iPhoneとの書き込み中にエラーが発生したため復元できませんでした。どうしたらいい?

iPhoneとの書き込み中にエラーが発生したため復元できませんでした。どうしたらいい?答えを見てみましょう!

Zoe by Zoe 更新日 2023年08月28日
共有しよう:

多くのユーザーはiTunesを利用して、iPhoneをバックアップしたり、アルバムやムービーを購入したりしています。iTunesで作成されたフルバックアップは、iPhoneのローカルデータと設定のほとんどのデータを保存できます。このバックアップからiPhoneを復元することもできますが、復元されるデバイスの既存データは完全に書き換えられます。

時々、iTunesは、iPhoneの読み書き中にエラーが発生したため、iPhoneをバックアップできませんでしたと表示されます。これは、接続がブロックされているか、パソコンのストレージが足りないことが原因である可能性があります。

iTunesがiPhoneの読み書きに失敗し続ける場合、iPhoneをバックアップするために別のツールを試すことができます。ここで強くお勧めしたいのは、FoneToolという無料でプロなiPhoneバックアップソフトです。このソフトの使い方はとても簡単で、iPhoneから写真、動画、音楽、連絡先、メッセージなどのデータをパソコンにバックアップ・転送できます。

FoneTool - iPhoneのデータを簡単に管理

オールインワンのモバイルデータマネージャーを使用して、iOSおよびAndroidデバイス上のデータを迅速かつ簡単にバックアップ、転送、管理できます。

FoneToolを起動した後、iPhoneデータの完全バックアップ方法を紹介します。

1ステップ 1. USBケーブルでiPhoneをコンピュータに接続します。

2ステップ 2. メインインターフェイスで「データバックアップ」>「完全バックアップ」をクリックします。

3ステップ 3. 個人データをバックアップするためのプロセスを暗号化することができます。「バックアップストレージパス」で保存先を変更できます。そして、「バックアップ開始」をクリックします。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>