購入した項目を新しいApple IDに移行する方法

新しいApple IDを作成する際、購入した項目を失いたくないはずです。このガイドでは、購入した商品を新しいApple IDに移行する2つの方法を詳しく説明します。

Zoe by Zoe 更新日 2023年09月26日
共有しよう:

購入した項目を別のApple IDアカウントに移行できますか?

 

最近、新しいApple IDを作成したのですが、古いApple IDからApp StoreとiTunesで購入したものを移行したいと考えています。どうすればできますか?

- Apple Communityからの質問

新しいApple IDを作成する際、あるApple IDから別のApple IDに連絡先を簡単に移行する方法が見つかるかもしれません。しかし、必ずしも期待するほど簡単ではありません。例えば、iTunesで購入したものを別のアカウントに転送する方法は、ファイルを転送する方法とは異なります。幸いなことに、このガイドでは、少しの忍耐で2つの方法で購入した項目を新しいものに移行することができます。

ファミリー共有経由で新しいApple IDに購入した項目を転送

最初の方法は、iCloudのファミリー共有で、購入したデジタルデータを家族間で共有することです。そのため、以下の手順で新しいApple IDを家族の一人に設定して作成することができます。

ファミリー共有を有効にして設定する方法

ステップ1. iPhoneで「設定」>「以前のApple IDでサインイン」>「ファミリー共有」>「家族を設定」と進み、画面の指示に従います。購入した項目を家族と共有するオプションをオンにする必要があります。

ファミリー共有

ステップ2. 新しいApple IDをファミリーメンバーとして招待するには、「ファミリー共有」>「メンバーを追加」>「新しいApple IDのメールアドレスを入力」に戻ります。

新しいApple IDのパスワードを入力して招待を承認し、画面の指示に従います。

注意:
ファミリー共有では、5人以下の家族としか購入品を共有できません。
一度に参加できるファミリーは1つだけです。

新しいApple IDに購入履歴をダウンロードする方法

設定に戻り、以前のアカウントをサインアウトし、新しいApple IDでサインインします。例として、購入したアプリを別のApple IDに転送してみましょう。

ステップ1. iPhoneのApp Storeで、右上のプロフィール画像をタップし、「購入済み」をタップします。

ステップ2. 以前のApple IDの名前をタップして内容を表示>各アプリの横にあるダウンロードアイコンをタップしてダウンロード。

注意:✎...
すべてのアイテムは正規の価格が表示されたままなので、再度購入することを避けるために、購入ページからダウンロードすることをお勧めします。

プロのツール経由で別のApple IDに購入した項目を移行

確かに、ホームシェアリング経由で購入した項目を転送するのはちょっと複雑です。物事をより簡単にするために、FoneToolを試してみることをお勧めします。

FoneToolの特徴と利点
✿ 簡単な操作。数回クリックするだけで、FoneToolを経由して手間をかけずにタスクを完了できます。
✿ 転送アイテムの種類。FoneToolは、Apple Musicのサブスクリプションのように、すべての購入を別のApple IDに転送するだけでなく、アプリケーション(データファイル、環境設定)、写真、連絡先、通話履歴、テキストメッセージ、メモ、カレンダー、Safari(履歴、ブックマーク)、およびシステム設定も転送することができます。
✿ 幅広い互換性。FoneToolはiPhone、iPad、iPodの異なるモデルをサポートできます。iOSのバージョンとも完璧に互換性があります。

新しいApple IDに購入を転送する簡単なステップ

ステップ1. 下のアイコンをクリックして、FoneToolをパソコンにダウンロードしてインストールします > iPhoneで前のApple IDにサインインしたことを確認して、パソコンに接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ2. FoneToolを起動します。左側のペインで「データバックアップ」をクリックします。ウィンドウの右側にある「完全バックアップ」を選択します。

完全バックアップ

ヒント:✎...
2つの異なるiPhoneで2つのApple IDにログインしている場合は、「iPhoneからiPhone」の転送機能をクリックして、バックアップなしでiPhoneからiPhoneにデータを転送することもできます。

ステップ3. 必要に応じて、バックアップファイルのプライバシーを保護するために、バックアップの暗号化を有効にして、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

バックアップが完了したら、iPhoneを取り外し、以前のApple IDをサインアウトし、新しいApple IDでサインインします。その後、iPhoneを再びコンピュータに接続し、すべての購入履歴を新しいAppleアカウントに反映させます。

ステップ4. FoneToolで「バックアップ履歴」を選択します。先ほど作成したバックアップを選択し、復元アイコンをタップします。

バックアップ履歴

注意:
完全バックアップから復元した後、iPhoneの対応するデータは上書きされます。
完全バックアップを保存するために、iPhoneに十分な空き容量があることを確認してください。必要に応じて、FoneToolの「iPhone消去」機能を使って、パスワードなしでiPhoneを消去することができます。

Apple IDから別のApple IDに購入した商品を移行する

もし選択したファイルを新しいApple IDに転送したい場合、「iPhoneからPC」の転送機能を選択すれば、購入済みでも未購入でも、iPhoneからパソコンに音楽を転送できます。

iPhoneからPC

Apple IDを変更した後、PCからiPhoneに転送して、簡単なクリックでそれらを取り戻すことができます。

結論

購入した項目を新しいApple IDに移行するには、iPhoneのApple IDを変更して直接移行することはできません。幸いにも、ホームシェアリングまたはFoneToolを使って、一つのApple IDから別のApple IDに購入した項目を転送することができます。簡単な操作と専門的なバックアップサービスにより、FoneToolはより良い選択です。

もしこのガイドがお役に立てれば、もっと多くの人と共有しましょう。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>