緊急!iPhoneの画面が真っ白になった!原因と対処法を徹底解説

iPhoneの画面が真っ白になってお困りですか?もしそうなら、この記事を読んで、iPhoneでこのエラーが起こる理由と直し方を見つけましょう。

Zoe by Zoe 更新日 2023年11月14日
共有しよう:

急にiPhoneの画面が真っ白になった!?​​​​​

iOSをアップデートした後、またはバックアップから復元した後、iPhoneが真っ白になったことがありますか?この場合、デバイスの画面がフリーズしたり、タッチしても反応しなかったり、電源を入れると動かなくなったりします。何とも頭の痛いことです。このチュートリアルを通して、その原因を知り、問題を解決する5つの方法を見つけることができます。

なぜiPhoneの画面が真っ白になったのか?

上の写真のように、iPhoneが白い画面から動かない場合、どうしますか?なぜこのような現象が起こるのでしょうか?様々な原因が考えられます。最も一般的な理由は以下の通りです:

アップデートの失敗。ソフトウェアのアップデートに失敗すると、iPhoneでAppleロゴが表示された死の白い画面が表示されることがあります。
iPhoneの脱獄。iPhoneを脱獄しようとすると、失敗して予期せぬ問題が発生することがある。その結果、白い画面が表示されます。
ハードウェアの不具合。iPhoneのマザーボードとスクリーンを接続しているケーブルが緩んだり、断線したりすることがあります。

iPhoneの画面が真っ白になった時の対処法

原因が何であれ、iPhoneの白い画面問題を解決するために、以下の解決策を試してみましょう。

方法1. iPhoneのズーム機能を無効にする

アイフォンが白い画面から動かない問題を修正する他の方法を試す前に、誤ってズーム機能を有効にしていないか確認してください。時々、文書や画像をズームしてしまい、iPhoneに問題があるように見えることがあります。

その場合は、画面を3本指でダブルタップしてズームアウトしてください。その後、「設定」>「アクセシビリティ」>「ズーム機能」を無効にします。

ズーム機能を無効にする

方法2. iPhoneを強制的に再起動する

通常、iPhoneの画面が真っ白なになると、ほとんどのiPhoneユーザーは、ズーム機能を無効にするチャンスが全くありません。iPhoneを強制的に再起動するのが効果的な方法です。なぜなら、iPhoneを再起動することは、iPhoneが白い画面から動かないなどのiOSシステムの問題を解決するための最も一般的な方法だからです。

以下の詳細な手順をチェックして、強制再起動を試してみてください。

iPhone 8/X/XS/XR/11/12/13/14を強制再起動する

ボリュームアップボタンを押して素早く離し、ボリュームダウンボタンを押して素早く離し、サイドボタンを押し続けます。Appleロゴが表示されたら、ボタンを離します。

iPhone 7を強制再起動する

音量ダウンボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを同時に長押しします。Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを離します。

iPhone 6sまたはiPhone SE(第1世代)を強制再起動する

スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押しします。Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを離します。

方法3. リカバリーモードとバックアップからの復元を試す

上記の方法でiPhoneの白い画面が消えない場合、iPhoneをリカバリーモードにし、iTunesを使ってバックアップからデータを復元することができます。

注:リカバリーモードに入ると、デバイスのデータが消去されるので、始める前にiPhoneをバックアップしてください。

ステップ 1. iTunesを使用している場合、iTunesが最新バージョンであることを確認してください。

ステップ 2. macOS Catalinaを搭載したMacで、Finderを開く>macOS Mojave以前のMac、またはPCで、iTunesを開きます。iTunesがすでに開いている場合は、閉じてからもう一度開きます。

ステップ 3. デバイスを接続したまま、リカバリーモードの画面が表示されるまで待ちます:

  • iPhone 8以降:ボリュームアップボタンを押して素早く離す。ボリュームダウンボタンを押して素早く離す。その後、リカバリーモードの画面が表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7/7 Plus、iPod touch(第7世代):トップボタン(またはサイドボタン)とボリュームダウンボタンを同時に押し続けます。リカバリーモードの画面が表示されるまで押し続けます。

ステップ 4. iTunesのロゴが表示されるまで、サイド/ボリュームダウン/またはホームボタンを押し続けてください。リカバリーモードになったことを意味します。

ステップ 5. その後、iTunesのウィンドウがポップアップ表示され、携帯電話をアップデートまたは復元することができます。問題を解決するには「アップデート」をクリックしてください。

リカバリーモード

ステップ 6. バックアップから電話を復元します。

方法4. DFUモードを使用する

デバイスファームウェアアップデート(DFU)モードは、リカバリーモードよりもさらに強力です。iPhoneの死の白い画面を含む、あらゆる状態からすべてのデバイスを復元することができます。これはより複雑でコツがいりますが、今まで何も効果がなかったのなら試してみる価値はあります。iPhoneをDFUモードにするには:

ステップ 1. コンピューターに最新バージョンのiTunesがインストールされていることを確認します。

ステップ 2. iPhoneをコンピューターに接続し、iTunesを起動します。

ステップ 3. デバイスをDFUモードにします。

iPhone 6s/6s Plus以前とホームボタンのあるiPadの場合:

電源ボタンとホームボタンを一緒に8~10秒間長押し>iTunesにデバイスが表示されるまで電源ボタンを離し、ホームボタンを押し続ける > ホームボタンを離す。

iPhone 7/7 Plusの場合:

電源ボタンとボリュームダウンボタンを一緒に8~10秒間長押し>iTunesにデバイスが表示されるまで電源ボタンを離し、ボリュームダウンボタンを押し続ける>ホームボタンを離す。

iPhone 8/X/11/12/13/14の場合:

画面が黒くなるまでサイドボタンを押し続けます。

画面が黒くなったら、サイドボタンを押しながらボリュームダウンボタンを押し続けます。5秒後、サイドボタンを離しますが、デバイスがiTunesに表示されるまでボリュームダウンボタンを押し続けます。

注意:デバイスがDFUモードの場合、画面には何も表示されません。開いている場合、iTunesはデバイスがリカバリーモードで検出されたことを警告します。そうでない場合は、最初からプロセスを繰り返します。

ステップ 4. iTunesがiPhoneを認識できるようになったら、画面の指示に従ってiTunesでiPhoneを復元してください。

方法5. Appleに連絡する

あらゆるトラブルシューティング方法を試しても成功しなかった場合、おそらくご自身では問題を解決できないでしょう。したがって、Appleサポートに連絡する必要があります。

結論

以上、iPhoneの画面が真っ白になった問題を解決する方法をご紹介しました。ここで、これらの方法はiPodやiPadでも同じように不具合を直すことができることを指摘しておきます。iOSデバイスのどちらかで同じ問題が発生した場合は、上記のルーチンに従うだけです。FoneToolをダウンロードして素晴らしい機能を試しましょう!

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>