【Windows&Mac】iPhone 15/14からパソコンに写真を送る方法

この記事は、Windows 11/10/8/7&MacでiPhone 15/14からパソコンに写真を送る方法を紹介します。すべての写真または選択した写真を送りたい場合でも、ここで最適な方法を見つけることができます。

Zoe

By Zoe / 更新日 2024年06月14日

共有: instagram reddit

iPhone 15/14からパソコンに写真を送る必要性

 

 

Windows10からライトニングケーブルを使ってiPhone11にパソコンのフォルダ内の写真を送る方法を教えてください!

icloudなし、ケーブル接続なし、でもできるiphoneの画像をパソコンに送る方法はありますか?

- Yahoo知恵袋からの質問

Appleの高度なカメラはiPhoneの所有する利点の1つとして、ユーザーが素晴らしい写真を簡単に撮ることができるように支援します。最新のiPhone 15は史上最高のカメラを搭載し、素敵な写真をたくさん撮ることができます。この点に惹かれて、iPhone 15を購入したユーザーも多くいます。

iPhoneこに保管されている写真は大切な思い出なので、iPhoneの写真をバックアップすることをお勧めします。ただし、ご存知の通り、iOSとWindowsはうまく連携しません。iPhoneの初心者なら、iPhone 15からWindows 11/10パソコンに写真を送る方法について混乱しているかも知れません。この’目標を達成するのに役たつ6つの方法があり、この記事では詳細について教えてあげます。内容を読んでから、状況に応じて最適な方法を選択することができます。

ケーブルでiPhone 15/14からパソコンに写真を送る方法

ここでは、ほとんどのパソコンユーザーに適したケーブルでiPhone 15/14からWindows&Mac PCへ写真を転送する4つの方法を紹介します。それでは、具体的な方法について見ていきましょう。純正USBケーブルを利用しないと、iPhoneはパソコンとの接続ができなかったり、写真の移行が失敗したりする可能性が高いので、 Apple製のUSBケーブルを使うことをお勧めします。

方法1:FoneToolでiPhoneからWindowsパソコンに写真を送る

まず、一番簡単な方法を紹介していきます。プロのiOSデータ転送ツールを使えば、iPhone 15の写真をパソコンに素早く取り込むことができます。ここでは、FoneToolを強くお勧めします。このツールは、iPhoneのすべてのアルバムを表示するため、必要な写真を簡単に見つけることができます。

FoneToolの優れた機能
★ 画質を圧縮せずに、iPhoneの写真をパソコンに保存できます。
★ iPhoneからパソコンにフォトアルバムを簡単に転送できます。
★ 100枚の写真をiPhoneからパソコンに送るのに3秒しかかかりません。
★ HEIC変換ツールを利用して、HEIC写真をJPG、JPEG、PNG形式に変換できます。

要するに、FoneToolは簡単、迅速かつ安全にiPhone 15/14からパソコンに写真を送ることができます。ダウンロードボタンをクリックして、このツールを入手し、試してみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

Windows 11/10/8/7で、iPhone 15の写真をパソコンに取り込む手順

ステップ 1. FoneToolを起動>iPhone 15をPCに接続>求められたら、iPhoneでパスコードを入力します。

ステップ 2. ホームインターフェイスで、「データ転送」>「iPhoneからPC」オプションをクリックします。

iPhoneからPC

ステップ 3. プラスアイコンをクリックして、転送したい写真を選択します。「確認」をクリックして続けます。

写真を選択

ステップ 4. 「転送設定」をクリックして、写真を保存するストレージパスを選択します。最後に、「転送開始」をクリックして、iPhone 15からPCに写真をインポートします。

転送開始

★ヒント:
● FoneToolは、パソコンからiPhoneに写真を転送し、別のiPhoneやiPadに写真を転送することもできます。写真を家族や友人と簡単に共有できます。
● 重複した写真を削除して、空き容量を確保したい場合は、「重複写真削除」機能を使って、iPhoneとパソコン上の重複した写真を検索して削除することができます。

方法2:WindowsエクスプローラでiPhoneからPCに写真を送る

iPhoneをPCに接続すると、デバイスがUSBストレージとして検出されます。iPhoneを開いて写真フォルダを見つけ、パソコンにコピーすることができます。ただし、写真はサブフォルダにランダムに保存されているため、必要な写真を見つけるには、フォルダを一つずつ開く必要があります。

ファイルエクスプローラ経由でiPhone 15の写真をWindowsパソコンに送る手順

ステップ 1. iPhone 15をプラグイン>求められたら、「許可」をタップするか、iPhoneのパスコードを入力します。

ステップ 2. ファイルエクスプローラを開く>iPhoneを探し、ダブルクリックして開きます。

ステップ 3. 「Internal Storage」>「DCIM」フォルダーに移動します。

「DCIM」フォルダー

ステップ 4. フォルダを開いて、必要な写真を見つけます。選択した写真をiPhone 15からPCにコピー&ペーストします。

方法3:WindowsフォトでiPhoneからパソコンに写真を送る

Windows 11/10/8ユーザーの場合、フォトアプリを使用して、iPhoneからPCに写真や動画を送ることができます。新しく撮影した写真を自動的にパソコンに取り込むように設定することもできます。

フォトアプリ経由でiPhone 15の写真をWindowsパソコンに送る手順

ステップ 1. ファイルを転送できるUSBケーブルを使用してiPhoneをPCに接続します。iPhoneのロックを解除します。デバイスがロックされていると、PCでデバイスが認識されません。

ステップ 2. PC で、「スタート」ボタンを選択し、「フォト」を選択してフォトアプリを開きます。

ステップ 3. 「インポート」>「USBデバイスから」をクリックします。iPhone上の写真とビデオを検出し始めるので、数分間お待ちください。

USBデバイスから

ステップ 4. インポートする項目と保存先の場所を選択>「選択した項目のインポート」をクリックして、iPhone 15からパソコンに写真を送ります。

選択した項目のインポート

方法4:「写真」アプリでiPhoneからMacパソコンに写真を送る

Macの標準アプリ「写真」を使ってiPhoneの写真をパソコンに取り込む手順を説明します。

ステップ 1. iPhoneを充電用ケーブルを使ってMacに接続して、Macで写真アプリを開きます。

ステップ 2. 「読み込み」画面で、左側の「デバイス」タブでお使いのiPhoneを選択して、写真と動画がすべて表示されます。

ステップ 3. 「読み込み先」の横で、既存のアルバムを選択するか新しいアルバムを作成して写真の読み込み先を決めます。

ステップ 4. 読み込みたい写真を選択して「選択項目を読み込む」をクリックするか、全アイテムを取り込む場合は「すべての新しい写真を読み込む」をクリックします。

すべての新しい写真を読み込む

ケーブルなしでiPhone 15/14からパソコンに写真を送る方法

ケーブルを利用したくない場合、ケーブルなしでiPhone 15/14からWindows&Mac PCへ写真を転送する4つの方法を紹介します。具体的な方法について見ていきましょう。

方法5:iCloud写真でiPhoneからパソコンに写真を送る

USBケーブルなしでiPhoneからパソコンに写真を送るなら、クラウドストレージサービスを利用できます。写真がクラウドにアップロードされたら、どのデバイスでもアクセスすることができます。

iCloud写真を使用すると、写真やビデオを最新の状態で安全に保存し、すべてのApple製デバイス、iCloud.com、そしてWindowsパソコンから自動的にアクセスできるようになります。iCloud写真を利用すると、iCloudデバイス間で写真を読み込む必要はありません。常にオリジナルのフル解像度の写真をアップロードして保管します。また、各デバイスに合わせて最適化されたバージョンを残すことで容量を節約することもできますが、必要な場合はいつでもオリジナルをダウンロードできます。写真の編集や構成の変更も、すべてのApple製デバイスに反映されます。

そのため、iPhoneからPCに写真をアップロードしてから、パソコンから写真をダウンロードすることができます。

iCloud経由でiPhone 15の写真をWindowsパソコンに送る手順

ステップ 1. iPhoneでWi-Fiをオンにします。

ステップ 2. 「設定」>「自分の名前」をタップ>「iCloud」をタップ>「写真」をタップ>「iCloud写真」をオンにして、同期を待ちます。

「iCloud写真」をオン

写真ライブラリの容量が大きい場合は、同期完了までに時間がかかります。また、空き容量は5GBしかないことに注意してください。必要に応じて、ストレージプランをアップグレードすることができます。

ステップ 3. iCloudから写真をダウンロードするには、ブラウザを開き、iCloud.comにアクセス>Apple IDとパスコードでサインイン>「写真」を選択>必要な写真を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックして、PCに保存してください。

ダウンロード

方法6:GoogleフォトでiPhoneからWindows PCに写真を送る

iCloudの他に、Googleフォト、Dropbox、OneDriveなどを利用して、iPhone 15からパソコンに写真を転送することができます。ここでは、Googleフォトを例として説明します。

Googleフォト経由でiPhone 15の写真をWindowsパソコンに送る手順

ステップ 1. Googleフォトに写真をアップロードします。GoogleフォトアプリをiPhone 15にダウンロード>アカウントにログイン>アップロードしたい写真を選択>「バックアップ」アイコンをタップして写真をアップロードします。

アップロード

ステップ 2. Googleフォトから写真をダウンロードします。ブラウザを開く>Googleフォトにアクセス>アカウントにログイン>必要な写真を選択>右上のボタンをクリック>「ダウンロード」をクリックして写真をパソコンに保存します。

ダウンロード

方法7:SnapdropでiPhoneからWindowsパソコンに写真を送る

AirDropはWindowsパソコンで動作しませんが、iPhoneからパソコンに写真をAirDropできないわけではありません。Snapdop、SHAREit、Xenderなど、iPhoneとPCの間でワイヤレスでデータを転送できるWindows・Android用無料のAirDrop代わりアプリがたくさんあります。

ここでは、Snapdropを例として、iPhone 15からパソコンに写真を転送する方法を紹介します。

Snapdrop経由でiPhone 15の写真をWindowsパソコンに送る手順

ステップ 1. iPhoneとパソコンでSnapdropのサイトにアクセスします。

ステップ 2. iPhone 15の場合、デバイスアイコンをタップすると、「写真ライブラリ」、「写真またはビデオを撮る」、「ファイルを選択」の3つの選択肢が表示されます。

Snapdrop

ステップ 3. 3つのオプションの中から転送したい写真を選びます。

ステップ 4. パソコンで、「ダウンロード」ボタンをクリックして、写真を保存します。

方法8:AirdropでiPhoneからMacパソコンに写真を送る

AirDropを使用すると、写真、ビデオ、書類などを付近のiPhoneとMacコンピュータにワイヤレスで送信できます。転送はセキュリティのために暗号化され、受信者はコンテンツを受信するたびに、受け入れるか拒否するかを選択できます。

ステップ 1. Macコンピュータが近くにいて、Bluetoothの通信圏内におり、双方のWi-FiとBluetoothがオンになっていることを確認します。MacのAirDropが「すべての人」または「連絡先のみ」から受信するように設定されていることを確認します。

ステップ 2. iPhoneで送りたい写真を選択>「共有」>「AirDrop」オプションをタップします。共有したいAirDropユーザをタップします。

AirDrop

ステップ 3. Macコンピュータで「受け入れる」をタップしたら、写真を確認できます。

受け入れる

よくある質問について

#1:iPhoneの写真がパソコンに取り込めない時の対策

iPhoneの写真がパソコンに取り込めないときはどうしますか?

対策1:iPhoneとPCを再起動します。

対策2:iPhoneとPCの接続を解除し、再度接続します。

対策3:iPhoneのロックを解除します。またはiPhone上で「このコンピュータを信頼する」をタップします。

対策4:パソコンがiPhoneを認識していない場合、Windows AutoPlay設定を確認します。iPhoneを接続した際に「写真とビデオをインポートする」オプションが表示されるはずです。

対策5:iPhoneとパソコンを接続するために使用するUSBケーブルが正常か確認します。

#2:iPhoneの写真がパソコンで開けない場合は?

iPhoneの写真はHEIC形式で、Windowsパソコンでは開くことはできないです。

方法1:iPhoneでHEIC写真をJPEG形式に変換する
 

iOS/iPadOSデバイスから、Windowsと互換性のあるフォーマットで写真を読み込めるようにしておくには、以下の手順を試してください。

ステップ 1. iOS デバイスまたは iPadOS デバイスで設定アプリを開きます。

ステップ 2. 「カメラ」をタップし、「フォーマット」をタップします。

ステップ 3. 「互換性優先」をタップします。この後、カメラは写真やビデオを JPEG フォーマットや H.264 フォーマットで作成するようになります。

方法2:パソコンでHEIC写真をJPEG形式に変換する
 

最高のHEIC変換ソフトであるFoneToolを利用することで、パソコンで品質と詳細を失うことなくHEIC写真をJPEG/JPG/PNG形式に変換することができます。

ステップ 1. FoneToolをダウンロードしてインストールします。FoneToolを開き、「共通ツール」>「HEIC変換ツール」をクリックします。

HEIC変換ツール

ステップ 2. HEIC画像をドラッグ&ドロップ、または「写真を追加」をクリックし、必要なフォーマットを選択します。

写真を追加

ステップ 3. 「変換開始」をクリックして変換します。

まとめ

以上は、Windows 11/10/8/7でiPhone 15/14からパソコンに写真を送る方法でした。異なるアルバムに保存された写真を簡単に転送したい場合、FoneToolはベストな選択です。FoneToolを使えば、必要な写真を簡単に見つけ、iPhoneのライブフォトをパソコンに保存することもできます。写真以外にも、動画、音楽、連絡先の転送もサポートします。ぜひFoneToolをお試しください。