容量不足でiPhoneに復元できないエラーを修正する方法

パソコンまたはiPhoneが容量不足のため、iPhoneに復元できないですか?このガイドは、iPhoneを復元できない、空き容量が足りない問題を迅速に解決する方法を紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月01日
共有しよう:

問題:容量不足でiPhoneに復元できない

iTunesもiCloudもiPhoneのデータをバックアップすることができます。誤って重要なデータを紛失してしまった場合、復元を実行することで取り戻すことができます。また、新しいiPhoneにデータを転送したり、iOSの問題を修正したりすることもできます。

しかし、今回iTunesやiCloudのバックアップを復元しようとすると、「iPhoneで十分な空き領域が使用できないため、iPhoneを復元できませんでした」というメッセージが表示されます。コンピュータとiPhoneを再起動することでこのエラーを修正しようとしたかもしれませんが、うまくいきません。まあ、気楽に考えてください。

容量不足でiPhoneに復元できない

容量不足でiPhoneに復元できないエラーの修正法

容量不足のため、iPhoneがバックアップから復元できないと表示されたので、まずiPhoneやパソコンのストレージ容量を確認してください。エラーメッセージが事実かどうかを確認することは意味があります。

確かに復元を実行するのに十分な空き容量がない場合、ストレージの空き容量を増やしてみてください。または、デバイスに十分な空き容量があるにもかかわらずエラーメッセージが表示される場合は、別の解決策を得るために次の部分にジャンプしてください。

方法1:iPhoneのストレージ容量を確保する

iTunesがiPhoneを復元できないと表示された場合、iPhoneの「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」でiPhoneのストレージ容量を確認できます。各アプリの使用容量が表示されます。空き容量を確保するには、使用頻度の低いアプリを削除することができます。また、不要な曲、写真、ビデオ、メッセージなどを削除することもできます。

さらに、iPhone上の重複した写真を削除して容量を確保することもできます。 iPhoneに重複した写真があるのはよくあることです。写真アプリで手動で重複写真を見つけて削除することもできますし、プロの重複写真削除ツールを使ってワンクリックで重複写真を削除することもできます。

iPhoneで重複写真を削除する方法

iPhone上の重複写真を素早く見つけるには、FoneToolの重複写真削除機能をご利用ください。 FoneToolはWindows PCユーザー向けの専門的なiOSデータ管理ソフトです。重複写真だけでなく、類似写真も見つけることができます。

ステップ 1. ダウンロードボタンをクリックして、FoneToolを入手します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 2. 「ツールボックス」>「重複写真削除」を選択します。

重複写真削除

ステップ 3. 「iOSデバイスのをスキャン」オプションをクリックします。

iOSデバイスのをスキャン

ステップ 4. フィルタの日付範囲を設定>iPhone上の重複した写真を見つけるために「スキャン開始」をクリックします。

スキャン開始

ステップ 5.  デバイス上のすべての重複写真がリストされます。「削除」ボタンをクリックして、不要な写真を削除できます。

削除

方法2:パソコンのストレージスペースを解放する

コンピュータの記憶領域を解放するには、アプリケーション、写真、ビデオ、大容量ドキュメントなどを削除します。これらのファイルを残しておきたい場合は、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブ、クラウドストレージなどのリムーバブルメディアに移動することができます。また、ディスククリーンアップを実行して、システムハードドライブ上の不要なファイルを削除することもできます。

パソコンにたくさんの写真がある場合は、重複/類似した写真を削除して空き容量を確保するために、FoneToolの「重複写真削除」機能を使用してパソコンの重複写真を削除することもできます。

パソコンの重複写真を削除

iTunesバックアップはハードドライブのかなりのスペースを占有する可能性があります。そこで、古いiTunesバックアップファイルを削除することができます。2つの方法があります:

■ iTunesから直接古いバックアップを削除する:

iTunesを開く>「編集」をクリック>「環境設定」を選択>「デバイス」タブをクリック>削除したいバックアップを選択>「バックアップを削除」をクリックして確認します。

バックアップを削除

■ バックアップの場所から古いバックアップを削除する:

PCの場合:\Users\(username)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\

Macの場合:~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/

 注意:
バックアップ・ライブラリの最後にタイムスタンプがあるフォルダがある場合、それらも削除してください。これらのフォルダは復元プロセス中に作成されます。バックアップが失敗しても、フォルダは自動的に削除されません。

容量不足でiPhoneに復元できない時ベストな回避策

今回、iPhoneの復元に失敗した容量不足のエラーを修正できても、次回、iTunesやiCloudでiPhoneをバックアップ/復元しようとすると、他のエラーが発生する可能性があります。すべての迷惑な復元エラーを避けるために、ベストな回避策は、別の使いやすいiTunes代替ソフトでiPhoneをバックアップおよび復元することです。

前に述べたように、FoneToolはiOSデータ管理ツールです。それはiPhoneのバックアップと復元のための最良の代替手段です。iTunesと比較して、より多くの機能を提供し、物事をシンプルにします。

enlightenedバックアップと復元の前に、データをプレビューし、選択することができます。

enlightenedバックアップファイルはアクセス可能で、いつでも確認できます。

enlightened復元を実行するとき、iPhoneをリセットする必要はなく、既存のデータは消去されません。

FoneToolを使用して、本当に必要なものをバックアップと復元し、時間とストレージスペースを節約することができます。

FoneToolでiPhoneをバックアップする手順

ステップ 1. FoneToolをダウンロード、インストール、起動 > USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続 > iPhoneの画面で「信頼」をタップし、コンピュータにデバイスへのアクセスを許可します。

ステップ 2. 「データバックアップ」>「個別バックアップ」 をクリックし、「バックアップ開始」をクリックします。

個別バックアップ

すべてのコンテンツと設定を一度にバックアップしたい場合は、「完全バックアップ」を選択して作成することができます。

ステップ 3 各アイコンをクリックして、項目をプレビューして選択できます。例えば、「写真」アイコンをクリックしてプレビューし、バックアップしたい写真を選択します。

ファイルを選択

ステップ 4. ストレージパスを選択し、「バックアップ開始」ボタンをクリックします。

バックアップ開始

FoneToolでバックアップからiPhoneを復元する手順

ステップ 1. USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続>「バックアップ履歴」画面でバックアップタスクを確認します。

バックアップ履歴

ステップ 2. 復元アイコンを選択し、「復元開始」をクリックします。

復元開始

まとめ

以上、iPhoneの復元に失敗した容量不足エラーを解決する方法でした。iPhoneやパソコンの空き容量を増やすか、FoneToolでiPhoneを簡単にバックアップ&復元してみてください。データを消去せずに、必要なデータだけをiPhoneに復元できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>