[簡単に修正] iOS 17 NameDropが機能しない

iOS 17のNameDropが機能しないのはなぜですか? 心配しないで!この投稿では、その理由を説明し、問題を解決するための対応する方法を示します。

Zoe by Zoe 更新日 2023年11月01日
共有しよう:

なぜiOS 17のNameDropが機能しないのか?

iOS 17では、連絡先情報を簡単に共有するプロセスを簡素化する新機能であるNameDropが導入されました。単にあなたのiPhoneを別のiPhoneまたはApple Watchに近づけ、瞬時にiPhone間で連絡先情報を共有できます。しかし、一部のユーザーは、連絡先を共有しようとしたときに「iOS 17のNameDropが機能しない」という問題に遭遇しています。

なぜこれが起こるのでしょうか?一般的な原因は以下の通りです:

非互換性:相手がiOS 17を使用していない場合、NameDropの機能の前提条件として、機能しないことがあります。
接続の問題:どちらかのデバイスでWiFiまたはBluetoothの有効化がされていない場合、連絡先情報のシームレスな転送が阻止される可能性があります。
AirDropの無効化:どちらかのデバイスでAirDropが無効になっている場合、NameDropはスムーズに機能しないかもしれません。
一時的なグリッチ:時折、iOS内部のグリッチがNameDropの機能に影響を与えることがあります。

iPhoneでiOS 17 NameDropが機能しない問題の修正法

今、なぜNameDropがiOS 17で機能しないかを知ったので、この問題を修正するためにこのガイドに従ってください。

方法1:iPhoneを再起動する

NameDropが機能しない問題を修正するには、最初にiPhoneを再起動することが重要です。これにより、この記事で説明されているような一時的なシステムの問題が解決される場合があります。以下は、iPhoneを再起動する方法です:

ステップ1:iPhoneの電源ボタンと音量アップボタンを同時に押し続けて、シャットダウン画面が表示されるまで押し続けます。電源オフのスライダーを押し続け、右にスライドさせます。

ステップ2:電源ボタンを押し続け、iPhoneのディスプレイにAppleロゴが表示されるまで押し続けます。パスコードを使用してiPhoneをアンロック>問題が解消されたかどうかを確認するために再びNameDropを使用して連絡先を共有します。

方法2:iPhoneでAirDropが有効であることを確認する

誤って設定されたAirDropの設定は「iOS 17 NameDropが機能しない」という問題を引き起こすことがあります。NameDropはあまり知らない人と連絡先情報を共有できますので、iPhoneのAirDrop設定は連絡先のみではなく「すべての人」に設定されている必要があります。

では、iOS 17を実行するiPhoneでAirDrop設定を調整する方法はどうでしょうか?以下は簡単なステップです:

ステップ1:iPhoneの設定アプリに移動>一般をタップ>AirDropを選択します。

ステップ2:「すべての人(10 分間のみ)」を選択>デバイスを連れてくるトグルをオンにしてアクティブ化します。

すべての人(10 分間のみ)

方法3:iOS 17 Betaを実行する両方のデバイスを確認する

この機能が正常に機能するためには、あなたのiPhoneと受信者のiPhoneの両方がiOS 17を実行している必要があります。両方のデバイスがiOS 17にアップグレードされたことを確認することが重要です。以下はその方法です:

ステップ1:iPhoneの設定にアクセス>「一般に」進み、「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

ステップ2:「ベータアップデート」を選択>「iOS 17 Developer Beta」を選択>次に、「ダウンロードしてインストール」ボタンをクリックして最新のiOS 17のバージョンを取得します。

ダウンロードしてインストール

方法4:ネットワーク設定をリセットする

時折、ネットワーク設定をリセットすることで「iOS 17 NameDropが機能しない」という問題を解決できることもあります。その方法は以下の通りです:

ステップ1:iPhoneの設定アプリを開始します。

ステップ2:「一般」を選択>「リセット」カテゴリで、「ネットワーク設定をリセット」をタップ>「リセット」をタップして決定します。

ネットワーク設定をリセット

おまけ:定期的にiPhoneの連絡先をバックアップする方法

連絡先は日常生活の重要な部分であり、データの損失の場合に備えて連絡先をバックアップすることは非常に重要です。この場合、FoneToolという無料で安全な専門のiPhoneバックアップツールを使用することを強くお勧めします。このツールのさらなる特徴は以下の通りです:

★ 選択的バックアップ:FoneToolを使用すると、ストレージスペースを効率的に利用できるようにバックアップしたい特定の連絡先を選択できます。
★ ネットワーク不要:FoneToolはネットワーク接続に依存せずに実行されるため、インターネット接続に依存せずにPCに連絡先バックアップを開始できます。
★ 柔軟なバックアップストレージ:FoneToolは、iPhoneの連絡先をバックアップするためにPC上の好みの保存場所を選択する柔軟性を提供します。
★ バックアッププレビュー:FoneToolは、バックアップを開始する前に連絡先をプレビューし、プロセスを制御できるようにします。

では、FoneToolを使用してiPhoneの連絡先をバックアップする方法はどうでしょうか?今、ダウンロードボタンをクリックしてPCにFoneToolをインストールし、指示に従ってください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ1:USBケーブルでiPhoneをPCに接続>FoneToolを起動>「データバックアップ」オプションに移動>「個別バックアップ」を選択して「バックアップ開始」をクリックします。

個別バックアップ

ステップ2:連絡先アイコンをクリックしてバックアップしたい連絡先をプレビューおよび選択>続行するには「確認」をクリックします。

連絡先をプレビューおよび選択

ステップ3:「バックアップストレージパス」でバックアップパスを選択(iPhoneを外付けSSDにバックアップすることもできます。)>バックアッププロセスを開始するには、「バックアップ開始」をクリックします。

バックアップ開始

完了したら、バックアップファイルを表示するために「バックアップ履歴」に移動できます。 iPhoneのバックアップを復元する必要がある場合は、iPhoneを接続し、「バックアップ履歴」セクションにアクセスして簡単にiPhoneのバックアップを選択的に復元できます。

バックアップ履歴

最後に

これでiOS 17のNameDropが機能しない問題を修正する方法についてのすべてです。新しいNameDrop機能は、必要なときにその目的を果たすiOS 17の特徴の1つであることは間違いありません。

特に連絡先や写真、ビデオ、メッセージなど、iPhoneの他のデータをバックアップすることは良い習慣です。 FoneToolは、あなたをサポートできる優れたiPhoneバックアップおよび転送ツールです。また、新しいiPhoneを購入する必要がある場合、FoneToolを使用して古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを移行することができます。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 18対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 18に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>