Apple IDは「現在アカウントを作成できません」と表示される

iOSデバイスでApple IDを使用することは必須である。しかし、Apple IDを作成しようとすると、iPhoneが「現在アカウントを作成できません」と表示することがあります。そんな時は、このガイドにある6つの対処法を試してみてください。

Zoe by Zoe 更新日 2023年08月28日
共有しよう:

Apple IDは「現在アカウントを作成できません」

 

アップルIDを作成しよとすると「現在アカウントを作成できません」と表示されます。SMSか電話番号で認証するところです。どちらを選んでも同じ表示です

- Appleコミュニティーからの質問

Apple IDを新規作成しようとしているのに、新しいiPhone/iPadをセットアップする時や初めてのiOSデバイスを使い始める時に「現在、アカウントを作成できません」というエラーメッセージが表示されることはありませんか?そのような方はご安心ください。このエラーは、ネットワーク接続の問題からデバイス設定の問題まで、さまざまな理由で発生する可能性があります。

現在アカウントを作成できません

幸い、この問題を解決するためにできることはいくつかあります。このガイドでは、「現在Apple IDを作成できません」というエラーを解決するために試せる6つの対処法をご紹介します。これらのヒントに従うことで、Apple IDの作成に成功し、Appleの素晴らしい機能やサービスを利用できるようになるかもしれません。

Apple IDは「現在アカウントを作成できません」の原因

トラブルシューティングを開始する方法がわからないのに、「なぜ今Apple IDを作成できないのか」と尋ねるかもしれません。以下によくある理由をいくつか紹介しますので、自分が同じ状況かどうか確認してみてください。

❌ Appleサーバーの障害:AppleサーバーがApple IDサービスを提供できないことがあります。Appleシステム状況ページからアクセスできます。

❌ ネットワーク接続が悪い:iPhoneが有効なネットワークに接続されていない場合、Apple IDを作成できないことがあります。

❌ IDアドレスに問題がある:ルーターが固定IPアドレスを使用している場合、この問題が発生する可能性があります。

❌ システムの不具合:iPhoneにシステム上の問題が発生し、Apple IDを作成できない場合があります。

Apple IDは「現在アカウントを作成できません」の解決策

このパートでは6つの解決策をご紹介します。問題が解決するまで、次々と試してみてください。

1# Appleシステムの状況を確認する

Appleシステム状況スページをチェックすることは、トラブルシューティングの前の重要なステップです。このページは、Apple IDに関連するサービスを含む、様々なAppleサービスの可用性とステータスに関するリアルタイムの情報を提供します。

Appleシステムの状態

Appleシステムステータスページにアクセスして確認することで、発生している問題がシステム全体の障害によるものなのか、それともiPhoneだけの問題なのかをすぐに判断することができます。システムに障害が発生している場合、Appleが問題を解決するのを待つ以外にできることはほとんどないでしょう。

2# ブラウザでApple IDを作成してみる

iPhoneの設定アプリからApple IDを設定する方法はこれだけではありません。iPhoneが「Apple IDを作成できません」と表示した場合は、パソコンでApple IDを作成することができます。以下は、ブラウザを使ってApple IDを作成する手順です。

ステップ1. パソコンのブラウザでappleid.apple.comにアクセスします。

ステップ2. 右側にある「Apple IDを作成」をクリックします。

Apple IDを作成

ステップ3. 画面の指示に従って、メールアドレスと電話番号を入力します。入力したメールアドレスが新しいApple IDとなります。

ステップ4. ガイダンスに従って、メールアドレスと電話番号を確認します。

正しい情報を入力しないとエラーは修正されず、「無効な誕生日です。現時点ではApple IDを作成できません」などのエラーメッセージが表示される場合がありますのでご注意ください。

ステップ5. メールアドレスの確認が完了したら、新しいApple IDを使用することができます。

3# iPhoneのネットワークを確認&リセットする

iPhoneが有効なネットワークに接続されていない場合、Apple IDを作成できないことがあります。Wi-Fiアイコンと携帯データアイコンでネットワーク接続を確認してください。ネットワーク接続をリフレッシュするには、コントロールセンターから機内モードを有効または無効にすることもできます。

念のため、ネットワーク設定をリセットして、「Apple IDを作成できません」問題につながるネットワークの問題を防ぐことができます。

ネットワーク設定をリセットするには、「設定」>「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」をタップ>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」を選択します。完了したら、Wi-Fiパスコードを入力してWi-Fiに再接続し、問題が解決するかどうかを確認します。

ネットワーク設定をリセット

4# iPhoneを強制再起動する

Apple IDアカウントを作成できない場合、iPhoneを強制的に再起動すると解決する場合があります。iPhoneがシステム上の問題に直面した場合、強制再起動が効果的な解決策になるかもしれません。iPhoneの機種に応じて、以下の手順で行ってください。

iPhone 8以降をFace IDで強制再起動する:

ボリュームアップボタンを素早く押して離す>ボリュームダウンボタンを素早く押して離す>Appleロゴが表示されるまでサイド/電源ボタンを押し続けます。

iPhone 7/7 Plusを強制再起動する:

Apple ロゴが表示されたら、両方のボタンを放します。

iPhone 6s、SE、およびそれ以前の機種をホームボタンで強制再起動する:

ホームボタンとトップ(またはサイド)ボタンを同時に長押し > Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離します。

5# すべての設定をリセットする

この問題は、iPhoneの設定が正しくないために起こることがあります。そのため、すべての設定をリセットすることで、iPhoneでApple IDを作成できない問題を解決できるかもしれません。以下がその方法です。

ステップ1. 「設定」>「一般」>「iPhoneを転送またはリセット」を開き、「リセット」をタップします。

ステップ2. 「すべての設定をリセット」をクリック>質問されたら、パスワードを入力>「すべての設定をリセット」をもう一度タップして確認します。

すべての設定をリセット

6# iOSを最新バージョンにアップデートする

現時点ではApple IDを作成できません」という通知が表示された場合にも有効です。古いiOSオペレーティングシステムは、隠れた欠陥やクラッシュを含むことがあるため、この問題を引き起こす可能性があります。

iOSのバージョンが最新かどうかわからない場合は、iPhoneの「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」と進んでください。新しいiOSバージョンがあれば、ダウンロードしてインストールします。

ダウンロードしてインストール

おまけ:ワンクリックで新しいApple IDにデータを移行する

Apple IDを作成できない問題を解決した後は、データを失うことなくApple IDを変更する方法を考えましょう。データを失うことなく新しいApple IDを作成できますか?

はい、もちろんです。iOSデータ転送とバックアップの専門家であるFoneToolは、このプロセスを可能にし、ABCのようにシンプルにします。FoneToolは、必要に応じて、すべてのデータまたは一部のデータを他のApple IDに転送するのに役立ちます。FoneToolをコンピュータに無料ダウンロードし、以下の手順に従って、FoneToolを使用してすべてのデータを新しいApple IDに移行する方法をご覧ください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全ダウンロード

ステップ1. 異なるApple IDでサインインした二つのiOSデバイスをUSBでパソコンに接続>FoneToolを起動>「データ転送」を選択> 「iPhoneからiPhone」で「転送開始」をクリックします。

iPhoneからiPhone

ご注意:同じデバイスで新しいApple IDを使いたい場合、「データバックアップ」から「完全バックアップ」機能を使って、古いiPhoneのデータを完全バックアップして、新しいアカウントにデータを復元することもできます。

ステップ2. オプションで、「バックアップ暗号化を有効にする」をクリックして、個人データをより安全に保ちます。

バックアップの暗号化を有効にする

ステップ 3. 「転送開始」をクリックして転送を開始します。

転送開始

選択したファイルを新しいApple IDに転送したい場合、どうすればいいですか?FoneToolの「iPhoneからPC」/「PCからiPhone」の機能を利用して、古いApple IDから新しいApple IDに音楽、写真、ビデオ、連絡先、メッセージを選択的に転送できます。

まとめ

Apple IDは「現在アカウントを作成できません」と表示される問題を解決するための手順は以上です。このガイドに記載されている6つの修正方法に従って、問題を解決し、Apple IDを作成することができます。その他のご質問、ご提案、フィードバックについては、お気軽にお問い合わせください。

FoneTool - オールインワンiPhoneデータ管理ソフト

簡単な方法でiPhone、iPad、iPod touchのデータを転送、バックアップ、管理します。

  • iOS 17対応
  • iPhone 15 対応

無料のiPhone管理ソフト - FoneTool

  • iPhoneを完全/個別バックアップ
  • iPhoneとPC間で転送
  • iPhoneからiPhoneにワンキー転送
  • WhatsAppバックアップと転送
  • iOS 17に完全対応
Downloading.com評価
Android
Android転送がサポートされました!

Android携帯とiPhone間で、写真、動画、音楽などを転送する最も簡単な方法です。

もっと詳しく >>