iPhoneからiPadに動画を送る方法

iPhoneからiPadに動画を送る方法を網羅したガイドです。AirDrop、iCloud DriveとFoneToolの使い方を詳しく解説し、安定した転送を実現するためのヒントやトリックも紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月11日
共有しよう:

iPhoneからiPadに動画を送ることができますか?

近年、iPhoneとiPadは私たちの生活の重要な一部となっています。iPhoneからiPadに動画を送りたいユーザーも多くいます。

  • 写真や動画は大切な瞬間を捉える手段であり、家族や友人と共有するのに最適です。
  • iPhoneとiPad間での動画共有は、記録した動画をより効果的に活用する方法の一つです。

iPhoneからiPadに動画を送る

この記事では、iPhoneからiPadに動画を送る方法について解説します。

データ転送アプリでiPhoneからiPadに動画を送る

FoneToolモバイルアプリを使用してiPhoneからiPadに動画を送る手順は以下の通りです:

  • iPhoneとiPadでApp StoreからFoneToolアプリをダウンロードしてインストールします。アプリを起動します。
  • iPhoneでFoneToolを起動した後、iPadと接続されるまで待ちます。
  • FoneToolの「ファイル転送」画面で、「動画」をタップします。
  • 送りたい動画を選択し、「送信」ボタンをクリックします。完了するまでお待ちください。

転送が完了すると、FoneToolはメッセージを表示して完了を通知します。iPadで転送された動画を確認してください。

FoneToolを使用することで、iPhoneからiPadに動画を簡単かつ迅速に転送できます。

AirDropを使用してiPhoneからiPadに動画を送る

AirDropを使用してiPhoneからiPadに動画を送る手順は以下の通りです:

  • まず、iPhoneとiPadの両方でAirDropを有効にします。iPhoneの設定アプリを開き、「一般」>「AirDrop」に移動し、「すべての人」または「連絡先のみ」を選択します。iPadでも同様の手順でAirDropを有効にします。
  • iPhoneで写真アプリを開き、送りたい動画を選択します。動画を選択した後、共有ボタン(四角と矢印のアイコン)をタップします。
  • 共有ボタンをタップすると、AirDropのオプションが表示されます。ここで、AirDropで動画を送信するためのデバイスが表示されます。iPadがリストに表示されていれば、それをタップします。
  • iPadに動画を受信するかどうかを確認するメッセージが表示されます。メッセージが表示されたら、「受け入れる」をタップして受信を承認します。
  • iPadが動画を受け取ると、iPhoneの画面に「転送が完了しました」というメッセージが表示されます。iPadで動画を確認してください。

AirDropを使用することで、iPhoneからiPadに動画を簡単かつ直接的に転送できます。Wi-FiとBluetoothが有効になっていることを確認し、デバイス間の距離が適切であることを確認してください。

iCloud Driveを使用してiPhoneからiPadに動画を送る

  • iPhoneの設定アプリを開き、「iCloud」を選択します。
  • 「iCloud Drive」を有効にし、iPhoneとiPadの両方で同じApple IDでログインしてください。
  • iPhoneの写真や動画アプリから、iCloud Driveに動画をアップロードします。
  • iPadで「iCloud Drive」アプリを開き、アップロードした動画を選択して再生します。

追加のヒントとトリック

  • 動画の形式と解像度の確認: 動画を送信する前に、iPhoneとiPadの両方で再生可能な形式と解像度を確認しましょう。一部のファイル形式や高解像度の動画は、デバイス間での送信や再生に問題を引き起こす可能性があります。必要に応じて、動画の形式や解像度を適切なものに変換することを検討します。
  • Wi-Fi経由での転送: 大容量の動画を送信する場合は、Wi-Fi経由での転送を優先しましょう。Wi-Fi接続を使用すると、データ転送が安定し、速度が向上します。特に動画のサイズが大きい場合は、Wi-Fi接続を使用することをお勧めします。
  • 一度に送信する動画の数を制限する: AirDropやFoneToolなどのデータ転送方法を使用する場合、一度に送信する動画の数を制限することを検討します。複数の大容量の動画を同時に送信すると、データ転送が遅くなる場合があります。一度に1つまたは数個の動画を送信し、安定した転送を確保しましょう。
  • デバイス間の距離を近づける: AirDropを使用する場合、iPhoneとiPadの間の距離を近づけることが重要です。デバイスが近いほど、データ転送が速く安定します。動画を送信する際には、iPhoneとiPadをできるだけ近づけてください。

これらのヒントとトリックを使用することで、iPhoneからiPadに動画をスムーズに送信できます。安定した転送を確保し、デバイス間での互換性の問題を回避するために、注意して手順を実行しましょう。

まとめ

iPhoneからiPadへの動画転送は、簡単かつ便利な方法であり、FoneToolやAirDrop、iCloud Driveなどのツールを活用することで、よりスムーズに行うことができます。これらの手法を使って、大切な瞬間をiPadで再生する楽しみを味わいましょう。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>