【Mac/Window】iPhoneのバックアップはどこに保存される?

iPhoneのバックアップはどこに保存されていますか?このページでは、MacとPCのそれぞれでiPhoneのバックアップファイルの保存場所をご紹介します。また、便利なフリーウェアを使って、iPhoneのバックアップの場所を指定することもできます。

Zoe

By Zoe / 更新日 2024年06月05日

共有: instagram reddit
 

iPhoneのバックアップはどこに保存されますか?

iPhoneのバックアップはどこに保存されますか?またどうやってそのデータを取り込みますか?

- Yahoo知恵袋からの質問

iPhoneバックアップの保存場所を知りたいですか?

iPhone上のデータを保護するために、MacやWindows PCでiTunesまたはiCloudを利用してiPhoneをバックアップすることができます。バックアップが作成された後、iPhoneのバックアップファイルを見つけたいかもしれません。

バックアップファイルに損傷がないかどうかを確認します。
不要になったバックアップファイルを削除して、MacやWindows PCの空き容量を増やします。
バックアップファイルを別の場所にコピーします(ただし、Appleはバックアップファイルを移動することを推奨していません。移したバックアップファイルから復元するには、元に戻す必要があり、さもなければファイルは機能しません)。

iPhoneのバックアップがどこに保存されているのか見当がつかない場合は、この記事を読み続けてください。iTunes、それともiCloud経由でiPhoneのバックアップを作成しても、以下の手順に従って、MacとWindows PCでバックアップファイルの保存場所を見つけることができます。

iPhoneのバックアップはMacのどこに保存される?

Macを使用している場合は、以下の手順でiTunesバックアップとiCloudバックアップを見つけることができます。

MacでiTunesバックアップの保存先

iTunesバックアップは、macOSの「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」に保存されています。メニューバーの虫眼鏡をクリックし、パスを入力すると、Mac上のiTunesバックアップを見つけることができます。macOS 10.15では、iTunesの代わりにFinderがiPhoneのバックアップを作成します。ただし、バックアップは同じ場所に保存されます。

手順に従って特定のiTunesバックアップを見つけることもできます。

ステップ 1. Finderを開き、デバイスをクリックします。

ステップ 2. 「一般」タブで「バックアップを管理」をクリックし、バックアップのリストを表示します。この画面で、目的のバックアップを右クリックして「Finderで表示」を選択します。または、「削除」、「アーカイブ」を選択することもできます。

Finderで表示

iTunesバックアップを自動的に検索する方法
iPhoneバックアップ抽出ツールを利用して、iTunesバックアップを自動的に見つけることができ、クリックするだけで開くことができます。

MacでiCloudバックアップの保存先

iCloud.comにバックアップのリストはありません。MacでiCloudバックアップを探す方法を以下にご紹介します。

macOS Catalina以降を搭載したMacでは、以下の手順を実行してください。

Appleメニュー>「システム環境設定」「Apple ID」をクリック>「iCloud」をクリック>「管理」をクリック>「バックアップ」を選択します。

iCloudバックアッを管理

macOS Mojave以前を搭載したMacでは、以下の手順を実行してください。

Appleメニュー>「システム環境設定」>「iCloud」をクリック>「管理」をクリック>「バックアップ」を選択します。

iPhoneのバックアップはWindows PCのどこに保存される?

Windows PCでiPhoneバックアップの保存場所を探す手順は、Macの手順とは少し異なります。WindowsでiPhoneをバックアップしていたが、バックアップファイルがどこに保存されているかを確認したいなら、以下の手順に従ってください。

Windows PCでiTunesバックアップの保存先

すべてのiTunesバックアップは、Windows 11、10、8、7、またはVista上の「\Users\(username)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」に格納されています。

ステップ 1. 右上にある虫眼鏡のアイコン(Windows 8)またはスタートボタン(Windows 10)の横にある検索バーに移動します。

ステップ 2. 検索バーに「%appdata%」と入力します。バックアップが表示されない場合は、「%USERPROFILE%」と入力してEnterキーを押してください。

ステップ 3. 「Apple」または「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」の順でフォルダを開くと、iTunesバックアップを見つけることができます。

iTunesバックアップ

Windows PCでiCloudバックアップの保存先

iCloud.comには、にバックアップのリストは表示されません。Windows PCでiCloudバックアップを見つける方法は次のとおりです。

ステップ 1. Windows用iCloudをダウンロードして開き、「保存容量」をクリックします。

保存容量

ステップ 2. 次のウィンドウで、「バックアップ」を選択します。

パソコンでiPhoneをバックアップし、保存先を特定する方法

iPhoneのバックアップの保存先を自分で指定したい場合、プロのiOS転送ツールであるFoneToolを選択することができます。このソフトは、iPhone 4から最新のiPhone 14まで互換性があります。

FoneToolはiPhoneの写真、音楽、ビデオ、連絡先、メッセージなどのデータをバックアップする最も簡単な方法を提供します。PCのローカルフォルダにバックアップする以外に、外付けHDDやUSBフラッシュドライブなどの外付けドライブをバックアップ先として選択することもできます。

FoneToolの主な機能と利点:
👍 カスタムおよび増分バックアップ:
FoneToolで、iPhoneからパソコンに必要なファイルを自由にプレビューして、バックアップできます。増分バックアップサービスは、変更されたバックアップ内容のみをバックアップします。
👍 シンプルで高速なバックアッププロセス:3つのステップだけで、iPhoneのバックアップを完了できます。iPhoneとパソコン間の安定したUSB接続により、バックアッププロセスを数秒で完了することができます。
👍 バックアップを自由に検索と閲覧:FoneToolは、バックアップファイルを検索・閲覧する便利な方法を提供します。
👍 簡単なバックアップと復元プロセス:FoneToolのシンプルなUIは、ワンクリックでiPhoneをバックアップし、iPhoneにバックアップファイルを復元することができます。

下のボタンをクリックして、FoneToolをWindows PCにダウンロードして、iPhoneを簡単にバックアップし始めましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. iPhoneをUSBでパソコンに接続します。FoneToolを起動し、ホームページの「データバックアップ」>「個別バックアップ」をクリックします。

カスタムバックアップ

ステップ 2. 各アイコンをクリックしてプレビューし、バックアップしたいファイルを選択します。「確認」をクリックして確認します。

ファイルを選択

ステップ 3. 「バックアップストレージパス」を選択し、「バックアップ開始」をクリックすると、数秒で作業が完了します。ここで、フラッシュドライブをバックアップ先として選択すれば、iPhoneをフラッシュドライブにバックアップすることができます。

バックアップ先

また、FoneToolでは、iPhoneのバックアップを簡単に見つけることができます。「バックアップ管理」画面にアクセスして、バックアップを復元、表示、または削除することができます。

バックアップの管理

iPhoneデータを選択的にバックアップできるだけでなく、FoneToolの「完全バックアップ」機能を利用して、iPhoneの完全バックアップを作成することもできます。これは、新しいiPhoneに乗り換えるとき、またはトラブルシューティングのためにiPhoneを工場出荷状態にリセットするとき、データ損失を避けられる便利な機能です。

iPhoneのバックアップに関するよくある質問

#1:iPhoneのバックアップ写真はどこに保存されていますか?

iTunesバックアップ(WindowsまたはmacOS 10.14以前)
 
  • Windows:エクスプローラーを開く>「%appdata%\Apple Computer\MobileSync\Backup\」に移動します。
  • macOS:Finderを開く>「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」に移動します。
iCloudバックアップ
 
  • iPhoneから:「設定」 > 「[ユーザー名]」 > 「iCloud」 > 「写真」にあります。
  • PCから:iCloud.comにログインし、「写真」を選択します。

#2:iPhoneのバックアップに何が保存される?

iPhoneのバックアップには、多くの重要なデータや設定が保存されます。以下は、iPhoneバックアップに一般的に含まれるもののリストです:

iCloudバックアップに保存されるデータ
 
  • デバイス設定:Wi-Fi設定、壁紙、通知設定など
  • アプリデータ:アプリの設定や内部データ(アプリ自体はバックアップされないが、再インストール時にデータが復元される)
  • ホーム画面とアプリの配置
  • iMessage、SMS、MMSのメッセージ履歴
  • 着信音
  • ビジュアルボイスメールのパスワード
  • ヘルスデータ(暗号化バックアップの場合)
  • ホームキット設定(暗号化バックアップの場合)
  • 写真とビデオ(iCloud写真が有効になっている場合は除く)
iTunes/Finderバックアップに保存されるデータ
 
  • 全てのデバイス設定
  • アプリデータ
  • ホーム画面とアプリの配置
  • メッセージ履歴(iMessage、SMS、MMS)
  • 写真とビデオ
  • 音楽、ポッドキャスト、オーディオブック
  • 連絡先、カレンダー、メモ
  • Safariの履歴、ブックマーク
  • メールアカウントとメールデータ
  • ビジュアルボイスメールのパスワード
  • アプリの書類とデータ
  • 着信音
  • ヘルスデータ(暗号化バックアップの場合)
  • ホームキット設定(暗号化バックアップの場合)
iPhoneのバックアップに含まれないもの
 
  • Apple Payの情報と設定
  • Face IDまたはTouch IDの設定
  • App Storeのコンテンツ(再ダウンロード可能)
  • iCloud写真(iCloud写真が有効になっている場合)
  • iMessages(iCloudメッセージが有効になっている場合)
  • メールデータ(iCloud、Gmail、YahooなどのIMAPアカウントの場合)

バックアップの種類や方法によって保存されるデータの範囲が異なるため、自分のニーズに最も適したバックアップ方法を選択することが重要です。暗号化バックアップを使用すると、より多くのデータが保存されるため、特に機密性の高いデータを含む場合は推奨されます。

#3:iCloudの無料ストレージ容量が不足している場合、どうすれば良いですか?

iCloudの無料ストレージは5GBです。ストレージが不足している場合は、不要なデータを削除するか、iCloudストレージプランをアップグレードすることで容量を増やせます。「設定」>「[ユーザー名]」>「iCloud」>「ストレージを管理」>「ストレージプランを変更」からプランをアップグレードできます。

#4:iCloudバックアップとiTunesバックアップの違いは何ですか?

iCloudバックアップは、データがAppleのクラウドサーバーに保存され、Wi-Fi経由で自動的に行われます。iTunesバックアップ(またはFinderバックアップ)は、データがパソコンに保存され、ケーブル接続が必要です。また、iTunesバックアップは暗号化のオプションがあり、ヘルスデータやWi-Fiパスワードなどの追加データも保存されます。

概要

iPhoneのバックアップはMacやPCのどこに保存されていますか?この記事を読んで、具体的な保存場所は把握していると思います。もし、iPhoneを指定の場所にバックアップしたいなら、FoneToolを試してみてください。このソフトは、iPhoneからiPhoneに写真を移行することもできます。今すぐ試してみて、もっと素晴らしい機能を発見していきましょう!