AirDropで「このMacを検出可能な相手」が表示されない

このガイドは、MacでAirDropの「このMacを検出可能な相手」が表示されないのを修正するいくつかの方法を提供します。また、データを転送するのに最適な代替方法も紹介します。

Zoe by Zoe 更新日 2024年03月25日
共有しよう:

AirDropで「このMacを検出可能な相手」が表示されていない

 

「このMacを検出可能な相手」が表示されていない

● 質問です。僕のMacのAirDropなんですが検出可能な相手と言う選択肢が無いんですが、この選択肢を表示?させる方法は有りますか?或いは別の所で変えられますか?回答宜しくお願いします。

● iPhoneからMacBook ProへのAirDropができません。方法を教えてください。Mac側のFinder内のAirDropを開いた画像です。「このMacを検出可能な相手」などが表示されていないのですが、これが原因でしょうか?iPhone側ではMac以外のiPhoneやiPadへのAirDropはできています。Macへの転送のみできません。よろしくお願い致します。

- Yahoo知恵袋からの質問

「このMacを検出可能な相手」が表示されない

AirDropを使用すると、サポートされているすべてのAppleデバイス間で写真、連絡先、ビデオ、ファイルをワイヤレスで簡単に共有できます。しかし、MacBookで初めてAirDropを使おうとすると、AirDropの「このMacを検出可能な相手」が表示されないなどの問題が発生することがあります。同じ問題に遭遇したことがありますか?

なぜAirDropの「このMacを検出可能な相手」が表示されないですか?

MacでAirDropを使用したことがある場合でも、以下の理由でこの問題が発生する場合があります。

ネットワークまたはBluetoothの問題:AirDropはBluetoothを使って近くにあるデバイスを探し、WiFiを使って安全なポイントツーポイント接続を作成し、2台のAppleデバイス間でデータを転送します。ネットワークとBluetoothの両方に接続できない場合、AirDropの「検出を許可」がMacに表示されないことがあります。
iCloud の不具合:iCloudの不具合:AirDropで「連絡先のみ」モードを使用する場合、送信側と受信側の両方のデバイスがiCloudにサインインしていることを確認することが重要です。
古いMacコンピュータ:お使いのコンピュータが古すぎる場合、デバイスがAirDropをサポートしていない可能性があります。
バージョンが古い:FinderやMacのバージョンが古い場合も、AirDropに「許可する」が表示されない原因になります。

AirDropの「このMacを検出可能な相手」が表示されない修正方法

以下はMacでAirDropの「このMacを検出可能な相手」が表示されない問題を解決する5つの方法で、iPhoneでAirDropが動作しない問題を解決することもできます。

解決策1. Wi-FiとBluetoothをオフにしてからオンにし、AirDropを再起動する

前述したように、AirDropが正しく動作するにはWi-Fi接続とBluetoothが必要です。まず、ネットワークとBluetoothを確認しましょう。Wi-Fi/Bluetoothをオフにし、再度有効にしてから、AirDropを再起動してください。

解決策2. 両方のデバイスでiCloudにサインインする

特にAirDropで「連絡先のみ」モードを使用したい場合は、ファイルの送信者と受信者の両方がiCloudにログインしていることを確認してください。すでにログインしている場合は、ログアウトして再度ログインしてみてください。これで問題が解決するかもしれません。

解決策3. Macの再起動とアップデート

デバイスの再起動はほとんどの問題の万能薬であり、バックグラウンドデータを消去し、Macのメモリをリフレッシュするのに役立ちます。AirDrop「このMacを検出可能な相手」が表示されない問題のトラブルシューティングには、この方法を試してみる価値があります。画面左上のアップルメニューをクリックし、再起動オプションを選択するだけです。

AirDropが動作しない古いバージョンのmacOSを使用している場合、「許可する」オプションが表示されない可能性があります。迷わずMacを最新バージョンにアップデートしましょう。

Appleアイコンをクリック>「システム環境設定」または「このMacについて」をタップ>「ソフトウェア・アップデート」をクリック>「今すぐアップデート」をタップします。

解決策4. ファイアウォール設定を確認する

ファイアウォール設定で受信通信がブロックされ、AirDropを使用できない場合があります。ファイアウォールを無効にする必要があります。

ステップ 1. Appleアイコンをクリックし、「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシ」ー>「ファイアウォール」>ファイアウォールをオフにします。

ステップ 2. ファイアウォールのオプションボタンをクリックし、「すべての着信接続をブロック」がオンになっているか確認します。オンになっている場合は、オフにして「OK」をクリックします。

解決策5. Do Not Disturbを無効にする

MacのデバイスでDo Not Disturbモードが有効になっている場合、AirDropは検出許可を表示しません。そこで、右上の通知アイコンに移動し、DNDモードをオフにします。

おすすめ ファイル共有に最適なAirDrop代替ソフト

ファイルを共有する時、AirDropエラーが発生したり、大量のファイルを転送したい場合、FoneToolというAirDrop代替転送ソフトを提供して、写真、メッセージ、連絡先、動画などをパソコンからiPhoneにバックアップできます。FoneToolはたくさんの利点があります:

enlightened高速かつ大規模な転送: FoneToolは高速度でiOSとパソコンの間で大量のデータを転送できます。
enlightened選択的なデータ: プレビューし、本当に転送する必要がある特定のファイルを選択します。
enlightenedデータ損失なし: ファイル転送時にデータを失うことはありません。
enlightened簡単な操作: シンプルなインターフェースで、誰でも簡単にファイルを転送できます。

では、FoneToolをパソコンに無料ダウンロードして、以下のステップに従ってAirDropファイルを転送してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. FoneToolを開いて、「データ転送」オプションをクリックします。「iPhoneからPC」に移動して、「転送開始」をクリックします。

iPhoneからPC

ステップ 2. をクリックして、転送したいファイルを選択して、「確認」をクリックします。ここでは、写真を例にします。

ファイルを選択

ステップ 3. 「転送開始」をクリックします。ストレージパスを選択し、「転送開始」ボタンをクリックして開始します。

転送開始

ステップ 4. 転送が完了したら、「OK」をクリックします。

まとめ

この記事では、「このMacを検出可能な相手」が表示されない問題を解決する5つの方法を提供し、ファイルを共有するためのairdrop代替ツールを提供します。大きなファイルをAirDropする必要がある場合、FoneToolは最良の選択です。また、FoneToolはiPhoneの写真、メッセージ、ビデオ、連絡先などをバックアップでき、iOSデバイスのデータを簡単に管理できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>