iPhoneのWhatsAppバックアップができない問題を解決する7つの方法

iPhone WhatsAppがバックアップできない?このガイドではWhatsAppがiCloudにバックアップできない原因と解決策をご紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年02月05日
共有しよう:

問題:iPhoneのWhatsAppバックアップができない

 

iPhoneのWhatsAppバックアップができない

WhatsApp バックアップが0%で止まっています。iPhoneをバックアップしていますが、WhatsAppがバックアップされません。どなたかこの問題に直面している方、助けて下さい。

- Apple コミュニティからの質問

WhatsApp のメッセージは大切なものなので、iCloud にバックアップしたい。しかし思うようにバックアップが進まない。iPhoneのWhatsAppバックアップが機能しない問題は多くのユーザーから報告されています。WhatsAppバックアップが固まったと言う人もいれば、バックアップフォルダにデータがないと言う人もいます。

幸い、この問題を解決するにはいくつかの方法があります。このガイドでは、iPhoneでWhatsAppバックアップができない原因と、この問題を素早く解決する方法をご紹介します。もしあなたもこの問題に悩んでいるのであれば、解決策をご覧下さい。

iPhoneでWhatsAppバックアップができない理由

なぜiPhoneでWhatsAppバックアップができないのか? WhatsAppバックアップが機能しない原因は様々です。

設定が正しくない。異なる iCloud アカウントを使用している場合、WhatsApp をバックアップできません。
iCloud ストレージ容量不足。データを保存するストレージが不足している場合、WhatsApp はバックアップされません。
以前のバックアップが破損または不完全。前回のバックアップに問題がある場合、iPhone WhatsAppバックアップが機能しない問題が発生します。
インターネット接続が弱い。インターネット接続が弱く、WhatsApp サーバーに接続できない。
不明なエラー。iPhoneの些細な不具合により、WhatsAppがiCloudに正しくバックアップできない場合があります。

iPhone WhatsApp バックアップができない場合の対処法

iPhoneのWhatsAppバックアップができない問題を解決する方法をご紹介します。問題が解決するまでお試し下さい。これらの方法はiPhone WhatsApp 自動バックアップが機能しない問題の解決にも役立ちます。

トラブルシューティングに時間がかかる場合があります。WhatsAppのバックアップを取りたい場合、次の方法をご参照下さい。

ヒント 1. iCloudステータスを確認

まずAppleシステムステータスサイトでiCloudのステータスを確認。iCloudサーバーがダウンしているため、iPhone WhatsAppバックアップが機能しない問題が発生している可能性があります。

iCloudバックアップまたはiCloud Driveの横の円が緑色でない場合、Appleが問題を解決するのを待つしかありません。この場合、サードパーティ製バックアップツールを使ってWhatsAppをバックアップすることができます。詳しくはこちらをご覧下さい。

ヒント 2. 基本設定を確認

WhatsAppバックアップは全ての設定が正しい場合にのみ機能します。iPhoneでWhatsAppバックアップが機能しない場合、以下の設定を順次ご確認下さい。

🔸 iCloudにアクセスする際に使用するApple IDにサインインしていることを確認します。

🔸 設定>自分の名前>iCloud>「iCloud Drive」で同期オプションをオンにします。

iCloud Drive

🔸 「設定」>お名前>「iCloud」>「WhatsAppを探す」を選択し、オンにします。

🔸 携帯データでWhatsAppをバックアップする場合、iCloudの携帯データ使用を有効にして下さい。

ヒント 3. iPhoneを再起動

iOSの問題を解決するには強制再起動が効果的です。潜在的な不具合を一掃するのに役立ちます。お使いのデバイスのモデルに応じて、以下の手順に従ってください。

  • Face IDを搭載したiPhone 8以降の場合:ボリュームアップボタンを素早く押して離す>ボリュームダウンボタンを素早く押して離す>Appleロゴが表示されたら、サイド/電源ボタンを長押しします。
  • iPhone 7/7 Plusの場合:トップボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押し>Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。
  • iPhone 6s、SE、およびそれ以前のホームボタンの場合:ホームボタンとトップ(またはサイド)ボタンを同時に長押し>Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。

ヒント4. インターネット接続を確認する

iCloudはWhatsAppデータのアップロードにWi-Fiを必要とします。その為、ネットワーク環境が悪い場合、iPhone WhatsApp バックアップが機能しない問題が発生します。以下の手順で接続をリフレッシュし、ネットワークのトラブルシューティングを行って下さい。

🔸 ルーターを再起動します。

🔸 VPNをオフにするします。

🔸 機内モードをオンにし、数秒後にオンにします。

🔸 「設定」>「一般」>「リセット」(iOS 15以降では「転送またはiPhoneをリセット」>「リセット」)>「ネットワーク設定をリセット」を選択>パスコードを入力して確認します。

ネットワーク設定をリセットすると、Wi-Fiパスワード、Bluetoothペアリングされたデバイス、VPN、その他のネットワーク関連の設定が削除されます。デバイスのデータは削除されませんのでご安心ください。

ヒント5. iCloudのストレージ容量を確認する

iCloudストレージ容量が不足するとバックアッププロセスが完了しません。iPhone WhatsAppバックアップが上手く行かない場合、設定から空き容量を確認できます。

「設定」>名前>「iCloud」でiCloudの空き容量が確認できます。WhatsAppによると、iCloudアカウントにバックアップ容量の2.05倍以上の空き容量が必要です。

空き容量を増やすには、不要なデータ同期をオフにするか、アカウントストレージの管理で不要なファイルを削除して下さい。さらに、必要に応じてストレージプレーンをアップグレードすることもできます。

ちなみに、バックアップの量を減らすために、ビデオを含めるオプションをオフにすることができます。

ヒント 6. 古いWhatsAppバックアップを削除

デフォルトでは、WhatsAppは前回のバックアップを上書きします。しかし前回のバックアップが破損していたり、不完全な場合、現在実行中のバックアップは停止します。この場合、以前のバックアップを削除することでiPhone WhatsAppバックアップが機能しない問題を解決できます。

「設定」>自分の名前>「iCloud」>「ストレージを管理」>「WhatsApp Messenger」を選択>「データを削除...」をタップし、以前のバックアップを削除します。

以前のバックアップを削除することもできます。「設定」>お名前>「iCloud」>「iCloudバックアップ」>デバイスを選択>「削除してバックアップをオフにする」をタップします。

バックアップ

ヒント 7. WhatsAppとiOSをアップデート

アプリやiOSのバグやエラーにより、iCloudがWhatsAppを正しくバックアップできない場合があります。WhatsAppとiOSを最新バージョンにアップデートするとエラーが解消されます。

🔸 WhatsAppをアップデート: App Store>WhatsApp を検索>新しいバージョンがあればアップデートをタップします。

🔸 iOSアップデート:「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」>「ダウンロードしてインストール」をタップします。

ソフトウェア・アップデート

いずれの方法でもWhatsAppバックアップがiPhoneで機能しない問題を解決できない場合、Apple及びWhatsAppサポートにご連絡下さい。問題が解決する前に、サードパーティ製バックアップツールを使ってチャットをバックアップすることができます。詳細はこちらをご覧下さい。

回避策: サードパーティ製ツールでWhatsAppをバックアップ

WhatsAppバックアップの選択肢はiCloudだけではありません。iPhoneのWhatsAppバックアップが機能しない場合、サードパーティ製バックアップツールをご利用下さい。

FoneToolをお勧めします。FoneToolはWindowsユーザー向けのiPhoneデータ管理ツールです。このツールでWhatsAppをコンピュータ、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブに素早くバックアップできます。

enlightenedFoneToolはチャット履歴、写真、ビデオ、ドキュメント、ステッカー、その他アプリ関連の詳細を含む全てのWhatsAppデータをバックアップできます。

enlightenedUSBケーブル経由でWhatsAppをパソコンにバックアップします。その為、バックアップはオフラインで完了し、ストレージ容量を心配する必要はありません。

enlightenedバックアップファイルは閲覧可能。バックアップファイルは読み込めます。必要に応じて、バックアップをiPhoneに復元したり、バックアップを他のiPhoneに復元したりすることができます。

ダウンロードボタンをクリックしてFoneToolを入手し、以下の手順に従ってWhatsAppをバックアップして下さい。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. FoneToolを起動 > iPhoneを接続し、コンピューターを信頼します。

ステップ2. 「WhatsAppマネージャー」を選択>WhatsAppを選択>「WhatsAppをバックアップ」の下にある「スタート」をクリックします。

WhatsAppをバックアップ

ステップ 3. バックアップの暗号化を有効にし、ストレージパスを変更>最後に「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

完了後、「バックアップ履歴」でバックアップを確認できます。このページでは、バックアップファイルの表示、エクスポート、削除、復元ができます。

バックアップ履歴

   
注意事項:
   
► FoneToolはWhatsAppの転送もサポートしています。時間をかけてバックアップを取らなくてもWhatsAppを転送できます。FoneToolはApple IDから別のApple IDへWhatsAppを移行できます。
 
► iPhone上の他のファイルをバックアップしたい場合、「データバックアップ」でバックアップできます。フルバックアップは全てのコンテンツと設定をバックアップします。

最後に

以上、iPhone WhatsAppバックアップができない問題の解決方法でした。本ガイドに記載された方法がお役に立てれば幸いです。問題が解決しない場合、FoneToolでWhatsAppをパソコンにバックアップする方法があります。バックアップファイルを閲覧したい場合、WhatsAppをバックアップした方が良いかもしれません。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>