iPhone/iPad/MacでiCloudバックアップをキャンセルする方法

この文章から、iCloudバックアップを効率的に停止する方法を知ることができます。iCloudデータを効率的に管理または同期する必要がある場合、FoneToolを使用してそれを行うことができます。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月08日
共有しよう:

iPhoneでiCloudバックアップをキャンセルできますか?

iCloudがAppleデバイスを自動的にバックアップすることで、ユーザーは異なるデバイス間でデータをシームレスに同期し、簡単にアクセスできるようになる。写真のようなiPhone上のデータはすべて、iPadやMacなどでも見ることができます。

しかし、iCloudの容量は限られており、特に無料ユーザーの場合、5GBの容量しかないため、デバイスから必要なデータを保存するには不足しがちだ。その場合、iCloudバックアップを手動でキャンセルすることをお勧めします。

注意:無料でより多くのiCloudストレージを取得する必要がある場合は、答えを見つけるために3番目の部分にスキップします。

iPhoneでiCloudバックアップをキャンセルする方法

iPhoneまたはiPadでiCloudバックアップをオフにする手順はとても簡単です。

設定」アプリを開き、上部にある自分の名前をタップ>「iCloud」をタップし、下にスクロールして「iCloudバックアップ」を見つける>「iCloudバックアップ」の横にあるスイッチをオフに切り替えるだけです。

iCloudバックアップ

この操作で、デバイスがiCloudにバックアップされなくなります。ただし、リマインダー、カレンダー、iCloudストレージを使用するアプリの同期データなど、他のiCloud機能には影響しません。特定のアプリがiCloudを使用しないようにするには、次の手順に従います:

ステップ 1. 「設定」アプリを起動し、自分の名前をタップして、「iCloud」を選択します。

ステップ 2. アプリのリストをスクロールし、iCloudの使用を停止したいアプリの横にあるスイッチをオフにします。

ステップ 3. iCloudから完全にログアウトする場合は、「設定」で自分の名前をタップし、「サインアウト」を選択します。

サインアウト

以上がiCloudでiPhoneのバックアップをキャンセルする方法です。

MacでiCloudバックアップを停止する方法

Macの主なバックアップ方法はTime Machineで、通常は直接接続されたハードドライブ、SSD、またはTime Capsuleのようなネットワークドライブに依存する。ただし、iCloud Photo Libraryや、ファイルやデータの保存にiCloudを利用する特定のアプリケーションなど、特定の機能にはiCloudが使用されます。

パート 1. iCloudを使用するアプリを停止する

Appleメニューからシステム環境設定を選択>Apple IDペインを選択>iCloud Driveの横にあるオプションをクリック>iCloudをデータストレージに使用したくないアプリのチェックボックスを外す>「完了」をクリックします。

iCloud

注意:アプリのiCloudを無効にすると、アプリの機能に影響が出る場合があります。iCloudを無効にする前に、アプリの互換性とパフォーマンスを確認してください。

パート 2. iCloudフォトライブラリを無効にする

Macの写真アプリを開く>Command-Comma(⌘、)を押して写真設定にアクセス>iCloudタブにアクセスし、iCloud Photosのチェックを外します。

この操作で、MacがiCloudフォトライブラリを利用できなくなりますが、他のデバイスで撮影した写真のiCloudバックアップには影響しません。

パート 3. すべてのデバイスのiCloudフォトバックアップをキャンセルする

システム環境設定を起動>Apple IDペインをクリック>「管理」を選択し、「写真」>「無効化して削除」を選択します。

無効化して削除

この操作でiCloudフォトライブラリが完全に無効になります。削除前に写真をダウンロードするための30日間の猶予があります。

パート 4. MacでiCloudを完全にオフにする

システム環境設定にアクセス>Apple IDをクリックし、「概要」 > 左下の「サインアウト」を選択します。

注意:iCloudを無効にすると、iCloud Drive、アプリのデータ保存、連絡先、カレンダー、キーチェーン項目、Safariブックマークなどの様々な機能に影響が出ます。したがって、先に進む前に、その影響を考慮してください。

以上、MacからiCloudバックアップをキャンセルする方法でした。

iCloudストレージの支払いを停止する方法

無料でiCloudストレージを増やすには、専門的なiCloudデータ管理アプリ-FoneToolを使って作ることができます。

このアプリを使えば、Windows PCでiCloudデータを効率的に削除、アップロード、ダウンロードできます。その転送速度はiCloudのウェブよりずっと速いです。それに、FoneToolは不安定なことが多いiCloudのウェブと比べて、安定な操作性を維持し、ユーザーに便利なデータ管理機能を提供します。

enlightened1000枚の写真をiCloudにアップロードするのに何時間かかりますか?

iCloudのウェブを使用している場合、1000枚の写真をiCloudにアップロードするために、6-8時間を費やす必要があるかもしれません。FoneToolを使用してアップロードする場合、プロセスは40分に短縮されます。

新しいApple IDに変更する必要がある人や、複数のアカウントを所有している人は、iCloud同期機能を使って、すべてのiCloudデータを別のアカウントに移動することもできます。では、iCloudバックアップを高速化する方法について、以下のガイダンスをお読みください。

パート 1. FoneToolを使ってiCloudデータを管理する

ステップ 1. WindowsパソコンにFoneToolをダウンロードしてインストール>起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 「私のiCloud」に進み、Apple IDでログイン>「iCloudを管理」を選択して続けます。

iCloudを管理

ステップ 3. iCloudデータにアクセスするために必要な各アイコンを選択>必要に応じて、アップロード、ダウンロード、または削除を選択してプロセスを終了します。

アップロード

パート 2. FoneToolを使用してiCloudデータを同期する

ステップ 1. FoneToolをWindows PCにインストール>起動して「私のiCloud」に移動>ソースApple IDでログイン>「iCloudを同期」を選択して続行します。

ステップ 2. 別のApple IDでログイン>同期したいデータを選択>「同期開始」をクリックして同期します。

iCloudを同期

結論

これで、iPhone、iPadとMacでiCloudバックアップをキャンセルする方法が分かりました。iCloudストレージを管理する専門的なツールが必要な場合、またはiCloudデータを別のApple IDに同期したい場合、FoneToolは大いに役立ちます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>