iPadからiPadに動画を転送する方法

この記事では、FoneToolアプリやAirDrop、クラウドストレージを使ってiPad同士で動画を転送する手順を詳しく解説します。さまざまな方法がありますので、自分に合った方法を選んで動画を楽しんでください。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月08日
共有しよう:

iPad同士で動画を転送する必要性

iPadは、私たちの日常生活において欠かせないデバイスの一つとなっています。しかし、時には友人や家族と動画を共有したいときもありますよね。

  • シェアリングの便利さ: 友人や家族と動画を共有する際、簡単かつ迅速に転送できる手段が必要です。
  • プライバシーの確保: インターネット経由での共有よりも、直接iPad同士で転送することでプライバシーを保護できます。

動画

そこで、本記事ではiPad同士で動画を簡単に転送する方法について紹介します。

FoneToolモバイルアプリを使った転送方法

FoneToolは、iOSデバイス間でのデータ転送を行うための便利なモバイルアプリです。写真、動画、音楽などさまざまな種類のデータを簡単に転送できます。FoneToolの主な特徴は以下の通りです。

  • 多様なデータ転送: 写真、動画、音楽など、さまざまな種類のデータをiPhoneやiPad間で転送できます。
  • シンプルな操作: インターフェースが直感的で使いやすく、誰でも簡単に操作できます。
  • 高速転送: 高速で安定した転送が可能であり、大容量のデータも迅速に移動できます。
  • セキュリティ保護: データ転送時にセキュリティを確保し、プライバシーを守ります。

iPhone/iPad間データ転送ソフトFoneToolを使ってiPad同士で動画を転送する手順

  • App StoreからFoneToolアプリをダウンロードし、両方のiPadにインストールします。
  • 両方のiPadでFoneToolアプリを起動します。
  • 送信元iPadと受信先iPadをFoneToolアプリで検出し、それぞれを選択します。
  • 送信元iPadから転送したい動画を選択します。
  • 動画を選択した後、「送信」ボタンをタップして転送を開始します。
  • 受信先iPadで転送を受け入れるか確認し、承認すると動画が受信されます。

以上がiPhone/iPad間データ転送ソフトFoneToolを使ってiPad同士で動画を転送する手順です。 FoneToolを利用することで、簡単かつ迅速に動画を共有できます。

AirDropを利用した転送方法

AirDropを使った転送も簡単で便利です。以下はAirDropを利用した転送手順です。

  • 両方のiPadでAirDropを有効化し、受信を許可する設定にします。
  • 送信元iPadで転送したい動画を選択し、共有オプションからAirDropを選択します。
  • AirDropで接続されたiPadを選択し、動画を送信します。
  • 受信側のiPadでAirDropリクエストを承認し、動画を受信します。

クラウドストレージを利用した転送方法

クラウドストレージを利用すれば、インターネット経由で動画を共有することができます。以下はクラウドストレージを利用した転送手順です。

  • 送信元iPadで動画をクラウドストレージにアップロードします。
  • 共有リンクを作成し、受信側iPadに共有します。
  • 受信側iPadで共有リンクを開き、動画をダウンロードします。

まとめ

以上がiPad同士で動画を転送する方法の紹介です。FoneToolアプリやAirDrop、クラウドストレージなど、さまざまな方法がありますので、自分に合った方法を選んで動画を楽しんでください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>