iCloud同期が非常に遅い!【スピードアップ方法】

iCloud同期が非常に遅いという問題を解決したいですか?方法はここにあります。この記事を読むと、プロセスをスピードアップする5つのトップ方法を学び、iCloudの最高の代替手段を見つけることができます。

Zoe by Zoe 更新日 2024年01月08日
共有しよう:

質問:iCloud同期が非常に遅い!

 

iCloudへの同期が遅い

14proで写真の同期が遅いのですが2日経っても一部が同期されません、設定の画面では21枚が同期中と出たままです、何が原因なのですかで?

- Apple Communityからの質問

iCloudの同期速度が非常に遅い、またはiCloudのアップロードが進まないという報告がよくあります。Appleの公式サイトによると、iCloudがファイルを同期するのにかかる時間は、ファイルのサイズや数、ネットワーク接続の速度によって異なります。

つまり、iCloudでデータを同期する時間と速度は不確定なのだ。ファイルの同期に数分かかる場合もあります。状況が悪ければ、数時間から一晩かかることさえあります!

なぜiCloudの同期が遅いですか?

iCloudのアップロードに時間がかかるのは、さまざまな要因に影響される可能性があります。同期に時間がかかる場合は、以下の可能性のある理由を考慮するとよいでしょう:

同期されるファイルの数が多い
インターネット接続が遅い
デバイスの電力不足
デバイスのストレージ容量不足
古いソフトウェア

ご心配なく。次のパートでは、この問題を解決するのに役立つ5つの方法をご紹介します。では、読み始めましょう!

iCloud同期をスピードアップする5つの方法

iCloudの同期が遅いという問題を解決するために、ここではあなたが試すことができるいくつかの方法をリストアップします。

修正 1. 安定したインターネットに接続する

インターネット接続が遅かったり不安定だったりすると、iCloudの同期速度に大きな影響を与えます。スムーズなデータ転送を可能にするために、安定した高速インターネット接続があることを確認してください。携帯電話のデータを使用する場合は、料金の支払いや残量がないことを確認してください。

さらに、同期したいデバイスが同じネットワークにリンクされていることも重要です。こうすることで、iCloudがデバイス間で直接データを転送できるようになり、iCloudサーバーを経由する「回り道」の可能性がなくなります。

修正 2. 低電力モードを閉じる

低電力モードは、iCloud写真同期に時間がかかる問題など、iCloud同期の速度にも影響します。デバイスが低電力モードの場合、バッテリー寿命を節約するために、iCloud同期を含む特定のバックグラウンドアクティビティが制限されることがあります。その結果、同期が遅くなったり、デバイスが充電されるか低電力モードから解除されるまでiCloud同期が一時的に停止したりすることがあります。

以下は、低電力モードをオフにする手順です:

ステップ 1. iPhoneまたはiPadの「設定」>「バッテリー」>「低電力モード」を開きます。

低電力モード

ステップ 2. 低電力モードが有効になっている場合は、オフに切り替えます。

ステップ 3. もう一度iCloudと写真を同期します。これでiCloud写真の同期プロセスが再起動します。

修正 3. iPhone上の不要なファイルを削除する

大きなファイルや大量のファイルを同期している場合、iCloud同期プロセスが遅くなることがあります。特に自動機能をオンにすると、多数のファイルのアップロードやダウンロードに時間がかかり、iCloud同期が滞ったり、遅くなったりします。

iCloudが特定のカテゴリ内のすべてをバックアップすることを考えると、これらのカテゴリ内のファイルを削除することでプロセスを効率化できます(iCloudファイルをすばやく削除する方法については、最後のパートに進んでください)。そうすることで、iCloudは相当数のファイルをバックアップする必要がなくなります。

修正 4. デバイスのシステムをアップデートする

iCloud同期の効率は、古いソフトウェアバージョンによって影響を受ける可能性があります。最適なパフォーマンスを維持するために、MacではmacOS、iPadやiPhoneではiOS、PCではWindowsの最新バージョンを使用していることを確認してください。

Macの場合:

Appleメニュー>「システム環境設定」>「ソフトウェア・アップデート」をタップ>「今すぐアップデート」をクリックします。

iPhone/iPadの場合:

「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」>「アップデートとインストール」をクリックします。

Windowsの場合:

「スタート」ボタンをタップ>「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」を選択>「更新プログラムの確認」をクリックします。

修正 5. 利用可能なストレージ容量を有効にする

iCloudの同期速度が非常に遅くなった場合は、iCloudに十分な空き容量があるかどうかを確認してください。「設定」アプリ>自分の名前をクリック>「iCloudを探す」>「ストレージを管理」を選択します。

ストレージを管理

ここで、現在のiCloudストレージの使用状況を確認し、最も容量を消費しているアプリを特定できます。使用頻度の低いアプリを削除して容量を確保するか、iCloudストレージプランをアップグレードして容量を増やすこともできます。

最高かつ最速のiCloud同期代替ソフト|FoneTool

iCloud同期が遅いことがわかったところで、他の代替手段を試してみませんか?FoneToolは最高のiCloud同期代替ソフトで、より簡単かつ高速にiCloudデータを管理できます。PCでiCloudデータをアップロード、ダウンロード、削除できます。

iCloudと比較して、FoneToolはより多くの利点があります:

超高速な転送速度:例えば、100枚の写真を3秒でPCからiCloudにアップロードできます。

ファイルの種類と数の制限なし:写真、ビデオ、メモ、連絡先、またはiCloud DriveファイルをPCからiCloudに自由にアップロードできます。

完全バックアップと個別バックアップ:すべてのデータを一度にバックアップすることも、写真、ビデオ、音楽、連絡先、メッセージなどを選択的にバックアップすることもできます。

異なるApple ID間でiCloudを同期:iCloudデータをあるアカウントから別のアカウントに転送したり、iCloudアカウントをマージしたりすることができます。

では、下のボタンをクリックしてFoneToolをダウンロードし、ガイドに従ってiCloud写真アップロード遅い問題を解決しましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ 1. FoneToolを開く>左ペインの「私のiCloud」をタップ>Apple IDにサインイン>「iCloudを管理」を選択します。

iCloudを管理

ステップ 2. アップロードする必要があるファイルアイコンを選択し、例にして写真を選択>プレビューして選択する必要がある写真を選択(FoneToolは、すべてを選択するをチェックすることで、すべての写真を転送することができます)>「アップロード」をタップします。

アップロード

ヒント:ファイルを削除してiCloudストレージを減らす必要がある場合、削除アイコンをタップすることができます。

ステップ 3. コンピュータからターゲットファイルを見つける>「開く」をクリックします。

開く

結論

以上、iCloud同期が遅いのを解決する方法でした。この記事では、iCloudデータのアップロードプロセスをスピードアップする5つのトップ方法を紹介しました。一つずつ試していただいても、一番気に入った方法を選んでいただいても、問題を解決できることを願っています。

最高のiCloud代替アプリ - FoneToolを使用することを強くお勧めします。FoneToolは複数の機能を一つにまとめ、iPhone/iPadのデータをバックアップするだけでなく、iCloudのデータを管理することもでき、苦労せずにプロセスを実現できます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>