り付けます。動画ファイルが表示されたら、ダウンロードアイコンをタップして動画をiPhoneにダウンロードします。
  • ダウンロードが完了したら、iPhoneの写真や動画アプリでダウンロードした動画を確認できます。

Google Driveを使用することで、パソコンから簡単に動画をiPhoneに転送することができます。 Google Driveは安全で信頼性が高く、動画ファイルをオンライン上で簡単に管理できるため、便利な方法です。

FoneToolでパソコンからiPhoneに動画を入れる方法

FoneToolは、iPhoneとパソコン間のデータ転送をサポートする優れたソフトウェアです。写真、動画、音楽などのデータを簡単に転送できるだけでなく、iPhoneからパソコンへの転送も可能です。直感的なインターフェースと高速な転送速度で、ユーザーに優れた体験を提供します。

FoneToolを使ってパソコンからiPhoneに動画を入れる手順

FoneToolの公式ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードし、パソコンにインストールします。そして、FoneToolを起動します。iPhoneをパソコンに接続します。

  • FoneToolがiPhoneを認識したら、ホーム画面にiPhoneのデータが表示されます。左側のメニューから「動画」を選択します。
  • 「動画」タブで、動画フォルダーを選択します。パソコン上に保存されている動画を選択します。
  • 転送したい動画を選択し、FoneToolの画面下部にある「転送開始」ボタンをクリックします。
  • FoneToolが動画をiPhoneに転送するのを待ちます。転送が完了したら、iPhoneの写真やビデオアプリで動画を確認できます。

FoneToolを使用することで、パソコンからiPhoneに動画を簡単に転送できます。直感的な操作と高速な転送速度で、効率的なデータ管理が可能です。

まとめ

iTunes以外の方法を使って、パソコンからiPhoneに動画を入れる方法について解説しました。AirDropやクラウドストレージサービス、そしてFoneToolを使えば、iTunesの制限や不便さを回避し、便利で安全な方法で動画をiPhoneに転送できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>