解決策10選:「iOSに移行」での転送が中断されました

「iOSに移行」で転送が中断されましたとき、その原因と解決策について不安に感じていませんか?この記事を読み始めると、問題の修正方法が分かります。または、専門的なFoneToolを使用して、AndroidからiPhoneへのデータを無料で転送することもできます。

Zoe by Zoe 更新日 2023年12月05日
共有しよう:

なぜ「iOSに移行」での転送が中断されましたか?

AndroidからiPhoneへのデータのシームレスな移行は、通常、AppleのMove to iOSアプリで簡単に行うことができます。しかし、アプリは時々問題を抱えて予想通りに機能せず、「iOSに移行」での転送が中断されましたという状況が発生することがあります。なぜこのような状況が起こるのでしょうか?そしていくつかの理由があります。

ネットワーク接続エラー:AndroidとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続していない場合、またはWi-Fi上の他のアクティビティが干渉している場合、プロセス中に問題が発生する可能性があります。
低いバッテリーレベル:デバイスに十分な電力がない場合、低いバッテリーレベルはデータの移行プロセスを妨げる可能性があります。
ストレージ制限:移動しようとしているデータの量がiPhoneの利用可能なストレージ容量を超える場合、アプリは移行を完了できなくなる可能性があります。
様々な中断:着信電話、デバイスがスリープモードになったり、自動更新がプロセスを妨害する可能性があります。
古いファームウェア:Move to iOSアプリは、iPhoneがiOS 9.0以降のバージョンで実行されている必要があります。AndroidフォンはAndroid 4.0以降を使用する必要があります。古いファームウェアはアプリのパフォーマンスを妨げる可能性があります。

「iOSに移行」で転送が中断されました時の解決策10選

さて、今から「iOSに移行で転送が中断されました」問題を修正するための詳細な手順を提供します。特定の理由を確認したくない場合は、無料でAndroidからiPhoneにデータをAirDropできるプロフェッショナルアプリを「Fix 8」で言及されているものを使用できます。

解決策1:電話のバッテリーをチェック

Move to iOSを使用する際には、特に電話が新しくなく、数年間使用されたことがある場合は、バッテリーの状態を考慮することが重要です。低いバッテリーレベルはデータの移行プロセスを妨げる可能性があります。デバイスに十分な電力がない場合は、電源に接続して電力源を確保してください。

解決策2:iPhoneのストレージをチェック

一方で、成功した移行プロセスはiPhoneの十分なストレージにも依存しています。多くのデータを転送する必要があり、iPhoneがすべてのファイルを含めることができない場合、「iOSに移行」での転送が中断されましたというエラーが発生する可能性があります。

iPhoneのストレージを確認するには、設定アプリを起動し、「一般」を選択し、「iPhoneのストレージ」をクリックして、電話のスペースを確認します。

iPhoneのストレージ

iPhoneのスペースが少ない場合は、デバイスのデータをクリアしたり、iPhoneを工場出荷時の状態にリセットしたりできます。

解決策3:Androidでスマートネットワーク切り替えを無効にする

多くのモバイルユーザーは、スマートネットワーク切り替え機能によるMove to iOS転送中の中断を報告しています。この機能は、有効になっている場合、ネットワーク速度の不安定さを引き起こす可能性があります。

プロセスでスマートネットワークを使用している場合は、この問題に対処し、よりスムーズなデータ転送体験を確保するために、設定アプリで両端末のスマートネットワークを無効にします。その後、Wi-Fiオプションをオンにし、両端末を同じネットワークに接続してください。

スマートネットワーク切り替え

解決策4:インターネット接続を確認する

Wi-Fi接続を使用している場合は、ワイヤレスネットワークの状態を確認することもできます。両端末が同じネットワークに接続されていることを確認してください。接続されている場合は、コントロールセンターを開き、Wi-Fiのサインを見つけて、そのアイコンをクリックして両端末のWi-Fiをオフにし、1分待ってから両方の電話で再度オンにしてください。

解決策5:Wi-Fiアシストを無効にする

iOS 9以降のユーザー向けに、Wi-Fiアシスト機能は安定したインターネット接続を維持するのに役立ちます。弱い、遅いワイヤレスネットワークに直面している場合、自動的に携帯データに切り替えることがあります。

このオプションを有効にした場合は、より信頼性のあるネットワーク接続を確保し、過剰な携帯データの消費を防ぐために、次のようにオフにします:設定に移動>携帯電話を選択>インタフェース内のWi-Fiアシストオプションを見つけてオフに切り替えます。

解決策6:電話を使わない

Move to iOSを使用したデータ転送中に中断を防ぐためには、両デバイスでアクティビティが行われていないことを確認することが推奨されます。データ転送中に電話を使用したり、画面をオンにしたりしないようにしてください。

さらに、プロセスに着信電話が干渉するのを避けるために、コピーを開始する前に一時的にiPhoneからSIMカードを取り出すか、両端末でAirplaneモードをオンにすることもできます。

解決策7:バックグラウンドでアプリの実行を許可しない

Androidの電話のバックグラウンドで実行されているいくつかのアプリがプロセスを中断する場合があります。これらはデータトラフィックを消費し、電話の動作を遅くする可能性があります。この場合、いくつかのアプリを無効にしてAndroidの電話のパフォーマンスを最適化し、Move to iOSアプリを再度開いてみてください。

解決策8:無料でAndroidからiPhoneへデータをAirDropする

AndroidからiPhoneへデータを転送する必要がある場合、「iOSに移行」アプリは唯一のオプションではありません。アップルデバイス間で簡単にワイヤレスデータ転送を行うことができるAirDrop機能について、iPhoneユーザーは認識しておくべきです。

そしてFoneToolアプリは、AndroidとiOS間のAirDrop機能を容易に実現します。

特徴:

🌟FoneToolを使用すると、AndroidからiPhone、そしてその逆に写真、ビデオ、音楽、連絡先などを簡単にAirDropできます。

🌟FoneToolはWiFi接続を必要とせず、セルラーデータを消費しません。

🌟この幅広い互換性のあるアプリは、Pixel、Samsung、OnePlus、Huawei、iPhone 4からiPhone 15、iPhone SE、iPad/Air/Pro/mini、および最新のiOS 17/Android 14を含むすべてのAndroidおよびiOSデバイスで動作します。

今すぐFoneToolをAndroidデバイスとiPhoneに取得するためダウンロードページに移動してください。次の手順に従ってデータ転送を完了してください。

ステップ1. FoneToolを2台のデバイスで開き、アプリケーションがWLANを使用することを許可してください(Wi-Fiオプションをオンにするだけで、Wi-Fi接続は必要ありません)。

ステップ2. 接続を作成する

Androidデバイスで:デバイスに接続>iOSに接続を選択して接続コードを取得します。

iPhoneで:デバイスに接続>Androidに接続を選択し、Androidで表示されるコードをiPhoneでスキャンしてください。

接続を作成

その後、iPhoneで参加をタップして接続を作成します。

ステップ3. Androidデバイスでファイル転送に移動します。移動したい写真などのファイルを選択して送信をクリックします。iPhoneで確認をタップして受け取ります。

ファイルを選択

Androidの写真などのすべてのファイルがiPhoneに移動したら、すぐに確認できます。写真とビデオは写真アプリに保存され、連絡先は連絡先アプリに保存され、音楽はApple Musicに保存されます。

解決策9:最新のファームウェアをインストールする

以前に述べたように、「Move to iOS」アプリは、iPhoneではiOS 9.0以降、AndroidデバイスではAndroid 4.0以降が必要です。古いiOSまたはAndroidの携帯電話システムでは、転送の失敗を引き起こす可能性のあるバグが発生することがあります。

デバイスが古いシステムを実行している場合は、問題を解決するためにそれらを更新することを検討してください。

Androidユーザーの場合:設定に移動し、電話についてをタップし、利用可能なシステム更新を確認して適用してください。

iPhoneユーザーの場合:設定にアクセスし、一般に移動し、利用可能な更新を確認してインストールしてください。

解決策10:両方の電話を再起動する

両方の電話を再起動することは有用です。古いAndroid電話とiPhoneをオフにするためにサイドボタンを押し、しばらくしてから再起動してください。完全に再起動されたら、Move to iOSアプリを再度開いて問題が解決されたかどうかを確認してください。

おまけ:移行後にiPhoneをバックアップする

iOSへの移行が完了したら、データ損失を避けるためにiPhoneのデータをバックアップすることが良いでしょう。iTunesまたはiCloudのバックアップを作成するのは簡単ですが、iTunesは使用中にいくつかのエラーを引き起こす場合があり、またサーバーの確認ができないことがあります。iCloudは無料ユーザーに5GBのストレージスペースしか提供しません。

ですので、心配することなくiPhoneのデータを簡単にバックアップするために、FoneToolはWindows版も提供しています。このツールを使用して、効率的にiPhoneからPCにメディアファイル、連絡先、その他必要なデータを移行できます。

ヒント:Move to iOSで転送する際には、時にはプロセスで一部のデータが失われることがあります。FoneToolを使用して、Android電話をコンピュータに接続し、失われたデータをコンピュータに移行し、FoneToolを使用してiPhoneにインポートすることができます。

さまざまな機能とWindowsでの良好なパフォーマンスにより、iPhone/iPadデータを迅速かつ簡単に管理できます。

  • 使いやすいインターフェース:誰でもこの使いやすいツールでiPhoneからWindows PCにデータをバックアップできます。
  • 高速な転送速度:大量のファイルを短時間で移動できます。数百枚の写真を数分で転送できます。
  • 安全な転送:FoneToolはWi-Fi接続を必要とせず、データトラフィックの消費もないため、データ漏洩を大幅に回避できます。
  • 個別または完全バックアップ:重要なデータを選択的にバックアップするか、完全にiPhone全体をバックアップできます。
  • 広範な互換性:すべてのiPhone/iPad/iPod Touchモデルで安定して動作し、プロセス中にエラーが発生する心配はありません。

このツールをダウンロードしてコンピュータにインストールし、新しいiPhone をバックアップしてください。

ステップ1. USBケーブルを使ってiPhoneをコンピュータに接続します。PCがあなたの電話データにアクセスできるようにするには、iPhoneで「信頼」をタップする必要があるかもしれません。

ステップ2. FoneToolを開き、「データバックアップ」をクリックし、「個別バックアップ」ををクリックして開始します(必要な場合、「完全バックアップ」を選択できます)。

個別バックアップ

ステップ3. 各アイコンをクリックして、コンピュータにバックアップする必要があるファイルを選択し、「OK」をクリックします。

ファイルを選択

ステップ4. ストレージパスを選択し、タスクを開始するには、「バックアップ開始」をクリックしてください。

バックアップ開始

バックアップが完了したら、「バックアップ履歴」画面に移動して、バックアップファイルを検索、閲覧、および復元できます。

バックアップ履歴

結論

これで、「iOSに移行で転送が中断されました」の問題を解決する方法がわかりました。修正プロセスが複雑すぎる場合は、AirDropの最良のiPhone代替製品であるFoneToolを使用して、AndroidからiPhoneにデータを転送することもできます。

データ損失を防ぐために、データ移動後にFoneToolのWindowsアプリを使用してiPhoneをPCにバックアップすることもできます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>